フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

逆転ケータイその後

ショップが開いている時間にそもそも行けなかったけれど
早退しなくてはならないことがあり、そのついでにショップに行った

当然修理目的だったのだが、なんと今月中だと私が使っている機種は
契約2年以上経っていれば10,000円のキャッシュバックで機種変ができると言うのだ
しかも、補助充電アダプタもつけてくれるとか

で、悩んだ
修理しか考えていなかったので、新しい携帯でどんなのがあるのかすら知らないのだ
今月を過ぎて機種変したらキャッシュバックはない
買う気持ちはまるでなかったのに、キャッシュバックで心がぐらっと揺れた
ショップの閉店間際だったので、どうするか決められずカタログだけもらって帰った
カタログをもらう時点で修理のイメージは消えていたのだろう…

私は携帯でもなんでも買った後はそれを追うことはしない
なので、今どんな製品があるのかすら知らなかった
カタログで自分が欲しい条件のものを絞ってwebで確認
もうこの時にすっかり「買い換え」で気持ちは固まっていた

だって、高良健吾のBeeTVを見るのだよ
修理に出している間に始まったらどうするんだよ
さらにまた壊れたらどうするんだよ
と、言い訳はいろいろで

で、買いました
今日は仕事が休みだったのでショップに行くと、ちょうど人が多かった
2時間くらいしてまた来てくださいとのことで、早く終わったら連絡しますとのこと
約束の時間より早めに連絡が来たのかと思ったら、ショップがシステムエラーで機種変も新規登録もできなくなったと
システムがダウンしていたらそりゃだめだわな…明日の朝一だと大丈夫と言われたけど
明日は明日で忙しいし、別のショップに行くかなと思っていた頃にまた連絡あり
復旧したらしく、それならとショップに足を運ぶ
この時点ですでに3回目
なんかうんざりしつつも、結局買い換えてしまうあたり…
値段はキャッシュバックとポイントあわせて、本体の半額以下で仕入れました
まぁ、いい買い物したのかなと自己完結することにしてみて

で!
使い方わからん
マニュアルが薄いし
いや、薄くてもあんまり読まないんだけど、なんか進化してるからわけわからん
今までの携帯で使い慣れた機能を探すだけでも一苦労
わけわからーん

年々こうやって新製品に取り残されていくのね
なんかね
携帯でかくなってね

じゃまかも

フリーの演技

浅田選手
すばらしかったとしか言葉がない
ミスはあったのだけど、その後まったく崩れていない
それどころか軸がずれてない
完璧な演技はむしろキムヨナ選手ではなく、間違いなく浅田選手だと思う
すばらしく感動を与えてくれた
あぁ、身びいきだと言われてもかまわない
演技後の涙を流したインタビューも彼女の強さを感じた
涙をこらえて詰まる言葉を選びつつ、気持ちを伝えるのは難しかったと思う
そんなプレッシャーをなぜ日本メディアは与えるのかと、少し思った

トリプルアクセルはすばらしいんじゃないだろうか
ふんばっている感じがせず、自然体に見えた、そう演じていた
伊藤みどりのトリプルアクセルは「必死なスポーツ」と私は思った
だけど、浅田選手のトリプルアクセルは「演技の一つ」に見えた
それが時代の流れだ
それが演技の研究の差だと思った
ビジュアルの差もあるだろうけれど

ってのを、昼休みも終わってワンセグで見ている時に社長が帰って来て
びみょーーな空気の中、浅田選手の演技を見ていた
このまま見るのか?それともやめるのか?やめたらわざとらしい?だけどやめるべき?
と、葛藤でした…

で、その演技の間、電話がかかってこない
なんだよ、結局みんな見てるんじゃないのよ
仕事どころじゃないんじゃん、って思っていたら一本の電話
思わず、とある女性が「ちっ」と言ったのが聞こえた
で、浅田選手の演技が終わったとたん鳴り出した電話

みなさん、分かりやすすぎます

<ちょっと思うことあって少し文章を削除>

また来るね

高良健吾のブログを少しづつ読んでいる
最初から読み始めて、彼が熊本人だってのがほほえましく思っている

http://ameblo.jp/kengo-kora/day-20061026.html

ここの最後に「また来るね」って書いてあって
普通は「また行くね」だろうね
だけど、こっちではそれが普通

「明日行くよ」ってのは「明日来るよ」である
それを普通に私も使っていたんだけど、ある時違和感を感じて今は使わない
方言ってこうやって消えていくのかなって思う

高良健吾、今も熊本弁を使っているのかな?
そうだといいな

郭富城

私が郭富城に惚れたきっかけがこれ

星空無限




そしてどつぼにはまったのがこれ

唱這歌



で、ペプシのCMはこれ




私、そもそもそんなにコーラ類を飲まなかったのに
アーロンのおかげでそうとうペプシに貢献したと思う

Dance With The Devil

Cozy Powell Dance With The Devil 1973 HQ 70s

単純にこういうの好き

で、気づいたのが1973年だってこと

私、10歳になる日、学校の中庭で空を眺めながら
「あぁ、今日から二桁になるんだなぁ」って嘆いたことを覚えている

この曲が世に出た一年後、私はそんなこと考えていたんだなって思い出した

二桁になるこを嘆くいやな小学生した、はい

BeeTV

どうも高良健吾がBeeTVに出るようだ
「自己破産の女」水川あさみが主演みたい
http://onna.beetv.jp/

横顔かっこい
これ、PCの壁紙にしたい
だけどフラッシュをどうしたらいいのかわからん
研究する気力がまずない、高良健吾なのに

最近逆転ケータイだからあんまり扱いたくないんだけどな
普通だったら絶対有料サイトは契約しないけど
これは見なくてはならないでしょう

あ、でも大きな問題が!
逆転ケータイがいつどうなるかわからないのに
せっかくDLしたのが消えてしまうってことになったらどうしよう
そうなる前に早く修理に出さなくては
…と、わかっていてもショップに行く暇がないって

いや、いいわけするな、早くいけ!
DLしたら通勤電車の中で高良健吾見られるぞ

で、近日公開っていつ!

Sunset




しみる…


コージー・パウエルもゲイリー・ムーアもかっこよすぎる

大学バナナ

某中華屋で食べた大学バナナがこれ

2010021117500

料理用バナナだったのか、少し青いバナナで完熟ではなかった
外側の水飴もそんなに甘くなく、どちらかと言えば上品な甘さだった
バナナは揚げているのかな?表面はパリっとしていたので、やっぱり揚げてあるのかも
大学芋と比べるとやわい
さつまいものように火を通す必要がない分、バナナの方がさらっとしているのかな
カロリー的にはバナナの方がやさしいのかも

私の好みだと、バナナはもう少し甘い方がよかった
だけど表面の水飴と一緒に食べるとなると、これくらいがいいのだろうか
うーん、やっぱりもう少し甘いバナナがいいかな
そこは好みによるのかな
青い~って言うほどのことでもないので、程良い中間地点ってとろこかも


この日食べたのが、カキと青菜の炒め物
にんにくがきいていておいしかった~

2010021117250



それと焼き餃子と青椒牛肉絲

2010021117370 


手の大きさと比べたらわかるだろうけれど、一個がかなり大きい
ここの餃子は人気なので持ち帰りも多いようだ
だけど、持ち帰りだと餃子の羽がしなっとなるだろうから、やっぱりお店で食べるのが一番かと

ってことで、お料理上手のあなた~
ぜひ大学バナナチャレンジしてくださいな
パリっとしていて中はやわらか~
おいしいよ(*´ェ`*)

フィッシュストーリー繋がり

フィッシュストーリーの劇中歌の作家、斉藤和義





えっと
この曲は、私が持っている音源ではティンパニーの「ドンドン」って音でスタートしている
それがいいんだけど、このpvでは入ってないのが残念
斉藤和義って人は、レコーディングの時、楽器全部を一人で演奏するそうだ
自分の気持ちを表現する為には自分で演奏するのがベストってことだろう
なので、レコーディングは時間もかかるしすべての力を使い尽くすみたい

好きな人は歌がどこかで繋がるってステキな気持ちになるね
いい感じ

つけ麺

お昼休みに、初めてつけ麺なるものを食べた



とんこつだけど、魚介だし入りでこってりあっさり
汁は熱々で、麺も冷たいのと暖かいのを選べた
食後にスープ(お湯?)を入れて汁を味わう

麺の量も自分で選べる 200g  250g 300g
私は200gを頼んでちょうどよかった
大盛りを頼んでいる男性を見たけれど、見るだけで「う…」って感じ
だけど、こっちでは替え玉の習慣があるので、替え玉すればあんな量かと実感

ちなみに↑画像は楽天でのおとりよせを張り付け
この麺は大盛りかもしくは300gかと
200はもっと少なかった
でも、麺が太いので十分おなかはいっぱいになる

ここの店はとんこつで有名なとある店と店主が一緒らしい
ほぉ、そういえば近い味かも
また機会があったら行ってみよ

sugar time

私んとこのアドレスに入っているsugar timeとは
佐野元春のsugar timeを拝借してるわけで





↑これはなんだかな?な画像がいっぱいだけど、好きな曲なのでご紹介
この曲がきっかけでFMのサウンドストリートを聴くようになって洋楽人生まっしぐら!
と、言っても過言ではない
その前からもちろん好きではあったけど「どのバンドが好き」だとか「この曲がいい」とか
わりとターゲットを絞った聴き方をしていたと思う
サウンドストリートを聴くようになっては、今日の特集は何だろう?と音楽への関心の仕方が変わったと思う
エアチェックも毎週していたし、ビルボードの動きもとても詳しかった…と思う
あの頃の音楽が楽しかった時代を忘れない為に(なんかこじつけっぽい)アドレスにsugar timeを入れたってわけで

佐野元春は今も現役
大学で講師もしてるようで、NHKで特集もあってた
あ、そのとき確かゲストに渋谷陽一が出ていたようないないような…<いい加減

そのころを思い出しつつ、たまに好きな音楽を見つけてみようって思う

逆転ケータイ

逆転裁判ってDSのソフトであって
って、それはゲームでこれはリアルな話

私の携帯、画面が上下逆さまになりました
つまり逆転して、逆転携帯
笑うね、上下反対になってる液晶画面
なんじゃこりゃってね
先週あたりから携帯を振るとカラカラ音がするようになって
内部の何か部品が動いているようなそんな小さな音
カラカラって何よいったい
これはいつどうなってもおかしくないぞって思っていても
なかなか修理に出す時間がなく、いきなり逆転ケータイになった

もうね!つかえねーー!
どのボタンも逆転してるからかつかえねー
ただ、常時そうではなく、何かのきっかけでそうなるわけで
電源落とすと(それも困難を極めた)一応復帰する

そしてまた逆転する

ちょっとおもしろがっている自分もいたり
いや、困るだろ

僕の孤独があぁぁん

FISH STORY 逆鱗PV


むふ

かっこえーだろ
パンクだぜ
実はパンクは多少苦手ではあるが
メタルと考えれば何ともない


ふふ

ふふふふふ

ヘバーデン結節

ここ数ヶ月痛かった小指、ついに変形が現れたので
「まさかリウマチ?」と多少びびりつつ、整形外科に行った

会社近くの新しい病院で、施設もきれいだし院長先生も丁寧に診てくれた
症状を説明して、指の変形もついでに長年痛い肘も一緒に触診してもらって
レントゲンを撮って出た診断が「ヘバーデン結節」とのこと
リウマチじゃなかったことにほっとしつつも、正直「何それ?」だ

要するに、間接の軟骨が摩耗し減って変形した結果、骨がとがってそこが痛むらしい
変形が落ち着いてきたら痛みも治まってくるとか
治療法としては、湿布とレーザー治療とテーピング
テーピングってバレー選手が指にするようなあれ
それで間接を固定して、負荷がかからないように安静にさせることしか治療法はないようだ

ちなみに、今日レーザーを受けた時、肩こりにもと肩も遠赤外線のようなのを放射してもらい
それが終わったらウォーターベッドのマッサージ器にのっけてもらえた

これが気持ちよかったのだけど、体全体をマッサージって初めてだったのでこそばゆくて
ヘラヘラしていたら、リハビリ師の方が「どうですか?」と聞いてきたので「笑いが出ます」と答えたら
「若いですね~」と言われた
高校生がこれにのると必ず笑い出すそうな
年齢が行くとそうでもないとか
うーむ、喜んでいいのか?
っていうか、そもそもヘバーデン結節ってのは40代以上の女性が多い疾患らしい
で、マッサージの反応は高校生
なんじゃそりゃ

ということで、これから痛みとつきあっていくしかないなってことで
リウマチじゃなかったので一安心
しかし、テーピングしてると字を書くのがとても難しい
小指ってキーボードのエンターキーを押すので、日頃から酷使してたんだなと実感

テーピングと湿布、どっちもかぶれそうだ……汗

ハゲタカ

高良健吾DVD二枚目
明日が返却日なので、何が何でも今日中に観なくてならないというプレッシャーの中、観た

高良健吾的に言うと、せつない、なのにかっこいい
映画の内容的には、もう一度ゆっくり観たい<時々一時停止して家事してたから内容端折ってる
高良健吾のラストは赤い車
そのあたりもよく知りたい

高良健吾はかっこいい
それだけじゃない、目力がある
それと、このハゲタカに関して言うとギラギラした絶望感がうまく表現されていたと思う
惚れた弱みか?
これが好きの始まりだと実感

で、ドラマの方のハゲタカもあわせて観たいって思う
松田龍平、実はこの映画で初めて演技してるのを観た
目元父親に似てるのに、声はかわいいのね
顔だけでなら弟の方が好み
そういえば、蟹工船でも共演してるな、兄
弟とは今度の映画で共演
松田兄弟と縁があるのかな、と

映画をもっと観たいってますます思った、高良健吾

フィッシュストーリー

初めて高良健吾のDVDを借りた

で、初めて演技する高良健吾を見た

フィッシュストーリーは彼が主演ってほどでもなく

いや、大事な役ではあるのだけど

あくまでも、作品の中の一人ってところかなと

おもしろい映画だった

とある洋画のパクリもありなのかって感じだけど、それはそれでいいって思った

歌が世界を救うのかー

そういうことがあってもいいよねって思った

高良健吾、かっこいいよ

まったくね、いい感じだよ

ほんとね、ほれぼれしたよ

この歌、CD欲しいかもだよ

はは

忘れる前に

中華料理店に行ったら来週から旧正月の為休業と張り紙があった

旧正月と言えば、初めてアーロンのライブに香港へ乗り込んだ時だと思い出し

ネットで検索していたら失憶諒解備忘錄を見つけた

私が行った時のではないけれど、このダンスはとっても好きで

今日はライブDVDを引っ張り出してさっきまで見ていた

いろいろ思い出してみてたけれど、何かおかしい…

というのも、自分の実際行った記憶とDVDを見た経験とでDVDに上書きされているのだ

そういう部分がかなり多く、ちょっと驚愕というか記憶力の曖昧さにがっくりで なので

覚えていたことは記憶だけではキツイので、記録しようと思い 急遽ブログを初めてみたりして

ホントは自分のサイトでいじればいいのだろうけれど

正直、htmlもアップの仕方も忘れたし

つか、またhtmlかよ~ここはって小さくつぶやいてみたり

ブログもどれがいいのか選ぶだけでかなりめんどくさかったし

カスタマイズの仕方すらまだわからないし って、スタートです

はい

トップページ | 2010年3月 »