フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

それぞれの

そろそろ、それぞれの金麦シリーズ新しいCM出ないかな

ぱーーっと飲んじゃいましょうよって感じで
新しくぽちっと
暑くなってきたし


待ってますよ、サントリーさん



CMと言えば
おひさまの満島ひかりさんが最近よく見かけますね
おひさま効果かしら( ̄▽ ̄)

Iris- Avril Lavigne cover



アヴリル・ラヴィーンがサマソニに来るそうだ
今の日本に来るのはとても良い心がけです
風評被害をぶっ飛ばして欲しいです
サマソニ暑いけど、こんなにきゃしゃで耐えられるのかしら
がんばってもらいたいです
ってことで、ジョニーさんと一緒に
あら?私の癒しのロビーさんはいないのかしら?

単独ライブは来年行うようで、福岡にも来るみたいね








ピアノ弾く指じゃねぇ。。
美しくないからアップにしない方がいいのに
って、そういえばジョンのオリジナルもピアノ指じゃなかったねwww
ま、そんなこと気にしなくていいわけで、ピアニストじゃないのだから

この曲はとても素晴らしいので、いろんな音楽ジャンルにカバーしてもらって
たくさんの人たちに聞いてもらいたいです

心に太陽を持て

今週は「帰郷」
戦争がようやく終わり、おひさまな人々が戻ってきます

しかし、週明け一番に待っていたのは
春樹兄さんの訃報でした

いえ、春兄さんが亡くなるのは知っていたけれど
まさか月曜にそれが来るとは思っていませんでした
須藤家の明るい未来が一瞬にして壊れました

春兄さんはこの時の為に、あの本を置いて行ったのでしょうか

今週のおひさまは、光と影が交互に現れそうです
ちょっと、キツいな。。。

Beat 舞台挨拶

http://eiga.com/news/20110625/3/


http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=cinematoday_N0033288



Beatの舞台挨拶がありました
高良健吾、またあのネックレスしてますね
お守り代わりなのかしらって思ってしまう。。。ようなwww


おひさまの話題も少し出たようだけど
そんな暴露話しなくてもいいんだけど
結局、高良健吾をいじりたいだけなのかしらねって思ってみたりwww
奥田さん親子とも共演したので、これが最後とならず縁が切れず
いい仕事のご縁が続くといいなと思います
どんな仕事であっても、結局は人間同士のご縁だと思います


高良健吾、いい表情しているなぁ

童話

光良 - 童話




なんか、すっごく久しぶりにこの曲が頭をよぎって、聴いてみてました
2005年の曲だったのね
つい最近のような気がするわ

この頃は、多分信樂團に夢中だった時期かな
香港、台湾の音楽が好きで、もちろん今も好きだけど
あれこれ聴いていたなぁって思い出すよ

いえね、ビーバーくん見ていたら光良がふと頭をよぎって似ているかなと
似てませんけどね、全然www
むしろ、よいこの人に似てるかなと。。。


Next 2 you

Chris Brown feat. Justin Bieber - Next 2 You


Chris Brown feat. Justin Bieber - Next 2 You

この曲けっこう好き、ズンドコズンドコって

しかし、ビーバーくん、大人になったわね
恋人とうんたらかんたらのラブロマンスMVかと思ったら
テロ?から始まる暴動のようなパニックMVになってまして

そんな火の中で踊るクリスさん……
惚れそうな気がする。。。ダンスに、もちろんクリスさんの

サマソニいきてーな

一度も行ったことないけどさ
しかも、夏の真っ盛りに野外ライブなんて絶対無理だけどさ
でも、こんなに楽しんでいる人たち見ると、私もそこに混じりたいって思うのさ

無理だけど
まず、あれこれ理由つける以前に暑さに負けるから無理だけどさ

こんなイベントに単独一人でも乗り込みたい気分
うおーーーとか、うぎゃーーとか叫びたいwww

似ていると一瞬思った




今日、テレビ見ていたらこのCMに驚いた
白夜行の高良健吾かと一瞬思ったのだ
新しいCM?って思ったほど

で、検索したら別の人でして
山村隆太さんって方でした
よくよく見たらそんなに似てもいないのだけど
こういう空気って高良健吾も出すよねって思った

ファンの方が顔でファンにならないでと書いてあったのを見て
思いは一緒だなって感じた
高良健吾ファンも、そんな思いをしている人は多いと思う
ま、私もそんな感じなんだけど
売れるのは嬉しいけれど、消費されていくのはどうかなって思っていたかなと

