フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

和成さんのお見合い

今日も萌えました

「しー」のワンシーンで撃沈です
かわいすぎです
お母さんに押されているようで、うまくつきあっているところもいいです


この時代について、少しだけ言いたいことがあります
戦争という史実を背景に作られた物語である、このおひさま
戦争の話題は切っても切れないことであり
当時の時代背景を描いているのだと思います


例えば、和成さんの「しー」は表立って親が子に「無事に帰ってこい」と言えず
それを言うと非国民として糾弾され、捕まるような時代で
そもそもこの戦争が正しいことだと教育され、洗脳されていた時代だったわけで
だからこそ、真珠湾の話題が出た時も陽子も万歳と喜んでいて
その当時はそれが普通のことだったのだと思う
ただ、現代ではそれを見ると不愉快に思う人たちが当然多くいて
特に外国の人たちからはこのドラマに対してまで、もしかしたら否定的な意見もあるのかもしれない

ただ、そういう時代だったということで
それを外してはこの物語は進まないということだと私は思います



で、和成さんですが
もうね、いい加減にして欲しいですね
このキュート大魔王め!っていいたいです
なんですか?そのかわいすぎる笑顔は?
丸山家の「1!え?2?3!」ってかわいすぎるでしょう!

明日もお見合いの話が続くのでしょうね
明日は出ずっぱりでしょうか?
今日も和成さんの出番は少なかったので、ちょっと物足りなかったのです
これからガンガン出て欲しいです!


それにしても
お見合いの席で背筋をシャキーンと伸ばして座っている姿に萌え
お互いご挨拶し終えてから、陽子と見つめ合った瞬間に目をそらすその姿にまたもや萌え

もう…
なんていうか、私「萌える萌える」ばっかりでヘンタイぽくなってます
ホントにもう………どうしてくれるんだか?和成さん(*´ェ`*)

「軽蔑」高良健吾、中上健次さん故郷再訪し感無量

http://eiga.com/news/20110530/13/

http://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFE201105300013/index.html

ロケ地に戻って感無量だったそうです
昨日の舞台挨拶も、おひさまの収録の関係で途中で帰らなくてはならなかったそうですが
時間を工面して最後まで参加したそうで、この映画に対する思いが伝わります
おひさまの収録には乗り物を乗り継いでちゃんと間に合ったようです
仕事に対するそのまじめな姿勢が素晴らしいです

おひさまの和成さんと
軽蔑のカズさん

同じかずさんですが、そうとう違いますね~
遊び人とまじめな実直な男
その演じ分けがおもしろそうです


軽蔑は今週末公開です
見に行きます!

丸山和成さん登場

本日、高良健吾が演ずる「丸山和成」さんが登場いたしました
感無量です

えぇ、感無量です



今日の日をどれだけ待ったことか
高良健吾が、日本中にファンがたくさんいるNHKの朝ドラに出演しました
きっと、たくさんの方々ががこの番組を楽しみにしていらっしゃるのではと思います
そんな国民の朝の楽しいひとときに、高良健吾が貢献できるという意味に
私は感無量です
ちょっと大げさかもしれませんが
今の世の中、楽しみを見いだすことが難しいのですが
このドラマを楽しみに待っている人たちはたくさんいらっしゃると思います
そんな方々の癒しになれたらって思います








で、ですね


もう、私
今日は一日そうとう挙動不審だったと思います
電車の中では落ち着かず、お昼休みは電話当番だったのでさらに落ち着かず
ツイッターだとかで「見たよ!」って意見を聞いて一人悶絶していまして

で、先程見ました


萌えた。。。。www


まず、オープニングタイトルに「高良健吾」と出た瞬間、沸騰しそうになりまして
「キタ!」って叫びそうになりまして、えぇ、タイトルだけでそうとうキてまして
樋口可南子さん演ずるお母さんが「陽子さんをください」って言っている時もそわそわし

ついに和成さんが登場したわけですが

なんて美しいんですかね?
そしてなんてかわいいんですか?
どういうわけですか?いいんですか?そんなにかっこよくて??
その耳の赤さはどういうことなわけ?
と、問いつめたくなりまして
なんて言うか、つまりは悶絶です。。。

