フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Coldplay Viva La Vida | トップページ | Live at Fuji Rock Festival '11 »

今宵・ロックバーで

今夜は、高良健吾がラジオに出ておしゃべりをしました
今宵・ロックバーで

その中で高良健吾が選曲した歌です


スピッツ 渚

この曲は、高良健吾のお兄さんからプレゼントされたそうです


GOING STEADY 童貞ソー・ヤング


Number Girl   IGGY POP FAN CLUB


私、スピッツしか知りませんでした
音楽の趣味は、高良健吾とまるでかぶりませんね
ちょっと寂しいっす




で、高良健吾が生まれた年にヒットしたというU2の曲なら知ってました
U2大好きですし




これは、高良健吾選曲じゃなく、岡田さん選曲です
高良健吾もU2は知っているそうです
名前は知っているって程度っぽい反応だったような。。。
私、ボノのボーカルが好きなので、これが流れてテンション上がりましたww

今夜のラジオはAMで放送だったのですが
私、FM-NHKだと思いこんでまして、念のために新聞みたらAMですって
思いこみってダメねwww
だけど、再放送はFMだそうです
AMはやっぱりノイズがひどく、リズミカルなノイズが入りました
なので、FMでリベンジします

私の場合、ラジオを録音する媒体がMDなので編集もできません
どっかのマニアだったらMDを編集するデバイスを持っているかもだけど
あいにく、私の周辺にそういうマニアがいないのですよね
せめてCDに落としたいです
そしたらi-podに落とせるのに。。。

« Coldplay Viva La Vida | トップページ | Live at Fuji Rock Festival '11 »

高良健吾」カテゴリの記事

コメント

私もラジオ聴きました。ほんとうによっかったです。彼の音楽に対する熱い気持ちが聞けて。そしてリラックスしたときの彼の声が美しいことがわかって。もっと聞いていたかった。
でここからが私の妄想。

彼が1番なりったかったのはロッカー。でも緊張Cのせいで夢がかなわなかった。
でも多分夢あきらめたわけじゃないんだ。彼のブログをみると感じるんだそんなこと。

妄想2

やっぱりラジオやってほしい。
昨日の岡田さんの役目を健吾くんがやって健吾君の映画界 音楽会のお友達を読んできて対談。
そんなラジオ番組やってくれないかな。斉藤 和義さんとか サンボマスターの近藤さんとか。
実は 2人とも栃木県人。

高良健吾はバンドをしたかったと言ってます
していたのかな?少しは?どうだっけ?
で、それは映画で経験することが出来たって言ってます
フィッシュストーリーでボーカルをやってますし
ソラニンでも歌ってましたし、BANDAGEでもバンドのメンバーだったし
映画の配役という形で夢を叶えたってことですね
彼の音楽の好みは、昨日のラインナップを聴いた限り
どちらかというとインディーズ系が好きのようですね
和製パンクロックとでも言うのかな
私は得意分野でないのですが、高良健吾がすきっていうなら
聴いてみようなかって気分になりました

で、ラジオ番組を担当ってのもおもしろいですね
顔が見えない分、言葉で説明しようとしてくれているようでした
せっちゃんがゲストもいいですね
フィッシュストーリー繋がりで、ゲスト第一号でお願いしたいですww

映画音楽についても考えるようになっていくといいですね
自分の好みの音楽だけでなく、その映画における世界観を
どう音楽で表現していく…的な
映画をたくさんみているようなので、そういうこともおそらく考えているでしょうね

なんて、私も高良健吾が音楽についてどう考えるか、と妄想してみましたww

質問です。私 ソラニン 原作読んでないんでわかんないんですけど、卒業ライブで歌うラップ風青年の主張みたいなのあるじゃないですか、実は私あそこが一番好きなんですけど あれは原作にあるんでしょうか もしないとすればあれを作ったのはだれなんでしょうか?

ラジオ良かったですね。あっという間に終わっちゃいましたが。
お兄さんとは聴く音楽が違うかもしれないですが、
多少は影響を受けてるかもしれないですね。

俳優業で音楽にも携わることができるなんて世界が広がりますね。
次回のアクチュールでは写真が見れますし。
可能性は最大限に生かしてほしいです。

>meさん

私もソラニンの原作は読んでないのでわかりませんが
http://www.youtube.com/watch?v=di_G7UhfLhQ&feature=BFa&list=PL3F644CD46EEFB3A4&index=3
この1:01あたりは、その卒業ライブの風景に見えます
原作を大事に映画化されているようなので、卒業ライブのシーンは
創作ではないんじゃないかなと思いますね
それに、原作者のいにおさんが「あのシーンが種田の重要なシーンだから」と
おっしゃっていますので、原作でもあったシーンだと思います
「いいっすか?超不謹慎なこと言っていいっすか!」ってところ
あれ、いいですよね

あぁ、それにしても種田rottiのソラニンCDが欲しい。。

>メッコさん

アクチュールで写真が出るんですか?
それはまた買わねばですね
雑誌は手を出さないって決めていたのに、どんどん増えています、私の蔵書。。

ラジオあっという間に終わりましたねぇ
お兄さんからCD買ってもらう話はかわいかったですね
影響は多分受けているんでしょうね
かわいい

実は 私あそこが一番好きで 私のあそこが種田なんです。だから本当は回想シーンではなく。冒頭にもってきてほしかった。
ところで、ソラニンまた人気みたいです。草食系男子のバイブルになっていくのかな。うれしいことです。
健吾君のソフトは本当にどれも質が高い。そういえばyou tube覗くと英語と中国語のコメント多いです。
実は 日本より外国のほうが有名だったりして。あと びっくりすることに 軽蔑 再生回数 30万回 超えてます。ソフトが出たらとんでもないことになりそうです。白夜行もソフト出たら評価うなぎのぼり。
もちろん映画は映画館でですが テレビのハイビジョン化で 日本の映画文化を表すのは 興業収入でなくレンタル収入ってことになりそうです。
恐ろしべきおひさま効果。

白夜行はアメリカで評価が高いそうですね
昭和な暗い感じがいいようです

ソラニンの台湾舞台挨拶のインタビューも
ほぼ全編youtubeでアップされていましたものね
なので、中華圏での評価も高いと思いますよ
まぁ、宮崎あおいさん効果もとても高いとは思いますが

ソラニンは私も大好きです
そのうちゴールデンタイムでテレビ放送もあるかと思います
その時「和さん?」って気がつく人が多くなってくるかなって想像すると楽しみです

忍たま乱太郎 見てきました。子供むけの映画ですが大人がみても十分楽しめる。
日本映画ここにありという感じです。しつこくない桐谷君はじめてみました。
健吾君もきっとこの映画好きだよ。

忍たま乱太郎ですか
公式サイトを見てきましたが、個性豊かな俳優陣が脇を固めていますね
で、桐谷健太が出ていました?
大御所と言われる俳優たちが思い切ったコスプレ?をしてますね
それだけでもそうとうおもしろそうです

やっと白洲 次郎を手にいれて 見始めています。しかし健吾くんの英語の発音のうまさにちょっとびっくり ちょい役ならアメリカでも十分通用しますね。違和感ないんだもん 健吾君が伊勢谷さんに代わっても。彼がキリスト系の学校出身であることと関係してるのかな。それとも英語科出身?
多分彼は耳がいいんだと思う。それは、彼が本当に方言を上手に表現できることからもわかる。
軽蔑 白洲次郎 おひさま自然なんだよ。言葉が。
実は私 出身がおくりびとのモデルになったところで、ごめんアカデミー賞にけちつけるわけではないが
ひどいんだよ。言葉が。ぜんぜん違うんだもの だからなかなかはいっていけない。
彼が地元の人に愛されているのもこんなところに理由があるのかな。廣喜監督の教えかな。監督福島出身ですマツケンは青森出身 多分東北出身初めての主演。健吾君もそうなんだけど役者には地方出身者のほうが向いているような気がします。

白州次郎もかっこいいですね
反骨精神が剥き出しだけど、実は上質なおぼっちゃま風で
短い時間でしたが、なかなか良いと思いました
その後の大人の白州次郎にうまく繋がっていると思います

で、高良健吾は英語はあまり得意ではないと思います
ウルルンでtomorrowとyesterdayを混乱していたのは有名ですし
まだあの頃は高校を卒業したばかりですし、緊張もしていたのでしょうね
その後は英語もいろんなことを努力しているのだと思いますね
方言と言えば、時々ブログにちらっと出ますが、インタビューなどで方言は
あまり使わないようですね
福岡、佐賀、熊本のいろんな方言が混じっているでしょうし
福岡でも方言は各地でかなり違っていますし、きっと方言もミックスなのでしょう

何か機会があったら熊本の方言でしゃべってほしいですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今宵・ロックバーで:

« Coldplay Viva La Vida | トップページ | Live at Fuji Rock Festival '11 »