フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 白夜行 舞台挨拶 | トップページ | 新作 »

BADAGEをみた

長髪カツラの高良健吾がいけてなくて、今ひとつ見る気力がなかったというか
これが公開された頃は、駅でポスター見て「高良健吾だ」って知った程度のファンレベルだった

で、↑の印象で「ふーん」だったわけで
まったく興味をひく映画内容でもなく、特に気になる出演者が高良健吾以外にいなかったし
「ま、いっか」って映画館に行くこともなかった

(後日談:そのときは知らなかったけれど、ソラニンで共演の伊藤歩さんや、モデルの杏も出ていた。しかも、伊藤歩は来年高良健吾が出る朝ドラの「おひさま」にも出るようだ。要チェック!)


長髪カツラはともかく、ようやく見ることができた
…かっこいいね!
長髪カツラは必要ないじゃん?って映画を見終えても思うけれど
ギターをつま弾く姿は似合っていた
特に「二十歳の戦争」を打ち込んでいる姿はぞくっとするほどかっこいい


高良健吾のバンドマン姿を見るのはこれで三回目

フィッシュストーリー
ソラニン
BANDAGE

一番すきなのはフィッシュストーリーの五郎
パンク野郎で眉毛もなく尖っている風貌なのに
声がやわらかくてヴォーカルがやさしい
でも、渾身の歌声がかっこいい
とても人間くさいバンドマン
ってのが私の印象


で、今回のYUKIYAは笑顔ひとつない
音楽的センスはあっても感情が欠落したような、そんな印象
だけど二十歳の戦争のシーンはよかった
YUKIYAの感情は音楽がイコールなんだろう


逆鱗のフィッシュストーリーとLANDSの二十歳の戦争もどちらも共通するのは「孤独」


悩める俳優、高良健吾に孤独は似合うってことだね




ってことで、僕の孤独がぁん



BANDAGEのプロデュースは小林武史に岩井俊二
スワロウテイル、あいのうたがすき

« 白夜行 舞台挨拶 | トップページ | 新作 »

高良健吾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BADAGEをみた:

« 白夜行 舞台挨拶 | トップページ | 新作 »