フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ARROWS X LTE | トップページ | Coming Home Gwyneth Paltrow »

苦役列車発表

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20111203-OHT1T00028.htm?from=yol

http://cinemahochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20111203-OHT1T00028.htm

http://eiga.com/news/20111203/1/

ついに発表になりましたね

「正二は当たり障りのない、いいヤツ。貫多がおもしろい分、正二は優しくてマジメなやつでいこうと思う」

「森山さんのことが大好きなので、緊張している。ガッツリ共演するのは初めて。足を引っ張らないように、しょっぱい感じにならないように頑張ります」

と、コメントを出していますね

さて、発表になったことだし、これからが楽しみですね



« ARROWS X LTE | トップページ | Coming Home Gwyneth Paltrow »

高良健吾」カテゴリの記事

コメント

yukoさん、情報ありがとうございます。

健吾君、素直でかわいいコメントですね^^
記事では山下監督との仕事を切望していたとあったから、
さぞや嬉しかったでしょうし、やりがい感じていることでしょうね。
森山未來君も素晴しい役者さんだから
いい刺激を受けてますますステキな健吾君になりますね。

あ~~楽しみでしょうがないです♪
苦役列車、読んでお勉強しとかないとですね。

山下監督と仕事がしたかったと言うくらいなので
この現場も乗り越えていい仕事をしてくれるのだろうと期待します
情熱大陸の特典を見たら、彼の映画に対する気持ちの入れ方がよくわかり
どんな役でも本腰入れて取り組む姿が目に浮かびます
森山さんとはフィッシュストーリーで共演?だったけれど
実際演技を一緒にするのは今度が初めてなので、私もとても楽しみです
映画館でまた会えるのがとってもうれしいです!

2012年の楽しみがまた一つ増えました(o^^o)
フィッシュストーリーの時は森山未來さんとの
絡みがなかったので、健吾氏がどんな風に演じるのか楽しみです。

この映画を機会に一緒に舞台なんかもやって欲しいな。

千年の愉楽、私も、半蔵の鳥を読み終わったところで、止まっています。私の想像力ではついていけないような。
75才の若松監督がどんな映像を作り出してくれるのか?それを楽しみにしたいとおもいます。

苦役列車情報公開になりましたね。100Pほどの小説をどのように膨らまして2時間の作品にするのか?そこも、期待です。そして、1番嬉しいのが、配給が東映ということ。

単館系の映画ももちろん良いのだけれど、どうしても、映画館で見れる人は限られてしまう。
出て欲しいな。メジャーが配給する映画にと思っていたので。

こんばんわ^^
いつも情報ありがとうございます~(・∀・)
楽しみだなぁ~^^
私も苦役列車の原作ゲットしなきゃ!!
どんな役なのか・・・安心して観れる役だといいな^^

千年の愉楽・・・私も、meさん同様・・・
半蔵の鳥を読み終わったところで止まったままです
半蔵の鳥を消化するのでいっぱいいっぱい・・・ (;゜Д゜)

ブログのロケ地レポみにきてくれたんですね~^^
ありがとう~
天気がイマイチだったのが残念でしたが
この時期だったので、他の観光客もいなくて
ロケ地ひとりじめでした^^

>メッコさん

楽しみですよねぇ
森山さんの正義の味方もよかったですよね
本格的に共演しているのをみるのはすごく楽しみです
映画館に行く楽しみが増えて嬉しいです

>meさん

千年は読み終わらないままになるかもしれません
ノルウェイの森が実はそのパターンで、最後まで行き着けませんでした
読書でも得手不得手ってあって、おもしろいかそうじゃないかだけではないですね
苦手なものを無理矢理読んでも疲れるだけなので、映画館で覚悟決めようかと思います
どんなシーンが来ても動じないぞと。。
苦役列車はそこまで拒絶反応が出ないといいんだけどと期待してます

>ぶる~さん

あまりドロドロしていないといいなと思います 汗
ただ、そういう話になっても根性で映画館で楽しみたいです
で、天気がよくないのは残念でしたが、すてきな写真でしたね
ちゃっかりおひさまの旗が出ているのが微笑ましいですww
その場に和さんがいたって思うと感慨深いものがありますね
私は今のところ、ここに「いた」って場所に出会ったことがないです

実家に帰る時、飛行機で福岡入りしてお母さんが駅まで迎えに来てくれたって
当時ブログに書いてあったのでこのあたりにいたんだなぁって思ったことがあった程度ですww

新作映画情報確定来ました。森山くんとの共演は嬉しいです。あの年代では実力者ですよね。
フィッシュストーリーの時は良かったです。あの時2人は直接共演はしていないですよね。
まだ某AKBの出演は短いなら有り難いです。2人の男の映画に期待します。
山下監督って有名らしいのですが高良くんを知るまでは日本の映画、ほとんど見てないです。
たまにテレビで放送するのを見るぐらい。TUTAYAで借りるのは某国のドラマばかりでしたので。
苦役列車の原作100頁ぐらいと聞いたんですが映画用に作品膨らませるんでしょうね。
健ちゃん。久々ブログ更新してますよ。内容が少しわかりにくいのはいつもの彼らしいです。
今、マークスの山 視聴中。3~4話。あの華奢で坊主の健ちゃんは最高です。

私も邦画を見るのは高良健吾を好きになって以来です
邦画を映画館で観たのは高良健吾ファンになってからじゃないか?と思います
なので、邦画事情はあまり知りません
高良健吾を軸として勉強しているところです
ブログは「いいのかな?あんなネタバレして」って心配してましたww
だって、まだあの日撮影していた映画は発表されていないし<ファンは知っていても
事務所的にいいのかしら?と。。。汗
削除されないから大丈夫なのかな?とちょっとハラハラしながら見ていましたww

>yukoさん。
千年の愉楽ってテンカラットのHPには出ていないけど、高岡さんと山本さんの共演の話題で
情報はすでに出ているので良いんじゃないでしょうか。
健ちゃんの公式ブログに某AKBの方ってコメントしたら掲載されませんでした。
これはダメなのかもね。最近見たDVDはすべて健ちゃんの出演作品ばかりですね。
映画館でみた邦画はガリレオ(福山さん)から無いですよ。人気の洋画は視聴しますが。
健ちゃんの映画は見に行きたいですね。舞台挨拶の時行きたいなって。

苦役列車ではやはり主人公の親友の日下部正二でしたね。
『優しくて真面目でいい奴を演じるつもりです』みたいな事を、健吾くんが語られていたそうなので 今回はハラハラドキドキせずに映画鑑賞出来そうです。
前田敦子ちゃんのブログを拝見もしてますが、今回の映画については何も触れてはいませんが、凄く楽しそうな雰囲気が伝わりました。
順調にロケが進んでいるのかな?
あっちゃんは可愛いので頑張って欲しいです。別にどうでも良い事なんですが、 あのAKB48のメンバーの女の子って ほとんどが韓国系の 子みたいですよね。 日本の芸能界って本当に韓国系の方がほとんどですよね。
和田アキ子さんも元韓国人だし。
俳優の玉山鉄二さんも元韓国人。西城秀樹さんも元韓国人。 聞いた限りでは30人以上が韓国系の芸能人ばかりですよ。 向井理さんも韓国系だと聞いてるし。
韓国系のタレントさん達の中にあって、唯一日本人の健吾くん。何かと不利だとは思いますけど、頑張って頂きたいです
韓国系タレントさん達の人気とパワーって凄いな~と思う。
羨ましい限りです。

>ひなこさん

そうですねぇ、情報は公開されているようなものですよね
ただ、高良健吾側からは発表されていないので、私はそれを待って
公開されるのを待ちます
私も高良健吾の舞台挨拶に行きたいです
一度でもいいので、彼の言葉で映画を感じたいですね

>ティアさん

はい、親友役ですね
前田さんが本当に出演されるとしても、まだ発表になっていないのなら
事情があってのことなので、おとなしく待ちます
相手役は良い作品になる為に頑張ってくれる方であれば誰でもいいと思っています

AKBの方の役ですが健ちゃんの彼女ではなく、森山さんの憧れの女の子
みたいです。誰が彼女役でしょうか。そのうちわかると思いますが発表を楽しみにします。
今日、久々に大地のファンファーレのHP見たら更新されていた。
どうやら前回のロケ分のようです。06:00から撮影とはね。もしかしたら皆さんご存知かも。
赤い服が似合ってる。久々にかっこよい健ちゃんを見ました。
最近はCMはかわいい感じや男前な感じだったので。テンションアップです。

日下部の彼女ではないのですか?
原作は今ようやく日下部登場あたりまで読んでいるんですが
どういう作品になるのか?と想像しながら読んでいます
この映画、おもしろいんじゃないかって思っています
楽しみです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苦役列車発表:

« ARROWS X LTE | トップページ | Coming Home Gwyneth Paltrow »