高良健吾の私ポイントは、彼はラブシーンなどでは必ずと言っていいほど耳が赤くなります
緊張するからなんでしょうか?
それが初々しくて、どんなハードなラブシーンでもその耳の赤さで、ほんわかとなるのですが
このおひさまの初登場のシーンでの耳の赤さは、多分緊張なのかなって思うのです

あ、耳の赤さはさておきwww


使い慣れない方言にも萌え
白いシャツにも萌え
あの笑顔にも萌え
茶碗を修繕している姿に萌え
これから毎日出てくるのかと思うと、胸がぎゅーーっとなり

本当にステキな15分間でした


蛇足ですが、樋口さんの今回のお母さん役は、ソフトバンクのお母さんと似ていますね
お父さんとの力関係が似ていると思いますwww



あの青年は誰だろう?ってこれからいろんな人に興味を持ってもらえると思います
ステキな俳優だねって一人でも多くの人に思ってもらえたら、ファンとしてとても嬉しいです

ブレイクするとかしないとか、それはどちらでもいいのですが
受け入れてもらえたらなって思います


それにしても頭の形が美しいです
世界一坊主頭が似合う俳優です

くしゃみがかわいくてかわいくて、頭をぐりぐりしたくなります
もぉ。。。そのうそっぽいくしゃみがかわいすぎです



ちょっと取り乱しすぎですね、私ヽ(´▽`)/

マークスの山DVD

http://www.j-cast.com/mono/2011/05/29093057.html


WOWOWドラマのマークスの山がDVDとして発売されるそうだ
まだ見ていない方には朗報ですね~!

高良健吾がこれでも坊主頭です
やっぱり世界一坊主頭が似合う俳優です(・∀・)イイ!

明日です

土曜日の新聞切り抜き。。。


朝ドラって土曜日に来週の内容を新聞に毎回でていたけれど
今まで気にしていなかった。。。
でも、今回はがっつり食いつきましたですよ

Photo


白黒なのがまた昭和っぽくていい。。。


心配していた台風の影響もなく、明日は順調に放映されると思います
私は帰ってきてからのお楽しみですが


全国の朝ドラファンの皆さんに高良健吾初見参です
受け入れてもらえることを願ってます


和成さん、お蕎麦の兵隊さん登場です
いよいよです

いよいよですよ~!


http://www.nhk-sc.or.jp/stera/

http://pid.nhk.or.jp/netstera/specials/ohisama/

ZIP!に高良健吾が出演

つか、ZIP!って何?だったわけでwww

高良健吾が出ると知って大慌てで録画をセットし今日の日を迎えて
なのに帰宅が遅く、もうね、早く見たくてたまらなく
まじで朝から気が気でなかったわけで


で、先程見ましたが




もう






かわいくてかわいくて
どうにかしてくれよって思うわけでwww


インタビューの内容がどうとか言う以前に
何?そんなに顔を赤らめて?
何なの?そのかわいい笑顔は?


と、まぁ、こんな感じで
私の方が照れて照れてよく見られていないのだwww
なんで私が照れるのか意味がよくわからないのだがwww

もう少し冷静になって再度見ようって思うわけだが
来週からおひさまだし、その次は軽蔑だし
なんて言うか、私の気持ちのキャパがいっぱいになってきたっていうか



とにかく、高良健吾はかっこよくてかわいすぎます
もうホントにかわいすぎです( ̄▽ ̄)

軽蔑 舞台挨拶動画

http://www.youtube.com/watch?v=YyFacU_kki4

埋め込みができないのでアドレスのみ


えっと、ケンケンくん
いくら撮影の時に監督がそう言ったからってビッチ発言はどうかと思われw
で、マイクをいじいじしてるのがかわいすぎてどうしようかと思うわけでww

監督と杏ちゃんと三人で話す時は笑顔が出ていたけれど
それ以外は表情を崩さず前を見据えている、その表情に私はぐっときます
笑うとふにゃぁって表情して、それもまたかわいい……

この映画が公開される時は、おひさまに登場していますね
同じような坊主頭ですが、役柄でまるで違う表情になると思います


世界一坊主頭が似合う俳優、高良健吾

ぐっときます

タケオくん

来週にはとうとう高良健吾演ずる、丸山和成が登場します
もう…楽しみで楽しみでしかたがないです
高良健吾が出るから見始めたこの「おひさま」
だけど、今は純粋におひさまのファンになりました


