フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 月の峠 | トップページ | 47 Ronin »

情熱大陸DVD

情熱大陸DVDが届きました
本編はオンエアで見たので、割愛いたしますが
私が去年つぶやいているのはこちらにありますので
興味のある方はどうぞ

http://sugartime-yuko.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-6eed.html

ちょっとしたネタバレもありますので
これから見るかたはスルーしてください





まずは、DVDをスタートして、あのテーマソングが流れます
もう、この時点で目が潤んでます、私
しかも、お風呂に入っている高良健吾がバックって何これ?ですww

落ち着け落ち着けと沸騰しかけた脳に指令し、特典映像をチョイス

役に入る俳優としての瞬間や
普通を主張する青年としての横顔だとか
そういうことをまとめた特典映像

あ、この服はあの時のだ、だとか
あのインタビュー記事の時だとか
私の記憶が繋がるというか
リアルタイムで知ることはできなかった、その時の高良健吾の言葉が聞けます

本編ではカットされていたシーンで印象的だったのは
暑いのと寒いのとどっちが好きですか?との問いに
「どっちでもいいっすね」と答えて本編は終了
ところが、その続きがあって
「けっこう四季があるのってステキなんだなって」と言い「秋が一番好き」だそうだ
これ大事だと思うんだけどな
どっちでもいいっすねだけじゃ、投げやりな印象だけど
その後に四季があるのがステキなんて表現、いいなって思う

いろんな現場の裏側をこの特典映像では見ることができました
例えば、映画でよく死ぬ役が多いのだけど、それをカウントしたことはなかったのだけど
死亡6回(うち自死2回)殺人8人レイプ3回
だそうだ
こうやってデータとして見ると、ホントにしんどい現場が多かったのだと理解できる
楽しいはずはないものね、殺人なんて特に

悩むと彼はよく言うけれど、その悩みとはどういうことなのだろう?と思うのが
この特典映像を見ると少し見える気がする
ただ、それは見た人それぞれが感じることで
それで高良健吾の悩みを理解しているとは言えないと思う

手を見るシーンの意味の重さも少しだけ知れたのかな?と

漠然と知るといった感じだろうか

終わったものはしょうがない
だって、その時精一杯やったんだから
その時のベストを尽くしたんだから
あの時こうしておけばよかったと考えるのは時間の無駄かな

この言葉に至るまでの、高良健吾の心の成長に感動しました

まさに、私が日頃から考えることで
あの時こうしておけばよかったとよく思い詰めるのだけど
そうか、その時のベストを尽くしたんだ、私は
だから考えたってしょうがないんだって思うようにしなくては、と教えられました
あぁ、私も乗り越えなくてはってね

で、とにかくお楽しみ映像が盛りだくさんで楽しかった!
録画していなかった予告編のハナビのシーンもあった
あったどころか、手のひらにハナビを乗せるイメージだっただとか
新潟での子供達との交流だとか、見ていて微笑ましいところがたくさん
「けんごちゃ~ん」
「ん?」ってwww
「ん?」ってwwwww
子供からまでかっこいいって言われて、しかも「どうやって寝るの?」とかww
もうたまりません

最後に

俳優になりたくてたまらない人が世の中にたくさんいる中で
何となく役者になっちゃってやってていいのかな?って思っている人が
朝ドラ出たり、軽蔑の主演に選ばれたりとかって
結構ムカつくかもしれませんよ?
って問いに

でもね、僕はそこは自信がある
やること変わんないもん
やっていることは一緒
そんなん言っててもやるもん

って射抜くような表情で言う姿にドキリとした

高良健吾の、仕事に対する絶対の責任と自信を見ることができた
これを知ることができただけで、このDVDを見た価値があると思います

この特典映像を見せてくれてすごくうれしい
情熱大陸、すごくステキな特典映像ありがとう
感謝です



« 月の峠 | トップページ | 47 Ronin »

高良健吾」カテゴリの記事

コメント

アタシも再生した瞬間込み上げてくるものがありました。
本編に収まりきらなかった 高良健吾の想い 素顔。
この特典映像が見れて嬉しかった。

情熱大陸のスタッフの方もどうしたら高良健吾が引き出せるのか、
苦労したというか、悩むというか、毎日頭を抱えたのではないでしょうか?