一年前の今頃は何をしていたかな?と自分のブログの過去をさかのぼってみて
ケンタくんの映画の宣伝で笑っていいともに初登場していた時期でして
あぁ、あの頃からもう一年経ったのかと、懐かしく思い
あの頃は「高良健吾ってステキなのよ、知ってちょうだい」ってアピールしていた時期で
こんなにステキなのに、世間の反応は今ひとつ薄いわねって思っていたなってwww
今はおひさまの影響で少しずつ顔が知られて行って、うれしいのか寂しいのかって感じで
だけど、やっぱりファンなのでメディアに出てくれるとそれだけでうれしくなるね


7月9日に土曜スタジオパークに出演決定です
生放送ですね
うれしいです(*´ェ`*)

おひさまの歌




あのオープニングがとてもいいので
正直、歌はいらないよって思うのだけれど
これはこれで別物と思えば、いい歌かなと思う

それにしても、和成さんの表情のやさしいことよ。。。
うっとりです

軽蔑のパンフレットを買った

軽蔑を映画館に見に行った時、公開二日目なのにパンフレット売り切れという目にあって
今日、ようやく買うことができました、あってよかった。。

カズさん、かっこよすぎです
いろんな表情をしているカズさんに、うっとりです
BGMに使われている曲も数曲探すことができたのですが
私が気に入った曲がどうもヒットしません
また探してみます

これ聴くと軽蔑がイメージできますねぇ
音楽の作り出す映画の役割って大きいって思います
カズさんの顔が浮かぶもの

高良健吾が言う通りで、好きという感情に明確な理由はないって私も思うな

この映画を経て、高良健吾の何かが成長しているのを見ることができると思う
それは彼自身の気持ちの成長と、まわりを見渡す余裕が出てきたこともあるではないかな

パンフに書いてあったように、今まで転勤族で、見送られてきてばかりいたけれど
この軽蔑で見送る側の気持ちを知ったのも、これもまた彼の糧になっているんじゃないだろうか

で、書店に寄ってacteur と +act を買った
+act の笑顔はたまらん。。。

過去のレースを思い出す




今はほとんど競馬中継を見ないのだけど
サラブレッドが好きなのだ
あの美しさに神々しさを感じる

夢中になって見ていた時もあった
ただ、馬券を買うことは一度もなかった
競馬だから馬券を買うことが基本なのだけど
それがなければ成立しない世界だってわかっているけれど
で、妄想馬券で一度万馬券をあてたこともあったけど
基本、ギャンブルという名がつくものは近寄らない主義だ
相反する思いだとわかってはいる


で、優勝した騎手の田原成貴はその後没落して行くのだけれど
馬たちは走る為に作られて、血統こそ命として受け継がれていく
その血統を護る為に種牡馬として、生きていく馬もいる

いろんな人間世界のつらさに押しつぶされそうになる時
サラブレッドたちの生き様を見ると、私は何をやっているんだと思い知る


人間ってしょぼいんだせぇ

ほら




スタート出遅れで、最後方なんだよ
で、この圧勝
馬も最強なら、騎手も最強なんだろうな


最強の馬って人間よりずっと高い位置にいるって思うよ
普通できるかよ
ここまでの圧勝って


勇気をもらうレースって実はあちこちにあるんだぜ

20th Century Boy




最近、JRAのCMでこれ使われている
優駿たちが駆け抜けるのによくあってるなって思う
で、ずっと今日はこれが頭をループして抜けられない
他のこと考えようとしてもなかなか抜けない
考えれば考えるほどこれが流れるので、あきらめてずっと口ずさんでいた(頭の中で)



ふと気がつくと、いつの間にかこれにかわっていて

Get It On~~って、ホントに口ずさんでいちゃったよwww
やばいです、やばいです、決算資料を作りながら、げりろーん言っちゃってたよ
そうとう怪しかったよ
You're dirty and sweet,oh yeah なんて言っちゃってたよ
さすがに大きな声ではなく、つぶやく程度ではあったけれどさ
げりろーん、げりろーんってちょっと嬉しそうだったよ、自分