タケオくんは強い男性です
いつも笑顔で陽子をささえています
陽子がそれに気がつかないほど、素朴なやさしさです
タケオを演ずる柄本時生さんは高良健吾とも共演しています
私ルールの高良健吾ファミリーです
なので、とっても親近感があります

お母様である角替和枝さんと親子の役ですね
共演はあったとしても、親子の役って難しいのかな?なんて思います


タケオくんの素朴な笑顔がまた見られる日が早く来て欲しいです
えぇ、高良健吾の和成さんとは違った意味でwww


おひさま、来週から気合い入りますよ!
いよいよ和成さん登場です

楽しみ!

完成試写会 軽蔑

http://news.livedoor.com/article/detail/5576890/


http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp1-20110522-779647.html


http://beauty.oricon.co.jp/news/87920/full/?cat_id=tw


http://www.cinemacafe.net/news/cgi/report/2011/05/10610/


http://www.ginzanews.com/headline/7222/






幸せな現場だったそうです

試写会に行けたファンの方々、映画の感想も含めどうでしたか?
高良健吾のかっこよさはハンパないですね
白いシャツがとってもお似合い
かっこよすぎです

映画楽しみです

ボックス!

WOWOWでボックス!が放映されるようです
5/22(日)よる8:00から一回目があるようで、その後も数回放映が待っています
http://www.wowow.co.jp/pg_new/pg_search.php?serchProgramText=%83%7B%83b%83N%83X%81I&daySelect=%8A%FA%8A%D4&month01=&day01=&month02=&day02=


高良健吾のあの美しい背中が見られますヽ(´▽`)/

軽蔑 先行上映会

http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=5651



http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/entertainment/cinema/news/20110515-OHO1T00070.htm


昨日、5月14日に行われた先行上映会の様子

高良健吾の衣装(いけてるかはさておき)鈴木杏と色が一緒で
仲がよさそうな感じに見えて良いと思う

自分は不安定なので
だそうだ


http://www.sankei-kansai.com/2011/05/15/20110515-052790.php


トークショーも行われ、オープンな大阪の人が好きと答えたそうだ
大阪のファン、きっと大盛り上がりしたでしょうね
いいなー
福岡の人も好きになって(* ̄ー ̄*)



http://www.sanspo.com/geino/news/110515/gnj1105151117015-n1.htm


高良健吾も大変だったと思う



http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=210184


15歳未満は入場できないそうな



う。。。R15か



私はピアノ




アルバム タイニー・バブルスから

私、サザンはけっこう好きで、アルバムも数枚持っていました
引っ越しで消えたのがあって、まさにこれなんかどこに行ったのやら

で、私はピアノが好きでして
この原由子の声がいいんですねぇ
そういえば、彼女のソロアルバムも持っていた記憶が
私はピアノと言えば、高田みづえさんでヒットしたのですが
私は断然こちらが好きです


おいらを嫌いになったんとちゃう
うぅぅん、そんなことないわいな
あそ、この先どないせいと言うのじゃじ
うぅぅん、そんなこと知るかいな

サザンだなーって思えるこのあたりすごく好きです



私はカラオケが苦手でして
誘われてもよっぽどでない限り行きません
社会人でいたらその「よっぽど」もたまにあるのだけれど
その時、どうしても歌わなくてはならない時に歌うのが
ユーミンのダンデライオンか、私はピアノです
それくらい歌は歌いません
人前で歌う感覚が私にはどうも苦手でして
車の中で、一人熱唱大会はよくやるんですがwww






そうえば、ダンデライオンと言えば
我が家の裏でひっそりと樹木に成長してましたwww
たんぽぽってすごいわ

金魚倶楽部

http://www.nhk.or.jp/kingyo/


実は私、携帯小説をよく読んでいるのだ
通勤の合間がメインなのだけど、先が気になる時は昼休みも携帯にかじりついているww

携帯小説というカテゴリは、数年前までは興味すらなかった世界で
で、転勤になり、車通勤から電車通勤に変わり、たまたま目にしたのが
ワイルドビーストってヤンキー小説。。。
ふーーーーーんって感じで暇つぶしに読んでました
暇つぶしだったはずが、シリーズ全話読破しましたww
今ではその作家の新作が出るのを楽しみにしているっていうwww

それから、キミノ名ヲでドはまりし、その頃からお気に入りの携帯小説作家までできて
もともと本が好きで、よくあれこれ読み漁っていたのに、目が疲れるからと読書から遠ざかっていて
好きな作家の本を買ってきてはいても、読む気力がでず部屋に山積みになっていたのに
なのに、携帯小説はよく読むっていったいwww

携帯小説のどれでも好きなわけじゃなく、それどころか日本語も出来ない作家が多く
そういうのが多いのが実状なんだろうけれど、それでもプロでなくてもファンを持っている
作家といわれる人たちがいるのも確かで
携帯小説の楽しみ方は人それぞれあると思うけれど、液晶画面の小さな窓で読むに
ちょうどいい文字数とページ数が私はいいと思います
気楽に読めるってことです


金魚倶楽部という作品はNHK賞を受賞して、ドラマ化されます
この作家も好きです
しかも当時、現役高校生でした
たいしたもんです

ドラマには期待していないけれど、忘れなかったらみたいって思います

日本映画プロフェッショナル大賞

http://eiga.com/news/20110513/24/

軽蔑の特別試写会が行われるそうです

健闘しながらも過小評価された作品、スタッフ、キャストにスポットを当てようと意図された
映画ファンのための特別イベント、だそうです


確かにそういう作品って多いですもんね
いい作品なのに、商業的にヒットしないってよく聞く話です
まさにおにいちゃんのハナビがそうだったように

おにいちゃんのハナビは私個人としては映画館に何度も足を運んだので
自分の中では商業的にもヒットした作品って思うんですけどね
この軽蔑は、どういう展開になっていくのか楽しみです
ファンとしては、商業的な部分も気になるところではあるのだけれど
それ以上に作品のクオリティに興味があります
高良健吾がどんな姿でスクリーンに出るのか、それが一番なのです


このプロフェッショナル大賞の一位は、満島ひかりの川の中からこんにちはだそうです
満島ひかりといえば、お日様の育子です
今日の育子、最高にかっこよかったです

で、高良健吾は新人奨励賞をいただいたようです
ありがたいことです
ただ、いったいいつまで新人扱いされるのだろうwww
去年も石原裕次郎新人賞をいただいたのだけど、その時点でそうとう出演作もあり
新人なの?って感じなところがあったのだけどwww

何にしろ、世間が高良健吾に注目している流れが見えます
ファンとしてうれしいです

けんちゃーん

けんちゃん、色白さんね
かわいすぎ

豆パン

ずっと前に好きだった菓子パンで、甘納豆が入ったパンがあった
どこのメーカーだったかも忘れたんだけど、好きだったなーと最近思い出して

リョーユーだったか、イケダパンだったか、どこだったか
スーパーで買うような菓子パン

ここ数日「豆パンが食べたい」ってつぶやいていたら友達が探してきてくれた
昔のパンの復刻版らしく、若干外見が変わっていたのだけど(多分)
名前もビーンズロールらしく、豆パンではなくwww

Photo


こんな感じで

Photo_2

断面に豆が確認できる


Photo_3

中にマーガリンが入っていて(クリームも一緒に)


このね、豆とマーガリンのバランスがいいの
懐かしい味がして、夕食前にぺろりと食べてしまいました

おしゃれななんとかベーカリーとかで食べる焼きたてパンもおいしいけれど
こういう素朴な菓子パンもいいな~


願えば叶うって、今回思いました
もう食べることはできないって思っていた豆パン
再会できて嬉しかった

探してくれた友達、ありがとねヽ(´▽`)/

軽蔑 大森さんと一緒

目力ありすぎ
そんな目で見つめられたら、その場で灰になってしまうよ
絶対

おひさまの魅力

GWに放映された「おひさまの魅力」という番組が今日再放送されます
私は見逃したので、今日楽しみです
高良健吾も出ているらしいので、録画かけてスタンバイです

この「おひさま」、今まで朝ドラに興味がなかった人も見てくれています
純粋にドラマとして人気が高まっているようです
私も高良健吾が出演するので見始めたのですが、毎日楽しみに見ています
もし最後まで高良健吾が出ないとしても見続けるかもだなって思います
いや、出てくれなくては楽しみ半減ですがww

私、NHKの公式ツイッターアカウントを数件フォローしているんだけど
けっこう毎回たくさんの情報があがってくるので、全部は把握できていなく
こういった「見たい番組」を取りこぼしてしまうわけで
できたら「おひさま」公式ツイッターがあるといいのだけどって思っています


さて
高良健吾演ずる和さんが出てくるまであと少し
おひさまの出演者たちがみんな素敵で、あの輪の中に高良健吾が入っていきます
どんな輪が広がっていくのでしょうね

おひさま、大好きな番組です

帰省篇 30秒

ふふふふふ

チューボーですよで、30秒バージョンの録画成功っす
ふふふふふ~~
やっぱりテレビで見ると、かわいさ倍増だわ(・∀・)イイ!


で、ちょっと気になるのが
高良健吾の髪型
もしかして~?カツラ?
なんだかちょっとかぶっている気がするのだけど 汗
違うかな?
花見篇の時はそんな違和感なかったんすよね
ま、どっちでもいいんだけどね

60秒バージョンの録画が成功できるのはいつかな
来週あたりにチューボーですよで流してくれるといいんだけど
お願いします、サントリーさん

そういえば、まだ上を向いての高良健吾篇をテレビで見てない
なので、当然録画も空振り続きなんだけど
わりと私の周辺では「見たよ」って声を聞くわけで
狙うと難しいみたい



サントリーに注目し続けている影響で
金麦だけじゃなく、サントリー角だとか、トリスだとかを買ってしまっている
のんべぇなので、率先してサントリー購入意欲が促進してます

しょーがねーなwww

Monkey Majikは仙台(SEND愛)にいる

彼らは被災地で、復興の為に本気のボランティアをしているそうです
カナダに帰ることもせず、頭がさがります

チャリティライブ「SEND愛」も開催されるそうで
http://www.monkeymajik.com/

オフィシャルサイトでの先行予約は明日までらしいです
その後に一般発売ももちろんあります



彼らは仙台が活動拠点
私は彼らの音楽の中で fly これが好き



三味線の吉田兄弟とのコラボです
youtube巡りして知りました
いいねぇ、三味線とのコラボ



金麦「帰省篇」

http://www.suntory.co.jp/beer/kinmugi/ad/other.html


そろそろアップされるかな?って楽しみに待っていました
高良健吾、金麦最新CMです
帰省篇です

「けんちゃん」なんて呼ばれてる~~~(*´Д`*)
ケンケンかわいすぎる、かわいすぎwww


三度目だ
うらやましいの?
いやーん、藤竜也さんと親子なの?しぶいc(>ω<)ゞ


はやくテレビで見たい見たい見たい!
「チューボーですよ」を録画かけてスタンバイよ!

八日目の蝉をみた

映画の日にて、まほろ駅前多田便利軒を見た後に
八日目の蝉をみてきた


おひさまで、井上真央に興味が出て、それまでまるで興味がなかったのだけど
高良健吾が出る朝ドラだから、初回からきちんと見ているうちに、彼女に興味がわいた

NHKでドラマ化されてたそうだけど、私は初めて知って衝撃的な内容で
ぜひ見ようと思って、映画二本立てと言う強行スケジュールを組んだ

おひさまをみなかったら、この映画に興味を持つことはなかったと思う
「優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした」なんて重すぎるテーマだ
見る前から、きつい内容だってわかっているものを、わざわざ見たいとは思わない
高良健吾が出ない限り、そういう内容は見たいとは思わないのだ
映画で求めるものは、アクションだったり、笑顔だったりで、暗い話は見たいとは思わない
わざわざお金払ってまで暗い気分になりたくないので

で、これは初めから「暗いんだろうな」と思っていたけれど、井上真央と永作博美の
二人のアップのポスターを見て、これは見なくてはと思った
なぜだかは表現できないのだけれど、見たいと思った


井上真央と永作博美が素晴らしいだろうとは、見る前からわかっていた
特に永作博美のあの表情は、引き込まれるものがあった
実際、あの別れのシーンでは、すすり泣きが映画館を包んだほどだ
愛情は表裏一体の深いもの
そう感じた
自分を裏切った男と、自分をあらゆる言葉で罵倒したその妻の子供を
深い愛情で育む愛情って、どこからわき出てくるのだろう
泣きやまないそんな事情の赤ん坊を、どうしてそんなに愛せるのだろうと
母性って言葉では表現できないものなのだろうか、など
考えてしまう作品で

そんな中、小池栄子がすばらしくよかった
最初、なんとも不愉快な人間だと思っていたのだけれど、そうではなく
彼女もまたこの現代の被害者で、あらゆる自由を奪われた一人で
「薫」をやさしく包み込むことで、自分も幸せになりたいと思っていると理解できた


最後に、誰かに愛情を注げることが最大の幸せだと思えることが幸せ
そう思うことで、この物語が終わるのだけど
それは、まほろ駅前でもそうであって、自分が幸せでなかったとしても
誰かを愛して幸せにしたいって思うことが、自分の幸せに繋がるのだと
この物語は言っているのだと思った





補足

私が見た時、携帯の電源を切ってない人が多くて
バイブが鳴ったり、しかもそれが「映画で鳴っているの?」と思うほどのシーンだったり
バイブだけならまだしも、音が何度も鳴っていたり、最低のルールは守って欲しい
私は電源切ったけど、最悪ドライブモードでもいいって思う
ほぼ満員の入りでよかったのだけど、満員になるとそれだけモラルが守れないリスクが高くなる
そういうのって恥ずかしいって思う

ぜひ、映画館に行く時はそれらを考えて欲しいっす

まほろ駅前多田便利軒をみてきた

今日、ようやくまほろ駅前をみてきた

映画の日だったので、少し早めに出発
去年、キャナルでソラニンを見に行った時、その日が映画の日と知らず
早めに行ったつもりだったのに、チケット買うだけで30分以上かかり
挙げ句の果て、あと一歩遅かったら満席になるって危ういことがあったので
それを学習して、今日は早めに出発

で、駐車場もわりと少なかったし、チケット売り場も楽勝
あらら?今年は去年と場所は違うけれど、けっこうすいていたのね?
と、思ったのは甘かった
映画が始まるまで、ショッピングモールを散策して映画館に戻ったら
かなり多くて、のんびりしていたらまたもや…ってことになるところでした


まほろ駅前は、私が見た回は観客もまばらで、のんびりみることが出来て
だけど、近くの席の男性がずっと足をこすっていて?スリスリスリスリって
音がずっと続いていて、そうとういらいらいらいら


それはさておき
映画は、のんびりした空気の中に生きていくって大変だよなーってことを
男ふたりが表情豊か?とは言えないけれど、それとなく伝わるような内容でして
肝心の高良健吾はいつ出てくるんだか??と最初の方は待っていたのだけど
いつのまにか、映画にひき込まれて「いつ?」と考えなくなったころに
「あら?出てきたのね」って登場のしかたでした
しかも、あっという間にそのシーンも終わり
あらららら~って感じで
だけど、高良健吾が演ずる星の、なんだか怪しい感じはなかなかよかったです
なんといってもかっこいいwww
帽子にめがねだから、表情よくわからないけれど、それでもかっこよしです
エンドロールに名前が出てくるのが、最後の最後で岸辺一徳さんと一緒だったのもしぶい

松田龍平の出す空気感がとてもよかった
ひょうひょうとして、何も考えていないようでいて、実は何も考えていないとか
なのに、何かを護ることに対しての駆け引きなしの力強さなど、みていてかっこよかった


監督を初め大森兄弟、松田兄弟、瑛太兄弟、それと柄本兄弟とまたご縁があって
高良健吾と一緒にいてくれて、ファミリー感があっていいなって思った
まったく違う現場もいいだろうけれど、こういう繋がりっていいんじゃないだろうか


この映画、ほのぼのとしてみんないい人ばっかりでホームドラマとしていい作品です
高良健吾はちょっとしか出ていないけれど、それに不満がないファンの人はぜひ見て欲しいです
日本の都会でもなく、かといってそこまで田舎でもない、どこにでもある街角の風景にほっこりします
ぜひどうぞ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »