フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« おひさま  よき人生を! | トップページ | 僕せかインタビュー »

僕たちは世界を変えることができない

友達と「僕たちは世界を変えることができない」を観てきました

映画の日だったし、主演が向井理さんだからか?劇場はほぼ満席でした
私はそこそこの席を確保できたので、映画をストレスなく観ることができました

この映画を観ようと思ったのは、窪田正孝くんが出演していることと
榎本ファミリーの佑さんが出ていること
それと、この原作をそもそも知っていたからでした
この原作を知ったのは、何年前だったか忘れたのだけど
当時、メディアでパーティで収入を得てカンボジアに学校を建てた医大生の話
として紹介されていたのですが、当時は「へぇ」と思った程度でした
その後、高良健吾が同じようなテーマの映画「マジでガチなボランティア」の
ナレーションをすると知って、この話を思い出したのでした

映画の内容は、物足りない思いを抱えた学生がカンボジアに学校を建てるという
目標を見つけて、それに奮闘していく。。。といったことなのですが
そもそも、なぜカンボジアなの?という疑問など、とても動機としてあいまいな出発で
旅行気分で訪れて知ったカンボジアの歴史、今の現実を通してショックを受けます

カンボジアの歴史を何も知らずにこの映画をもし観たら、少しショックを受けるかもしれません
ポルポトについて、少しだけでも予備知識を入れてご覧になった方がいいと思います
明るく楽しい映画ではありません
映画より、ドキュメンタリー番組のような印象でした
カメラアングルもそれを意識して撮られているようでした
私はポルポトについて多少なり知っていたのですが、それでも目をふさぎたくなりました
残虐なシーンがあるわけではないのですが、心が痛みます

カンボジアから帰国して日本との対比に呆然とする彼らがリアルでした
逃げてしまいそうになる心の描写がよかったと思います
それが本当だと思いますので


僕たちは世界を変えることはできない
but we wanna build a school in cambodia


このタイトル通りの映画でした
この、but we wanna build a school in cambodia がこの映画の主題ですね

いい映画だと思います
多くの人に観てもらいたいです






で、小さなネタバレですが
窪田くんの亀腹は健在でした
一人だけ立派な亀腹ですwww



映画を見終えて遅いランチというか夕食に、鼎泰豊(ディンタイフォン)に行ってきました
まだギリギリランチタイムだったので、海老炒飯セットを食べました
おいしかったです~!

Photo

小籠包を一個食べた後ですww
あつあつ、うまうまです

Photo_2

炒飯パラパラでおいしかったです

この博多店は、JRシティのダイニング「くうてん」に入っているのではなく
阪急の5Fに場所を構えているので、くうてんほどの大にぎわいがなく
多いときでもそんなに待たずに入れます
昨日は時間も中途半端だったからなのか、ガラガラでした

なので、ゆっくり映画の話をしながら食事ができました
おいしい時間を誰かと共有できるっていいですね



今年も我が家の金木犀が開花しました
甘くいい香りが癒してくれます

Photo_3


今年も咲いてくれてありがとう
秋も急に深まってきました
金木犀が大好きです



« おひさま  よき人生を! | トップページ | 僕せかインタビュー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

僕せか、鑑賞記すばらしい~よく書けてます。
ますますもう一度見たくなりました。

金木犀ってお風呂に入れたりしないんですか?

ディンタイホン、東京のデパートで利用しましたが、あまり感動しなかったんですよね~
台北のとは別物のような気がします。
でもこれは美味しそうです。

ふふ、よく書けていますか?ww
高良健吾が出ていないので、割と冷静に映画を観られますww
誰かに注目していると、全体が見えない場合が多いので

で、金木犀をお風呂にですか?
ネットに入れてでないと掃除が大変っすね
体中から金木犀の香りがしてよさげです

小籠包はお店の人が「熱いけれどすぐ冷めるのでお早めに」と言った通りで
おしゃべりしながら食べていたら冷めるのが早かったです
あつあつはおいしいけれど、冷めたらふつーですねw

桂花珍酒は良い香りがしますけど・・・
飲めない私もこれならちょっとだけ飲めます。
金木犀の花をお風呂にですか?家に木がないと無理ですね。

ご近所の金木犀が香ります。
秋が来たな~^っと思います。

今日から毎朝健吾がなくて・・・
「ボックス」を見直しています。
2回目も面白い。訳分かってきてまた楽しめる。
映画としてもなかなかのものですよね。

健吾観賞だけではなくね・・ふふ。
毎朝見れないので半分・・自棄。
って、たったの1日なのに禁断症状。

我が家の金木犀はまだまだいい香りを出してくれます
ただ、お風呂に入れる為には何かネットがないとダメなので
今夜はお外でいい香りを出すだけです
お茶パックがあったはずだけど、どこにしまったかなぁ

で、ボックスも最高ですよね
市原さんが主役なので、どうしても彼よりの作品なのですが
それでも高良健吾の作り方がすごく良いので、監督もきっと彼を気に入ってくれたのだと思います
カブちゃんを倒した時のあの目力、そしてその時のマウスピース!ww
いいでしょう??

えっと、毎日健吾生活が終わったことについてですが
ふんとに寂しいです
本気で寂しいです
喪失の秋です。。

今 外はすごい雨です。 アクチュール見てきました。健吾君の絵はブログに似てます。

星の王子様。大好きな本です。

私の寂しさ解消法。

健吾君の映画の中で私にとっての名場面集があります。

例えば、ケンタとジュンなら初めて、多部ちゃんとデートするところから上手くいかなくてケンタ君の所に戻ってくるまで。BANDAGEならユキヤが20歳の戦争シンセギターで演奏しているシーン。白洲次郎なら健吾君のシーン全部。フィッシュストーリーなら逆燐のシーン。蛇とピアスならアマとルイが焼肉食べてるシーン。そのときの気分によって作品は変わるんですが、1番の解消法になってます。

「ボックス」
原作も知らなくて多分、カブちゃんが主人公なんだろうけど。

でも、私にとって、主人公はゆうちゃん。
少なくとも二人主人公です。
カブちゃんだけではあの物語はできませんよね。
カブちゃんとゆうちゃんのお話だからこそと思います。
監督さんもゼッタイ、高良健吾の良さを認めての作品だと思います。

確かにマウスピースをはめたアヒルさん・・かわいい。
目力・・・これはやはり、いつでも彼のよさですね。

「おひさま」じゃないけど、悪い人の出てこない映画って・・良いな~~。

>meさん

寂しさ解消法をお持ちとはいいことです
どのシーンもとてもいいですね
ケンタくんでは、女の子をちゃらくナンパするジュンもなかなか見物です
松田さんとの共演はぜひ実現して欲しいです
できたら時代劇がいいです

>simaさん

アヒルさん、かわいいですよね
目が激しい闘志を燃やしているのに、おくちがアヒル。。
ギャップ萌えっていうんでしょうかww

悪い人が出てこない作品、こてこてのラブコメが見たいですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕たちは世界を変えることができない:

« おひさま  よき人生を! | トップページ | 僕せかインタビュー »