かなり真剣に仕事していたからね
そうとう集中していたからね
だからいつからげりろーん言っていたかわからないねwww

まぁ、歌詞もうろ覚えだから、げりろーんだとか、dirty sweet and you're my girl
をループして歌っていた程度だろうけれど

ちなみに、ブログにこの曲アップしたのはこれで二度目かな
そうとうこれ好きなんだなと、今気がついたwww



で、このMV
お姉さんたちのお衣装かっこいいわね

JRAのCMはこれ
メジロマックイーンかっこよすぎ
皐月賞のミホノブルボンも鳥肌たつ

このシリーズ、見ていて飽きない

破竹をいただいた

青森から破竹をいただいた

青森って今頃が筍の時期なのかしら
九州とはやはりずいぶん離れているのだな

破竹って初めてみた
筍の一種だけれど、採れたてなら生でもいいそうだ
筍のえぐみがないとか
ただ、今回いただいたのは、時間が経っていたし、
いただきものをさらにお裾分けしていただいたのでゆでてみた
写真を撮るのを忘れたのが残念

ネットで食べ方を調べてみたけれど、ゆでた破竹をそのまま食べてみたら
やっぱり時間が経っている分、えぐみが多少あったので煮物にしようかと思ったが
煮物にするにはあまりもちょっぴりだったので、みそ汁の具にしてみた

うんまいだった<おひさまの影響ww


旬のものをいただくと、なんだか健康になった気がする

ごちそうさまです

毎日の日課

どんなに忙しくても、どんなにきつくても
おひさまを見ることは忘れない
高良健吾が出ていなくても、おひさまが今の楽しみ

今日の春兄さんと須藤お父さんにほろり

想像の中で、須藤医院の院長さんになった春兄さん
それが唯一の希望だったのだと思う
横に眞知子さんがいてくれたらと、私も願ってしまう

和さんの寝間着を着ている春兄さんも、なんだがぐっときた
大事な妹の亭主の寝間着を着ているのは、心からこの結婚を喜んでいるのだろう
自分が帰ってこれなかったとしても、陽子には和成さんがいる
そして、丸山家の家族がいる、だから安心って思っているのかな
なんて想像してみた


いやぁ、今週は具合悪くて正直おひさまどころじゃなかった
やっとテレビつけるって感じだった
だけど、見始めると一気に引き込まれる
どの薬よりもおひさまが効いたかもwww
なんてね


明日はわらっていいともに、育子役の満島ひかりさんが登場らしい
おひさまの話題が出るといいな
そして、安曇野のお花が届くといいな

『軽蔑』のチャリティ試写会

監督から「全然ダメ、ふざけんな!」と怒鳴られ、パニクったと鈴木杏

厳しいけれど、愛情深い監督だと私は思う
俳優に、現場に、考えることの大事さを伝える力があるのでしょう
高良健吾が東京のお父さんって言うだけあって、心が繋がっている

なんてね
私は全然監督のことは知らないけれど
高良健吾が信頼しているなら、私はそれでいいって思う



高良健吾って本当にステキ
その衣装、私服なの?スタイリストついてるの?って問いつめたいwww

おもいで写真館と今日の一枚

おひさまのオフィシャルサイトを毎日見ている

その楽しみの一つがトップページに現れる今日の一枚
6月13日の一枚は、和成が陽子へ宛てたはがき
その文章を書いたのは、高良健吾本人かな?と想像している
彼は書道も得意のようで、以前自分のブログにも書を載せていた
「爆」だとか「芸術」だとか「流」などをアップしていた
私は書の知識はないけれど、なかなか趣のあるいい字だと思う
なので、あのはがきは高良健吾が書いたものではないかなと思うのだ

陽子役の井上真央さんの字もとてもきれいで毎回うっとりしている
黒板に書く字も、お便りを書く字もご本人が書いているそうだ
あの字の美しさと丁寧さに、井上真央さんの性格が映し出されているように思う
穏やかなきれいな字、才能と教養がにじみ出ていると思う

このおひさまでは、二人の夫婦の今後の歩みを綴っていくのだろうが
こういう小さな演出ひとつにも、丁寧な作りを感じさせる
それらをオフィシャルサイトで過度にならない程度に小出しに出してくれている
今日の一枚もそうだが、おもいで写真館も楽しみの一つだ

