フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 宣伝に弱い | トップページ | 東京国際映画祭 »

雷桜をみてきた 高良健吾のファンとして

時間が出来たので、映画館に行って来た


高良健吾は出番少ないだろうなとは思っていたけれど

あら?
終わり?……でした

そんな予感していたので出てきたとわかった瞬間
ほぼ「凝視」してましたよwww
うん、高良健吾の顎をひく感じの動き、いつものだねって


ってことで、高良健吾のことはとりあえずおいて
映画を楽しむことにした

日本のロミオとジュリエットってことだけど
ラストがどうなるのか、途中でわかってしまったっていうか
桜が散るCGはいらないよねっていうか
…途中で眠くなってしまったっていうか

だけど、乗馬のシーンはきれいでしたね
岡田将生も蒼井優も乗りこなしていました
まさか、あれもCGってことはないだろうから

CGと言えば、あの風景もそうとうCGが使われているんだろうな
森や川の美しさは、たぶん本物だろうけれど、ここはCGかなぁって思うところがあったり
今は映画でまったくCGを使わないのは難しいのだろう
それだけ技術が進歩したってこともあるのかな

そういう意味では、CGをつかっていないおにいちゃんのハナビは貴重な作品だと思う
あのハナビは間違いなく本物だし



で、岡田将生って肌がきれいだわ
お殿様の姿も似合っていたし
ご乱心お殿様なところもあるけれど、13人の吾郎ちゃんお殿様の鬼畜っぷりを
見たあとなので、心優しいご乱心殿って感じがしたな

宮崎美子さんや大杉漣さんや柄本親子など、高良健吾と過去共演した人たちが多くて
映画の世界って狭いなってこの作品を見ても思った
っていうか、監督もそうだけどご縁がある人たちに囲まれた現場なんだと言うことだろうか

今後、また共演することもあるだろうな
岡田将生は同世代だし、これまた何かのご縁でってことで



で、エンドロールに高良健吾の名前が出て「あ、高良健吾を見に来たんだ」と
気がつくほど、高良健吾の出番はなく(3分くらい?)ある意味純粋に映画を楽しんだわけで

映画が終わって出てきたら、ノルウェイの森の看板が出ていた
高良健吾の顔も出ていたし、これはもう少し出演場面が多いだろうなと、期待


で~~~

昨日が初日だし、今日は土曜日だから観客多いだろうなと思っていたら
またですか?今日も15人くらいでガラガラですが
けっこう宣伝していた映画だし、岡田将生や蒼井優って人気あるんじゃないの?

日本の映画は大丈夫なのって少し心配になったよ


ってことで、高良健吾ファンとしては「あら?」って出番でしたが
その程度の出番でも、公式サイトに役名と写真付きで出ているし
エンドロールにもわりと早い順番で名前が出ているってことは
役者として彼が看板になりつつあるってことの証明になるな、と思いました

えぇ、ファンだからそういう見解ができるのですが
実際、近からず遠からずってところだと思います
それと、東京のお父さんって慕う廣木監督だからこその
高良健吾のみせかたもしてくれたかな?と
ほとんどエキストラ程度な役なんだけど、アップにもなったし
ありがとうございますです、ファンとして



来てます、高良健吾の時代

---------------------------------------------
追記

先程テレビで雷桜の舞台挨拶が流れていたのだけど
そこで、雷(遊)が放つ矢が映っていた
その矢が流れる先に高良健吾がいるのだ
だけど、あまりのちらりずむに、それが高良健吾だと
テレビでわかるのは、映画を見た人でないと無理かと 汗
だけど、一瞬でも高良健吾が雷桜の宣伝シーンで出たってことで
ちょっとうれしくなったので、追記してみたww

« 宣伝に弱い | トップページ | 東京国際映画祭 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

高良健吾」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

昨日「雷桜」観てきました!
高良クン少ししか出番なかったけどカッコ良かったですね!

グリーンカーペット映像も良かったです。

茶髪珍しい!!って思いました。
似合ってましたよね☆

次は「ノルウェイの森」が楽しみです!!

もう少し出番があったらよかったんですが
それでもスクリーンで見る高良健吾はやっぱりステキです
グリーンカーペットもよかったですね
堂々として落ち着いていました
次はノルウェイの森です
楽しみですね~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雷桜をみてきた 高良健吾のファンとして:

« 宣伝に弱い | トップページ | 東京国際映画祭 »