yukoさんが気になっていたハナビのシーンもありましたね!
手のひらの乗せたハナビ
指差した先のハナビ
良かったです。仲良くなったあっちゃんにもお礼を。
あんなカワイイ高良健吾を見せてくれて ありがとう。

そして、地元熊本のパワースポットへ行った時、
ここはなんでいう山?ていう問いに、
「わかんない、、、」ww
自分がイイと思ってる場所の名前なんて知らなくてもいいんだ。
一面に見える風景が高良健吾にとってのパワースポットなんだと。

もう、何回見ても、毎日見ても飽きない。
ほんとにこのDVDを発売してくれてありがとう。

情熱大陸のDVD見ました。本編のほうは、放映当時、録画して、20回以上は見たので今回は特典映像だけ。本当にいいと思います。できれば、2週連続で、放映して欲しかった。でも、あの頃の知名度では、無理だったのだろうけど。「けっこう四季があるのって素敵だな。」のカットはないと思う。
彼の悩みについても、手を何度も見るシーンについても、番組の中で結論付けてはいないのだけれど、私もyukoさんと同じように思った。見ている人が感じればいいこと。

新しいCM見ました。今までの、CMに比べて、関東地区では、流れる確立が高いような。もうyou tubeでも見れますね。おひさまが終わって、いくつものCMを見てきましたがどれも、個性的で素敵です。

今一番楽しみにしているのは、大地のファンファ-レですかね。できれば、前向きになれるドラマがいい。勝手に、ばんえい競馬のボックス篇だと思ってるのですが。主題歌が、竹内まりやさんだ。なんて記事をブログで見つけました。NHKさん力入っている。

私は、おひさま和さんからなので、今まではYouTubeで見ていました。
あの情熱大陸に出ていたのね、知らなくてごめんねって気持ちで。

ですから今回、特典映像付きのDVDが発売されて、とっても嬉しかったです。
いよいよ私の手元に来てくれて・・・あのテーマソング聞いただけで、ぐっときちゃいます。
30分番組に7ヶ月もの密着取材というのにも驚かされました。

高良君、トントン拍子だねって言われるけど・・僕はトントンと芝居してきた記憶ないですって、いつか言ってたけど・・・
そんな現場での様子を少しだけ覗かせてもらえました。
花火の場面、子供たちとの可愛いやりとりも良かったです。

あと、飛行機の窓に熊本の景色が現れた時の嬉しそうな笑顔が印象的でした。
熊本にいる時は、ホントにいい表情していましたね^^
あの時以来帰っていないのかしら?
忙しそうだけれど、たまには帰ってゆっくりできるといいねって思いました。

ステキな特典映像に感謝です!
知れば知るほど愛しくなり、ますます応援したくなりました。 けんごちゃ~んww

今日2回目のコメントです。ソラニンのブルーレイの特典映像見ました。これは、去年の9月に発売されたメモリアルエディションの特典がそのまま入っており、通常のDVDより、メーキング等が長いです。実は、通常のものも、持っているのですが、この長いメーキングがどうしても見たくて、贅沢をしてしまった訳です。
私が健吾君に初めてお会いした作品ですので、相当思い入れは強いのですが、本当に良いメーキングで満足です。健吾君盤のソラニンは、ちゃんとしたバージョンは、入っていませんが、音を取り間違えた所を直す、シーンはあります。その後ろに流れています。また、カットされたシーンもあって、最初の2つは入れて欲しかったな。種田がもっと、深くほりさげられたように思います。

やっぱり、種田は死んでしまったけど、好きですソラニン。

そして、今、普通に生きてる、若者たちの映画もやって欲しいな。

>メッコさん

情熱大陸のスタッフさんたちの高良健吾へのアプローチは難しかったようですね
あんなに人に気を使う高良健吾だけど、そう易々と懐へは入れなかったようで
ハナビのシーンもよかったです
新潟だろうとは思っていたけれど、おにいちゃんのハナビの皆さんが回りにいてくれて
なんだかすごく嬉しく思えました
それと、好きな場所の名前は知らないってのもほっとするシーンですね
確かに地元でよく行く場所で地名は知らないってところはありますもん
あぁ、かわいい

>meさん

彼の悩みを理解するなんて、そう簡単にできることではないです
だけど、そうなのかな?と察することはできて、その感じ方は千差万別だってことですね
ご賛同いただき、うれしいです
四季があるからステキを本編で消したのは、ウケねらいだったのかもですねぇ
「僕は~~」とためて「どっちでもいいっすね」ってところで切るとノリつっこみ風にも見えます
と、分析してみますww

ソラニンの種田ver.はアジカンとは全く別のもので、あれこそソラニンだと私は思いました
子供と青年の合間を脱しきれない、そんな種田ver.があるからこそ、あの映画は成り立つと
大人になるってどういうこと?と考えてしまうのがあの世代なのかなとも思います
カットされた就職していく勝ち組バンド仲間に食ってかかるシーン、あれはなかなかよかったと思います

>アコさん

おひさま和さんはあの時まだこの世にいなかったし、あの頃は「この人だれ?」を
情熱大陸でも押していたような感じでしたからね
知らないかもしれないけど、この青年いいでしょ?って番組を作ってくれたようですので(*^-^)

あの飛行機のシーンはいいですよね
身を乗り出している時のかわいい笑顔、すごくいいです
熊本にはわりと頻繁に帰っていたようですが、最近はどうなんでしょうね
彼の実家が今は福岡に引っ越しているし
でもご両親が福岡にいても故郷は熊本だって思うのでしょうね

情熱大陸 DVD申し込みました。特典が素晴らしいみたいですね。楽しみです。
あと新作映画情報です。今日、森山未来くんとロケしていたようです。
どんな作品かわからないですが芥川賞(苦役列車)みたいとの話です。
ロケ現場をたくさんの人が見ていたみたいですので信憑性は高いのかな。

え。苦役列車ですか?
これまたなんともかんともな作品ではないでしょうか?
まだ読んでいないので、その程度の印象しかないんですが 汗
読むのがキツイイメージがあります
主役は森山さんでしょうか?
文学作品系統が続きますね
気合い入れて読書しようと思います
お知らせありがとうございます!

情報大陸特典見てます。最初の台湾のところまで。本当に最高ですね。
そして表情がかわいすぎ。坊主も帽子も似合いすぎ。夜、ボール投げてるところかっこいいし。
やっぱり健ちゃんは魔性の男だよね。やっぱり声が好きなので写真集よりこちらがお気に入り。
明日は本編も見ようかなって。それにしても素の健ちゃんは誠実でステキすぎますよ。
今よりも一層好きになったみたい。

よくわかります
これをみると、ますます彼の魅力が伝わりますよね
台湾での写真を撮っている姿もかわいいし
仲良しのスタイリストさんに向けてふざけた顔をしているのもいいですね
情熱大陸って、毎週たくさんの方々が出るけれど
これだけの長い間、密着して撮影しているのですね
頭が下がります

やっと私も情熱大陸みました!
高良君に限らず、好きな人の情熱大陸はDVD買った方がいいかもしれませんよね。
だって、半年近く密着して、テレビで放送されるのはたった30分。
そのほかのお宝映像、世の中に出さずにいられようかっていう特典映像でしたよね。

これはおひさま和さんの前の話だけど、
おひさま和さん以降でもう一回やってほしいな。高良君なら2回でても…なんてダメですかね。

あとは、特典映像の中の「ちょっと小休止、高良君のかっこいい映像」ってところで
「ありがとうございます」と思いましたw

あと、長くなっちゃうんですけど、自分の日記にも感想書いたので
ここにコピらせてもらいますw

以下本文です。

=====
なんだか、今まで、高良君の役者としての演技力、存在感も好きだったけど、それでも単純に「かっこいい!」と見ているところがあって、

でも、情熱大陸を通して、

「オレ、フツーっすよ」
「悩みなんて誰でもあるっしょ」

といいながら、ネガティブな発言はカメラの前ではしないけど、
なんていうか、

若干23歳(今は24になったけど)で、死んだりする難しい役とかをいっぱいやって、いっぱい悩むこと、抱えてていることがいっぱいあるんだろうと思った。

特典映像の中で、

「オレが俳優やってていいのかなと思うときがある」という高良君に、
情熱大陸の人が

「俳優になりたいと思う人はたくさんいると思うけど、そんな中で、
『やってていいのかな』と思う人が俳優やってて、むかつく人もいるんじゃないですかね」

というようなことを質問したとき、

高良君はきっぱりと

「オレ、それは自信あります。やってますもん」

「嫌いだから、やってていいのかなって思うんじゃなくて
好きだからこそやってていいのかなって思うこともあると思う」

バカにすんなって感じだったよね。

現代っ子、チャラい若者に見えるけど

でもちゃんと、役者としてしっかりやってるんだって改めて思った。

やりたい人はたくさんいるかもしれないけど、

才能があって、真剣に向き合って、好きで、やってるんだ、高良君は。

特典映像で、「軽蔑」の撮影中、

情熱大陸のカメラに向かって、目で「とるな」と合図をした。

その時の目は、怖いほどに役者の目だった。

高良君は、人を引きつける、役者としての才能を持って
この道に導かれてきたんだと思う。

まだ若いのに、精神的に追いつめられることもたくさんあるだろう。

だけど、本物の生身の高良君には、ぜひ長生きして
幸せにいきて欲しいと思った。

=====

私も先ほど見終わりました。
ほんとにファンなら見逃せない映像ばかりでしたね。
彼が考えていること、色んなことが伝わってきました。

特典がほんとに素晴らしくて、こっちを本編にしてもらいたかった…
時間の関係上、編集するとあれが限界なのかな。
削ってほしくないなと思うところがたくさんありました。本編だけだと、なんか消化不良な感じで…
両方見ているからそう言えるのかもしれないけど。

でもとにかくDVD化には感謝です!!たくさんの人に見てもらいたいな(^o^)

>とっぽさん

日記の内容に、私も同じ思いをうけました
彼は見た目もちゃらい若者ですが、カメラが回っている時の彼は
責任を取ることができる大人の社会人であるのですよね
カメラが回っていない場所での葛藤も、すごくあるからこその高良健吾なのです

で、最後におっしゃった「生身の高良君には、ぜひ長生きして幸せにいきて欲しい」
という言葉に感動しました
私もそう思います
幸せに生きて、自分の生活を大事にして欲しいです
おじいちゃんになって、例えハゲていても応援しつづけていたいですww

>maakoさん

そうなんですよね
本編をみただけじゃ、なんとなく消化不良っていうか
もう少しあと少しって思っていたところが、この特典で満足できましたよね
いえ、欲張るならもっと観たいのですが
たくさんの人にぜひ手にとってもらいたいですね

>おじいちゃんになって、例えハゲていても応援しつづけていたいですww

ハゲてる高良君…想像つかないですねw

本編の冒頭で、「西郷輝彦に似てるよね」ってシーンありましたよね。なんか、うちの親も「西郷輝彦に似てる」って言っていたので、高良君は将来あんな感じになるのかな~なんて思っていました。

長生きしてほしいなっていうのは、
「死ぬ役を理解できるのが怖い」
みたいなことを言ってたので、ちょっと心配もありますよね…と思って。
そういうネガティブな感情も役を演じる上で抱えちゃうんだろうな…と思って。

支えてあげたいけど(私何様w)、でもそんな思いを抱えてる高良君は近づくなオーラが漂ってるし!

そんな姿をみていると、生身の高良君には長生きして、幸せにいきてほしいなって思わずにはいられないんですよね。

えぇ、ハゲているのは想像ができないんですが
彼の髪質ってわりと柔らかいんじゃないかなと思うと、ちょっとww
イメージとしては、白髪で眉毛がきりっとしたおじいちゃんなんですけど

で、私も高良健吾をささえていきたいです、えぇ、何様?ですw
ネガティブな感情に支配される時もあるからこそ、白夜行の時はものすごく苦しかったようですし
体調まで壊してしまったようですね
なので、感情のコントロールは今後もつきまとう課題なのでしょうね
私生活が充実して幸せである為に、私たちファンは外からそっと見守ることが大事だと思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情熱大陸DVD:

« 月の峠 | トップページ | 47 Ronin »