和成さんと結婚した時のおもいで写真がたくさんあるのだが
その中に、放送では使われていない、まるで本当の夫婦のような仲良しの一枚がある
髪の毛をほどいた陽子と、下駄を手でさわっている和成の二人が穏やかに笑っている一枚
これはとってもステキで、思わず見とれてしまったほどだ

高良健吾は男性としては線が細い方なのだが、陽子と一緒にいるととても男らしく見える
無言の優しさで陽子を包んでいるような雰囲気が出ている


来週からしばらくは和成は出てこないだろうが、今後のおひさまも目が離せない
高良健吾ファンだけじゃなく、おひさまファンもきっと同じだろうと思う

来週もおひさまから目が離せない日々が続きそうだ

やっぱりハナビが好き

高良健吾の人気が急上昇しているようです

NHKの朝ドラ、おひさまの影響力ってすごいですね
それに昨日はTBSのはなまるカフェにも生放送で出演しましたし
「高良健吾って誰?」って検索する人が多いよいうです

おひさまの和さんも、軽蔑のカズさんも、どちらも高良健吾ですが
今回の二人のかずさんはあまりに対照的すぎて、「高良健吾って何者?」と
感じる人も多いのではないでしょうか

彼の出演作はオフィシャルサイトなどで記載されているのですが
私のおすすめを一つ紹介したいと思います

公開が終わったので、ブログのリンクから外していたのですが
大好きな作品なので「おすすめ」というコーナーをつくりました

「おにいちゃんのハナビ」です

去年公開された映画ですが、とてもいい作品なので高良健吾に興味を抱いた方へ
ぜひともおすすめしたい作品のひとつとして紹介したいと思います
新潟県片貝町で毎年奉納されるハナビを中心に、家族の再生をテーマとして描かれています
新潟中越地震の後にドキュメンタリー番組があり、そこで取りあげられた一つの家族の話です
実話を元に作成された物語ですが、オール実話ではなく、フィクションも含め映画として作られています

病気で亡くなった妹の為に兄が全財産をかけてハナビを奉納します

そのハナビの美しさが、スクリーンに映し出され、とても素晴らしい映画でした
今は公開が終わっているので、購入もしくはレンタルで見ることができます

テレビの画面ではあのハナビの美しさは半減してしまうのですが、それでも是非みて欲しいです

おにいちゃんのハナビ、是非ともご覧ください
エンドロールが終わるまで、最後までご覧ください
ハナビがドーンと上がった時、高良健吾とテロップが流れるその瞬間
とても感動しました
その瞬間に感動です


私、結局映画館に5回行った。。。と思うwww



本当におすすめです
ぜひどうぞ

はなまるカフェ

今日は高良健吾ファンにとって、大忙しの一日でしたね
おひさまに、はなまるカフェ
リアルタイムでご覧になった方々は朝からきっと幸せだったでしょうね
私は先程、おひさま→はなまるカフェと続けて見ました

悶絶ですね( ̄▽ ̄)


おひさまの結婚式の名言もきけました
「陽子さんと一緒にいると私が幸せになれる」なんて~(≧∇≦)
三三九度のシーンもたまりません
本当の結婚式をみているようで悶絶でした
二人っきりになって、離れて座っているところも初々しくていいですね
ようやく抱き寄せているところもぐっときます

おひさまファンの方々がお祝い電報を番組に送ったそうですが
私も電報送りたくなりましたよwww


で、はなまるカフェですね

生放送で緊張しているんじゃないかしら
大丈夫かしらと、心配で心配でww
最初にカメラに写った時、心なしか唇に色がなかったようで
どうしよう、って私の方がハラハラしてましてwww

だけど、岡江さん初めはなまるのみなさんのおかげでうまく話に乗ることができたようです
ただ………時々会話がかみ合わなかったですね
質問の意味が伝わらなかったようなところもあったし
それはご愛敬ってことでww

Mの頃に比べると顔がかなりシャープになってますねぇ
そうとう痩せたんだろうな
で、杏仁豆腐おいしそうでしたね~
熊本市内の「ささのは」ってお店のようです
いつか熊本行く時はチェックします

九州人は高良って読めますって話ですが
私はあたりまえに「こうら」って読めますよ
藤井フミヤさんの地元に「こうら」って人がいますって高良健吾は言っていましたが
違うでしょー(いるかも、いたらごめん)
高良神社や高良山、高良川があるんですよーー
まさに、藤井フミヤの実家は高良神社の近くなはずです
高良神社は有名な神社なんですからね、高良健吾、ちゃんと覚えてね

で、お遊戯会で「銅像」って初めて知った話でした
なんか……想像するとかわいすぎてたまらんです


そうそう
今日もまた耳が赤くなりましたね
いとうあさこさんがつっこんでいましたwww
かわいすぎるんですが


うどんの汁が黒いのが苦手だとか、だしが効いたのがいいとか
やっぱり九州人だなって思いました
こちらのうどんはスープが黄金色です
だしが効いておいしいです
それと、九州に帰るだけでうれしいって言葉が、私はうれしかったな


今日のファッション
あのタイプの帽子はけっこう好きみたいですね
髪の毛もずいぶん伸びてきたようで、おひさまでの撮影は戦後のあたりなんでしょうか


あ、そうそう
「自分のタメ」「同級生じゃない」「自分のタメ」って言っていたけれど
微妙に伝わってなかったですよ
「同い年」って言いましょうよwww



はぁ
いちいちつっこんでいたらどこまでもつっこんでしまいそうなので
これくらいで終わりにしますwww



最後に
苦手なものは「生放送」ってやっぱりwww
もう、かわいすぎてたまらないっす

今日だけの花嫁

高良健吾が、和成さんが登場して以来、おひさまの視聴率が上がっているそうだ
視聴率ってどれだけとれたらヒットなのか、よくわからないのだけれど
ぐんぐんあがっているようです
和成さん効果ですね( ^ω^ )
もちろん、陽子が幸せになっているからって理由も当然あると思います
でも、陽子の幸せの隣には和成さんがいるのですね
高良健吾ファン冥利ですwww


今週はいよいよ結婚式ですね
陽子の白無垢姿の美しいこと
和成さんも見惚れていましたね、当然です
私は綿帽子より、角隠し派です
心清らかな陽子にとっても似合っていました
私、うれしくて涙しました
もうすっかり須藤家の親戚気分ですwww

そして、須藤お父さん
まさか、お父さんから「お世話になりました」のご挨拶があろうとは
だけどそうなんですよ
陽子がまだ小学生の頃、お母さんが亡くなって以来家事をこなし
男三人の世話を今までかいがいしくこなしていたんですね
それも愛情深く
お父さんが万感の思いで涙するのも、当然だと思います
「いいやつだよ、和成くんは」
この一言に、お父さんの陽子への祝福が込められていると思います


春樹兄さんが茂樹兄さんの分も含めて祝福するのにも感動です
子供の頃の春樹兄さんは優等生すぎましたが、今の春樹兄さんは
うまい具合に息が抜けていい感じです
茂樹兄さんが登場することはもうないのでしょうか
和成さんに一度あって欲しいのです
陽子の大事な人なのですから


それにしても、白無垢姿の陽子の美しかったこと
その白無垢を届けてくれたおばあさまの愛情の深さといったら
質素倹約のあの時代に「着なさい」と言う丸山お母さんの潔さといったら

お母さんが着るはずだった白無垢を着る陽子
おばあさまの思いがようやく遂げられるのです


感涙です



さて、今週もおひさまで楽しみましょう

「太陽の陽子のおかげで曇りの日は一日もなかった」

「明日からは丸山家の太陽の陽子になるんだ」


泣くしかないでしょう



陽子は幸せでした!!(私はすっかり親戚気分)



軽蔑を見てきました (長文です)

軽蔑を見てきました
カズさんにようやくあえました

先に言っておきます
これからご覧になる方、特に高良健吾ファンの方へ
えぇ…覚悟が必要ですよ
R-15ですからね
私、正直目のやり場に困りました、ファンとして
もう少し、なんていうかオブラートに包んでもらってもよかったのですがwww
リアルでしたわ



以下ネタバレもありますので、それがいやな方はスルーしてください






カズさんという男は
借金作っても何をやっても結局回りが尻拭いをしてきて
甘やかされてそしてそれを当たり前として生きてきた
どうしようもないろくでなしです
だけど愛される
周りから愛されて許してもらえてきた
命をかけて守ろうとする人たちが回りにいた
だからこそ、墜ちるところまで墜ちていくのだけれど
それでも愛しい男、それがカズさん

そんな男と五分と五分の関係を作ろうとする、ポールダンサーの真知子
着の身着のままでカズさんに連れ去られ、行きつく先がカズさんの地元
受け入れられず、また自分が親子の確執を広げていると知り苦悩する
その結果、カズさんを傷つけてしまう
遊び人でダメな男のカズさんを心底愛して、自ら破滅へと突き進んでいく結果になり
それでもカズさんを救おうと自分の身を投げ出そうとまでする
そんな純粋な愛情を持った女性、それが真知子

その二人が誰にも理解されず、窮屈な思いをしながらも愛を育んでいく物語
軽蔑とはそういう物語です


見所はたくさんあって、純粋に映画ファンとしての見所と
高良健吾ファンとしての「ここつっこまなくてはならないでしょう?」な見所も
いろいろあるわけで

今、おひさまで和成さんを演じている高良健吾と、カズさんの高良健吾は
同じ人物でありながら、姿勢や立ち姿すら違い、こういうところで演じ分けいているんだなあと気がつきます
遊び人のカズさんは少し前のめりな立ち姿です

おひさまと比べるつもりはないのだけれど、軽蔑がいかにリアルかと言う例えとして一つ

おひさまの陽子が酔っぱらって和成の自宅に泊まった翌朝、目が覚めた陽子の髪型は
少しも乱れていなく、きれいに整っています
対する真知子は、発熱して旅館で寝ていたのだけれど、目が覚めて起きあがった時
寝癖がつきよろよろの姿でした
そういう演出一つで、リアルさが表現されています
どちらがいいという問題ではありません
おひさまはおひさまの良さがあり、軽蔑は軽蔑の良さです
リアルを求めているかそうでないかの差というだけの話です


親子の関係も難しいです
二宮家の跡取り一人息子だから、どうしても親が決めた相手と結婚させたかった両親
真知子との結婚さえなければ、借金も消してくれただろう
だけど、それが許せず結局息子を亡くしてしまう結果になる
そこまで墜ちてしまった息子に手をさしのべるのか、と言う問題はとても難しい
まさか死ぬとは思わなかったのではないだろうか


で、ちょっと脱線します

軽蔑は始まって最後まで、息をのむような疾走感で話が進んでいくのですが
ちょっとだけ、つっこみたくなるところもありまして
ハラハラしつつ見ていたシーンで、カズさん……その鼻ちょうちん
出入りするのね、鼻ちょうちん
感動のシーンです、カズさんが魂から絞り出す泣きのシーン
そこでの鼻ちょうちん出入りで、私脱力しましたよ
いえ、リアルなんですよ
リアルを追求すると、ハナミズでますよね
だけど、せめて出し切ってくださいね、鼻水
おかげで私こそ、鼻から息が漏れましたよ、ふがっっってwww




で、高良健吾ですが
遊び人の顔に見えますね
真知子が好きだといいながらも、地元の昔なじみの女が乗っかってくるのを追い払わないし
真知子を養う為にまじめになると言いつつ、仲間達が来れば仕事をほっぽってまで遊ぶし
年がら年中発情期みたいなもんだし
どうしようもないろくでなしに本当に見えます

だけど、真知子がいなくなって探しに来た時からのカズさんの表情ががらっと変わっていき
それと一緒に苦悩の表情が強くなっていきます
腹を切られて真知子を捜すシーンは圧巻です
魂の繋がりを感じました
そして、やっぱりまたこの映画でも死ぬわけですが
今までの映画で死ぬシーンはあっても、死んでいく演技は初めてではないでしょうか
それと、情熱大陸で真知子を見つめるシーンで、音楽にあわせて顔でリズムをとったら
NGになったところは、それでも小さく顔が動いていたように思います
監督はその演技は邪魔だと容赦なくNGを出したようでしたが、結果としては小さい表情の変化程度の動きが入っていました
きっと、そこも含めて恩人である、廣木監督と悩みつつ作り上げた映画だと思います

