フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« わざわざ月曜日に | トップページ | ハンバーグを食べに行くと »

検屍官シリーズ

パトリシア・コーンウェルの検屍官シリーズを読み始めて、かれこれ10数年になる
私は決して変死体が好きなわけじゃなく、解剖に興味があるわけでもない
それどころか、そういうことは怖くて近寄れない

なので、なぜ検屍官というタイトルの本を手にしたのか正直覚えがない
ただ毎回シリーズの最新刊が出るとすぐ手に入れて読んでいた
シリーズが進むにつれて高度になる「死人の最後の声を聞く」技術
手に汗握る臨場感、それと登場人物を巡る人間関係の変化等々
読んでいてあきなかった

とはいえ、いいかげんにネタ切れな空気がここ数年続いていて
なぜか主人公が若返っていたり、死んだはずの恋人が生きていましたって設定で戻ってきたり
で、ここ数年の作品が正直おもしろくない
なのに新刊が出ていたのを見つけて買ってしった
文句言いながらも期待しているわけで

読み始めて、疲れている
集中力がとぎれるのが一番の原因
作品が面白いかどうかを判断する以前に、集中できない
目が悪くなったのも大きい
読書に使う時間がないのもある
数年前まで、書店によく通い本をけっこう買っていたのが、ここ数年まるで行かない
生活リズムが変わって書店に行く時間がないのもそうなのだけど
集中力がなくなったってのが一番の原因なんだろう

パトリシア・コーンウェルのシリーズだけじゃなく
東野圭吾も宮部みゆきも、そのほかいろんな作家たちの作品にも興味がわかない
あれだけ活字中毒と言うほど本よ読むのが好きだったのに

そういえば新聞にも目を通さなくなった
ネットで小さな記事をちらっと読む程度だ
新聞解約してもいいってほどに

まぁ、とにかく時間かけても買った新刊はどうにか読み終えよう
苦痛じゃなければ 汗

« わざわざ月曜日に | トップページ | ハンバーグを食べに行くと »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検屍官シリーズ:

« わざわざ月曜日に | トップページ | ハンバーグを食べに行くと »