高良健吾は素晴らしいです
ますます惚れ込みました


鈴木杏さんについて
彼女は子役時代からのベテランで、演技がどうとか言うこともなく素晴らしい結果を出してくれていました
彼女のポールダンスも素晴らしいと思います
きっとたくさん練習して、努力したのでしょう
足の爪がはがれたとも聞きますし、劇中で腕に痣があったのもその成果かと思います
彼女の体当たりの演技、恐れ入りました

彼女の声がこの真知子にとてもあっていたと思います
ただ、色っぽいだけではなく、幼くもあり扇情的でもあり理性的でもあり
いろんな表現を声がしています
それは高良健吾もそうですが、特に杏さんは声の表現力が素晴らしいと思いました


映画は、今日見ることができたのですが
また是非とも映画館にもう一度足を運びたいです


っていうか、行かねばなりません

パンフレットが売り切れていたんですよ
昨日公開なのに、そんなことってありですか?
まじですか??です
パンフレット、楽しみにしていたのに、まじでぇぇぇ?です

ホントにもう。。。。

で、軽蔑のパネル展があっていると聞き楽しみにしていました
私が見たのが朝の9:05からで、映画館スペース以外はまだ閉鎖されていおり
パネル展ってくらいだから、大きなパネルを想像して、ざっと見渡してみたのですが見あたらず
きっと後からオープンされる場所で公開されているのだろうと思っていました

で、映画が終わって回りを探しても見あたらず、係員の人に尋ねようとしたらパンフレット売り場の横にありました

ちーーーさなスペースでした
えぇ、大きなパネルじゃありませんでした

こんな感じ

17


その横にはサイン付きポスターがありました

人が目の前をよく通るので、こんなで。。。

22

それぞれにサインのアップです

まずは廣木監督
わりとかわいい字を書かれるのですね

19


続いて、鈴木杏さん

18

このTジョイ博多様ってのは誰が書いたのだろう?


最後は高良健吾(らぶ)

20

えっと?高良健吾のサインの横に何かのフィギュアが写ってます
何だろ?つか、なぜ?www




ちなみに、Tジョイのフレッシュジュース系のストロベリーヨーグルトがおいしかったです
次回もあるといいな~(高いけど)



最後に
私の意見はさておき
皆さんの受け止めた軽蔑を楽しんでいただきたいと思います
そして、とりとめのない長文駄文に最後までおつきあいいただき、ありがとうございます

軽蔑を応援していきましょう!








 

陽子と和成のそれぞれのプロポーズ

今日のおひさま

どれだけのファンが涙したことか
えぇ、私もそのひとりです

陽子のまっすぐな思いと、和成さんのそれを包み込むような優しさ
その和成さんをあったかく見守る大人達

本当に素晴らしいプロポーズでした
それをそっと後押しした須藤お父さんと丸山ご両親
こんなステキな方々が親戚になるなんて、陽子も和成さんも幸せです

陽子の「え?」の四段活用もよかったです
井上真央さん、さすがですね
このまま高良健吾の嫁になっちゃえ~!って思いますwww
つい最近まで、谷村美月ちゃんと結婚しちゃえ!って言っていた私ですがwww
それほど、この朝ドラでの二人がしっくり行ってすごくステキに見えるのです
最初、井上真央さんの夫役かー。うーん、なんだかな?って思ったのですよ
イメージが沸かなかったというか
だけど、初回から毎回見ているうちに、陽子がとても好きになり
自然と高良健吾の登場と同時に二人がしっくり見えてきたのですね

本当にすてきなドラマです
よくぞ、高良健吾に和成役のオファーを出してくれたと、朝ドラ関係者の方々に
深く深く感謝したいと思います
高良健吾の良さを気づいてくれてありがとうございますと感謝します

今日、お友達の薦めでステラを買いました
ぐっときました
で、インタビューの内容も高良健吾がどれだけ真摯にこの仕事に取り組んでいるのかが
よく伝わる文面で、彼のまじめさに再度うっとりしてしまいます


その存在が自然な場面を作る役者になってきたと思います
高良健吾とは、そんな俳優です

軽蔑 初日です

http://news.walkerplus.com/2011/0604/14/


とうとう初日を迎えましたね
舞台挨拶に行けたファンの方々、高良健吾はいかがでしたか?
さぞ麗しかったことだと思います

だってこんな笑顔。。。




私は明日見に行くのですが、とある用事が入って行けないかも?でしたが
朝の時間だと間に合うので、仕事休みなのにいつもと変わらない時間に出発です

で、あのネックレスまたつけているのね
お気に入りなのね
かわいすぎるんですが。。。


明日、大急ぎで映画見て帰るけれど、思い切り堪能するわよ
軽蔑のカズさんと、おひさまの和さんに癒されてきます

いざ!

おひさまの花たち

おひさまの特集番組で見た話

このドラマに使われている花々たちは、プロの方が演出されているようだ
例えば、きれいな川の流れの中に咲く、小さな花のような植物だとか
一瞬でカメラアングルが変わるようなその瞬間に、咲き誇る花たち
それらがきれいで、このドラマのもう一つの着眼点になっている

先日の陽子と和成のお見合いの席で、和成の後ろに飾ってあった花も
質素であっても凛としてきれいだった

そういう小さな心配りが、このドラマの魅力だと思う


和成の笑顔以上にきれいな花はないのだけれど

なんちゃってwww

和成さんの一挙手一投足を観察する

今週からおひさまに高良健吾が出演するようになって
毎日がわくわくしてどうも落ち着かない

そして、高良健吾が演ずる和成さんの一挙手一投足を
多少挙動不審気味になりつつ観察するのが日課である

そして、あーだこーだとつっこみながら、結局うっとりするわけだ
今日もまたあれこれ言いつつおひさまを見て、そしてやっぱりうっとりした


赤紙をもらった時の横顔の美しいこと
悟りを開いたようなその笑顔のかなしいこと
そして、出征する前にもう一度陽子に会いに行くところ
やさしさを込めた和成さんの作ったおまんじゅうのおいしそうなこと
子供達に囲まれて、またもや耳が赤いところ
陽子と落ち着いた雰囲気の中、言葉はなくても心が通い合うところ

どれもこれも高良健吾の穏やかな演技が際だっていた



おひさまに出演した後から、高良健吾を検索する人たちが増えている
「あの俳優は誰?」って声がよく聞こえている
うまい具合に、今週末から軽蔑が公開されるけれど
おひさまの和成さんが好きになった人は、和成さん=カズさんって「は?」って思うのかも

そのギャップにぜひとも萌えていただきたいものであるwww


そうそう
おひさまDVD-BOX1が予約開始したそうだ

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%81%B2%E3%81%95%E3%81%BE-%E5%AE%8C%E5%85%A8%E7%89%88-DVD-BOX1%E3%80%90DVD%E3%80%91-%E4%BA%95%E4%B8%8A%E7%9C%9F%E5%A4%AE/dp/B0053N64HW%3FSubscriptionId%3D1PGV4GGGAXZ1AMXAKKG2%26tag%3Da_si-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB0053N64HW


毎回録画したおひさまをDVDに焼いて保存しているけれど
やっぱり欲しいって思う

高良健吾が出るのはDVD-BOX2以降かな



初回限定などあるとうれしいヽ(´▽`)/

和成さんの誠意

なんてステキな青年なんでしょう、和成さん

結婚する相手がお蕎麦が好きだといいって程度の軽い思いだったことを反省したのでしょう
最初の頃は陽子に暖かい笑顔を向けていた和成さんだけど、徐々に表情が曇っていきます
あの短い時間の間に、陽子に惹かれていったのでしょうね

なんと誠実な男性なんでしょう
陽子の生徒達の話も真剣に耳を傾け、陽子の苦悩に理解を示す
なかなか出来ることではありません
ステキな男性です
その人柄に陽子も須藤のお父さんも気がついたようですね


縁談を断る和成さんのなんとステキなこと
これもまた、なかなか出来ることではないと思うのです
本人を目の前にして「丸山家」から申し出た縁談を、和成自身で断るなんて
一歩間違えばとっても失礼な話になることを、なんと誠実に自分の思いを伝えるのでしょう
あの真剣な表情に、きっと多くの人が「ぐっっ」ときたと思います


和さん……
土下座している時、また耳が赤かったわね
萌えたですよ。。。



それにしても
おでこに力が入ると、眉毛からおでこに血管が二本浮き上がるのね、和成さん
それが、なんだか触角のように見えたわ……(*´Д`*)

ステキ

うわぁぁぁ

http://news.walkerplus.com/2011/0601/7/photo00.html

取り急ぎこれだけ!


撃沈!!!

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »