フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大地のファンファーレ・全国放送日時決定 | トップページ | もしかしたら救世主 »

日本アカデミー賞 新人俳優賞受賞

http://www.japan-academy-prize.jp/prizes/35.html

第35回日本アカデミー賞にて、高良健吾が軽蔑で新人俳優賞を受賞しました
去年は高良健吾にとってがむしゃらに走った一年でした
映画を初め、舞台にドラマにと駆けめぐりました
その作品の中の一つ、軽蔑で賞を授与されることになりました
こつこつ努力を重ねた結果です

まぁ、新人賞ってのがなんだかな?ではありますが
いずれにしろ、チーム軽蔑がんばった結果です
高良健吾一人がよかっただけでは、この作品では選ばれなかったでしょう
監督を初め共演の鈴木杏さん、その他脇を固めてくださった俳優の方々、スタッフ全員で受賞したと思います
ありがとうございます
そして、おめでとう、高良健吾

3月2日にはどんな衣装で登場してくれるのか楽しみです
楽しみがまた一つ増えて嬉しいです

それと、先日の帯広での様子が北海道新聞のwebに載りました

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki3/343528.html

うーん?英国紳士?今からキツネ狩り?www
かわいす(/ー\*)


さらに、大地のファンファーレのロケ写真がこちらでみることができます

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/339420.html





北海道新聞、いい仕事ありがとうございます!



« 大地のファンファーレ・全国放送日時決定 | トップページ | もしかしたら救世主 »

高良健吾」カテゴリの記事

コメント

うんうん(*^_^*)
健ちゃんとチーム軽蔑の努力が認められた事がうれしいですね~♪
ファンみんなで盛り上がっちゃいましょう~
健ちゃんおめでとう(v^ー゜)ヤッタネ!!

しばらくお出かけしてたんで・・・
今から、ここ数日のみなさんのコメント 
楽しみに読ませてもらいまーーーす(≧m≦)

はい、みんなで盛り上がってお祝いしましょう
チーム軽蔑、ありがとう!

で、高良健吾が当日帽子とメガネを着用するのかが
今から気になってますw

yukoさん、皆さんこんばんは。
アコさん、ぷくさん、お声かけてくださりありがとうございます。
いつもお二人に楽しませてもらっています!これからもがんばってさらに磨きをかけてください(笑)。
私はたまたま早く健吾くんを見つけただけで、応援する気持ちに長い短いは関係ないです。
ね、yukoさん!特に最近の事は皆さんの方が詳しいくらいで、逆に教えてもらてます(*^_^*)。
皆さん温かい方ばかりで、愛ある素敵なブログに出会えて嬉しいです。

yukoさん、すごく分かります!←いきなりすみません(笑)。
お兄ちゃんの花火はもちろん大好きな作品で、好きなシーンはたくさんあります!
「花火やりたいなんて言ってないよ。勝手な事するな」って言い方がツボだったり(マニアックで
すみません)、自転車二人乗りのシーンや病院の屋上のシーンや、あげたら切りがないのですが
・・・やはりエンドロールのトップクレジットに高良健吾の文字が出てきた時に一番グッときました(涙)
。主演にこだわるわけではないのですが、こみ上げるものがありますよね(涙)。。。

同じくおひさまの登場回、テロップに高良健吾の文字が出た時、やはり涙が出そうになりました。
「朝ドラのテッロプに・・・しかも真央ちゃんの次って・・・(T_T)」。分かりますよね、yukoさん(笑)。
とはいえ、初めての連ドラ。しかも国民的番組。お茶の間の皆さんにどう映るのか・・・。心配で
固唾を飲んで見守っておりました。が、最後には心配を忘れて惚れてました(*^_^*)。予想以上の
かっこよさで・・・

「M」の舞台挨拶の健吾くんは本当に可愛いのです(*^_^*)。もちろん帽子着用(笑)。
おそらくあのDVDをもっている方はいないと思うので(衝撃的な作品です(^_^;))、今度ご紹介しますね。
あれをみると、緊張しいの高良健吾も、あれでも多少は慣れてきたのかなぁと思います(笑)。

本当に、チーム軽蔑でとった新人賞ですね!日本アカデミー賞でこのような作品で取ることは
珍しいと思うのです。今年かぁ・・・とは思いますが(笑)、評価してもらえたことは素直に嬉しいです。
授賞式も楽しみですね!

yukoさん
北海道新聞の写真見てきました〜ありがとうございました!
ほんと、森にちょこんと置いてみたい雰囲気。隣にキノコ生やしたいですww大きくて赤いヤツww

yukoさんに、ひろぴさん
お二人とも眩しいです(*_*)
つきない萌えポイントご披露!
自分はホントにまだまだだなって、みんなの人に支えて貰って……(ボックスから引用しました)
これからも、精進して愛☆育みますも〜ん

で、(゚Д゚)無性にMをポチりたくなってきました…。

>ひろぴさん

はい、私もこちらでいろんなことをみなさんから教えてもらったり
萌えポイントを共有させてもらったりで、ファン歴に浅いも深いもないですよね

で、おにいちゃんのハナビの萌えポイントはあげたらきりがないです
その中で、声を大にして言えるのがエンドロールなのです
主演にこだわっているわけでもないのですが、あの瞬間は映画で盛り上げて盛り上げて
クライマックスの盛り上がった時に「高良健吾」と出て、しかもちょうどハナビの花が名前を
きれいに飾ってくれるように咲き誇ってくれて、言葉にうまくできないのですが、そういう思いが
まさにどかーんと打ち上げられての号泣なのです
もううざいほどに泣けますww

おひさまの時も大感動でした
あぁぁ、本当に高良健吾て書いてあるってもうぐちゃぐちゃでした
世間に受け入れてもらえるのだろうかと不安もあったけれど
喜びも多かったのは忘れられません

そうそう、Mですね
持ってますよ~
マニアックですが、あれが廣木監督との出会いなので大事な作品です
舞台挨拶の時、早口の方言?が何て言っているのかわからないので
何度か聞き直したけれど、あれれ?でしたww
で、廣木監督の高良健吾へ対する言葉は深いですね
これはぜひ多くの人に見て欲しい特典ですね
原作の馳 星周さんが主役の新人二人がいいっておっしゃったのもうれしいですね

当時の精一杯の高良健吾を見ると胸が熱くなります
あの作品があったから今の彼がいるんだと思います
ホントに大事な作品ですね!

>ぷくさん

ぽちっちゃいなよww

yukoさん、皆さんこんにちは。

yukoさん、Mは当然鑑賞済みとは思いましたが、持ってらしたんですね(^-^)。さすがです!!

>ぷくさん
Mは内容があれなんで・・・そういうのが苦手じゃなければよいのですが・・・
一応私の拙い文章でざっくりと説明しますね。
もちろん買ってくれれば尚嬉しいですが(笑)。

yukoさん、コメ欄お借りします!
見た目はまだ少年ですが、目力はすでにハンパないです。
しゃべり方も若者語で、訛ってて・・・可愛いです。
途中言葉に詰まってしまって、南朋さんの方をチラッと見るのですが、これが捨てられた子犬のような
目でハンパなく可愛いです(*^_^*)。南朋さんにも「なんで俺を見た(笑)?」言われていますが。
撮影については「本当にきつくて・・・」という言い方が、大変さを物語ってました(^_^;)。
「事故りたいって思ってた」って言ってて、どういう意味?だったんですが・・・、南朋さんが後日雑誌で
説明してくれました。
→「本当に大変で、途中で事故って休みたいとか、なんか事故で撮影が休みになってほしいとか
そういう事だと思います。自分も廣木組に入る時は今でも緊張するのでよく分かります」的なことを
言ってました。あと別の雑誌で「控室にだれもいないと思ってたら、隅っこに高良くんが体育座りして
いるのにしばらくして気付いた。完全に気配を消してて、消えたいオーラが出てた」って言ってました。
南朋さんはこんな頃からずっと健吾くんと一緒なんですよね。軽蔑のメイキングのコメントが染みます。

印象的だったのは最後に「自分は今まで熊本から通ってて、なあなあと仕事してたけど、本気で
がんばろうと思えた」って言ってたことです。ここから健吾くんの役者人生が始まったんですね(*^_^*)。


廣木監督といえば、私は仕事の関係上、映画雑誌をかなり読むんですが・・・
雷桜のインタビューで、岡田将生くんが「ヴァイブレーターが好きだったので、いつか廣木監督とお仕事
したいと思ってました」って言ってました。
その廣木監督いち早く見いだされたのが健吾くんで、「天然~」で選ばれたのが岡田君だったことに、
その後の役者としての方向性を感じます(笑)。もちろん良い悪いではなく、宿命というか。
でも、その後の健吾くんの役者としての歩みは大きな財産になったと思うので、これからが本当に
楽しみです!やっと花開いてきた感じがします(●^o^●)

いつもマニアックな話ばかりしてすみません(^_^;)。引いていないか心配です(汗)。
yukoさん、長々場所をお借りしました(^.^)。

度々すみません!大事な事を忘れてました(汗)。
Mの特典ですが、原作者の馳周星さんが「主演の二人は新人さんですよね?
すごい上手です!」と驚いてました。
廣木監督の言葉は深くて、やはり私の言葉ではうまく書けません(笑)。
すごく健吾くんの事をよく見てくれていて、育てようとしてくれている愛を感じる言葉でした。
「そこにいるという緊張感にたえてくれた」とも言ってたと思います。

もっと詳しく知りたい方はポチっとしてください(笑)。

yukoさん
帯広での舞台挨拶の写真ありがとうございます♪
ケンケン、ここでもメガネかけていますね。
私が行った軽蔑の舞台挨拶の時もメガネ姿でした。
(軽蔑ディレクターズカットの時にコメントさせて頂きました)
メガネもよく似合いますが、私はやっぱりメガネなしのそのまんまケンケンの方が好きです。
おひさま和さんのきれいな目に惹かれたので、できればあの美しい目を直で拝みたかった。
彼は舞台挨拶ではほとんどの場合、メガネ着用ですね。
恥ずかしがりやで緊張しいだから、大勢の人の前で緊張するのを少しでも和らげる為かしら?
TV出演の時はメガネなしですね。
私が行くはずの高崎映画祭の授賞式でも、ぜひメガネなしでお願いしたいな~゜.+:。(*´v`*)゜.+:。


ひろぴさん
まるでティーチインでお話を伺っているみたいです♪
捨てられた子犬って表現で、だいたい想像できます。
事故りたいとか。。。試験前に学校火事になっちゃえと願う中学生みたい。
体育座りとか。。。子供だったんだなって。まだ十代だもの。
ひときわ繊細な健吾君に主役という相当な重圧がかかっていたんだなぁと思うと、
いたたまれない気持ちになります。そして愛しくてたまらないです(*v.v)。

廣木監督はそんな健吾君の良い所も悪いところも見抜いていて、上手に導いて下さったのですね。
お前のやることは全部正解!! って、その言葉に救われて、そこから今の健吾君が始まったのですね。
素晴らしい幸運な出会いに感謝ですね♪

後発ファンの私の知りえない貴重なお話のご紹介、ありがとうございました♪

yukoさん
ひろぴさん

こんばんは。
M、ポチりました。なんとなく避けてきた作品だったのですが思い切りました('-^*)
私もファン歴が浅いので、過去の情報を集めても知り得ない事が多くって、
こんな風に、お話しして下さると嬉しいです。
つい、この作品に出てほしいとか、この役をやって欲しかったなんて贅沢な事を
思ってしまうのですが、監督さんとの出会いも作品との出会いも
選ばれている様で、実はケンケンが引き寄せているのかもしれないですね。
これから、どんな作品を見せてくれるのか、
こんなにスリリングな役者さんはいないと思います。
色んな意味で、こんなにハラハラするのもケンケンのファンになってこその醍醐味ですね!
ありがとうございました(^-^)/~~

>ひろぴさん

私が話したかったことほぼ全てをひろぴさんがおっしゃってくださいました
そうなんです、廣木監督との奥深い繋がりがここで始まったのです
よくぞ高良健吾を発掘してくださったと感謝しても足りないのです
それと、共演の美元さんの言葉もよかったですね
彼女も監督からシビアな言葉を投げられていたようですが
彼女は「それでも最後には監督からOKをもらえてる
     しかし、監督には誰もそのOKが出してもらえない
     それがどれだけ大変なことなのか」
。。と言ったことをおっしゃっていますね
まさにその通りです
最後の責任をとるのが監督であって、全体を把握するのも監督です
懐が大きくなければ出来ない仕事だと思います

高良健吾の19回でしたっけ?NGを出した手を振るシーン
あれもまったく何でもないシーンですよね
あそこで何度もNGを出したと聞いていなければ、気にすることもない流れてしまうシーンです
それをそこまでのこだわりで何度も「ダメ」「ダメ」「ダメ」と言い続ける監督に脱帽です
事故でも起こればいいって思うのも、当時高校生だったことを考えると当然のことだと思います
監督を東京のお父さんと言うのもすごくよくわかります
高校生だったんですよね
「なぁなぁ」で仕事していた程度の彼に現場の厳しさをたたき込んでくださったのですよね
今の高良健吾があるのも、廣木監督のおかげだと思っています
桜雷でちょい役すぎの「友蔵」を演じたのも、少しだけでも監督との現場を味わいたかったのでしょう
そこでよく話題にあがる岡田さんと、作品上では共演していることだし
いろんなご縁が続いての今だと思います

あ、私が方言?何て言ってるの?って思っていたのは「事故りたい」だったんですね
教えていただいてありがとうございます
何て言ってるのかな?と今まで不完全燃焼でした、これですっきりです
ありがとうございます~!

>アコさん

アコさんが行くはず予定の映画祭ではなくアカデミー賞の方でチケット取らない?って
チケットぴあからメールが届きました
そうだった、高良健吾で登録していたんだって、ぷち悔しい気分になりましたww
行けるかよ。。。って感じっす
福岡は空港が市街地に隣接しているので(なのでパイロット泣かせだそうです)
行こうと思えばすぐ飛行機に乗れるのですが、そうそう行けるわけでもなく
超熱烈大ファンのおっかけ命だったらどうにかするのでしょうが、仕事優先っていうか
そんな感じで、なかなか九州から飛び出ることができません
なので、福岡来い来い念を出しているのですが、どうも届かないようです。。。しくしく
舞台挨拶、福岡来ないかなぁ
実家が今福岡だから帰省ついでに来て欲しいっす
まじで。。

>ぷくさん

Mぽちっちゃいましたね、ありがとうございます!
本編はなかなか「ぐ。。。」って思うかもしれませんが、ケンケンの表情を観てください
彼の役者としての基礎を作った作品なので、目をそらして欲しくないです
っていうか、ケンケンはそこまで「うぉ」ってはなりませんので、大丈夫ですよ
っていいつつ「はい!?」って思うかもww
特典は感慨深いものがあります
きっと心に響くと思います
私がどうこう言うより、ご覧ください
泣いても知らないモンw

yukoさん
こんばんは~。
昨日夕方の北海道NHKのニュース番組で高良健吾さんの帯広放送局でのインタビユーが
放送されましたよ~♪
4分30秒位のインタビューでしたが新聞に載っていたあの写真の服で帽子もお揃いでよく似合っていて
素敵でした。
馬との日々が楽しかった
熊本なので馬刺し=馬・・・食えないっすね
雪景色、馬の疾走などに感動したって言っていました。
素敵なインタビュー見ることができて嬉しかった・・・です~(*^-^*)
一寸ご報告まで・・・。知ってましたか?

yukoさん、わかります!
ファンだったら行けるものなら行きたいに決まってますもの。
でも生活があるから、そこは現実的に冷静な判断をしなければならないので・・ジレンマですよね。
だけどyukoさん、今回の帯広の様に福岡にもきっと良いことありますよ!
だってケンケンがあれだけ九州弁の役やりたいってアピールしているのですから、
きっとあると思います。まじで。。 楽しみは先にとっておきましょうよ( ^ω^ )

日本アカデミー賞、私はTV前の特等席で参加させていただきます♪
ハイビジョンの大画面でケンケンのうぶげまで見れるかもしれませんよ。うぶげ。。ww

(やっぱり書いてしまいますが・・)
シゲ兄ちゃんの永山絢斗君が去年の受賞式で新人賞を受賞された時の事が忘れられません。
直前にお父様を亡くされて、深く大きな哀しみの中で気丈に挨拶されていました。
「今度は違うかたちで戻ってきたい」と。

高良健吾、新人賞で色々思うところはありますが、ここは軽蔑でしっかり新人賞頂いて、
いつか主要部門で戻って来い!と思います。絢斗君と一緒にね。
井上真央さんと満島ひかりさんのように。

八日目の蝉、観ました。
我が家は某有名私大の近くなので、TUTAYAも大勢の学生相手に充実の品揃えしています。
八日目の蝉はたぶん20本以上あるのですが、いつもレンタル中で先日やっと借りられました。
これ凄いです!3人の女優さんがノミネートされるはずです。これ、くるんじゃないかな~☆
瀬戸内の景色もきれいだし、お勧めです。(借りるの大変そうですが・・)

で、ポチっておいたMが届きました!
これから高校生のケンケンに会ってきま~す(≧∇≦)ニャー
yukoさん、ひろぴさん、ありがとうございました♪

>hanaさん

放送があるのは知っていましたが、北海道限定なので気になっていました
4分30秒もインタビューがあったんですね、すごいですね
冬景色と馬、高良健吾の感性を刺激したのでしょうね
ステキなお知らせありがとうございます
知りたかったので嬉しいです~!

>アッコさん

八日目の蝉はすごくいいですよね
私はあれが受賞すると思っています
と言うか、ノミネートされている作品ではそれしか見ていないのですが。。

サッド ヴァケイションで北九州を舞台に出演していますが、また福岡を舞台の映画に出て欲しいです
おもしろいわくわくするようなコミカルな映画がいいなって思っています

で、アコさんもMぽちっていたのですね
ぜひ、あの頃の高良健吾に会ってください
そこからスタートしたのだと感じることができると思います

yukoさ~ん!!エランドール新人賞きましたね(@_@)!!
もう、携帯を何度も見直しちゃった(T_T)。
今年はきてるな~!!とは思ってましたが・・・
こんなにいろいろ幸せでいいのかしら・・・嬉しいです(T_T)。

皆さ~~ん!おめでと~~\(^o^)/。

わぁ〜 また嬉しいお知らせが!!
ひろぴさん
ありがとうございます♪

こんなに立て続けに…いい事ばかりで、もうどうしましょう!?
ヽ(´ー`)ノ
ケンケンを支えてこられたスタッフさん達も、感無量でしょうね。

yukoさん、皆さん
☆おめでとうございます☆

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉー

きてる☆きてる☆きてますね~☆
エランドール賞って・・本当は知らなかったけど(汗)
選んで頂いてうれしいです♪

健吾君、おめでとう(◎´∀`)ノ 皆さん、おめでとう(*^ω^*)ノ彡


高良健吾の原点、Mの本編、特典両方観ました。
(TUTAYAではエロチックのコーナーにあったっけ(^-^;)
高校生でこの役やるとは(しかも主役)どんなにきつかったかと思いました。
健吾君、目力強いけれど、内面は人一倍ナイーブで・・この役にピタリとはまっています。
廣木監督、ダイヤの原石、高良健吾をよく見つけて下さいました。
そして大きな愛で厳しく磨いて下さった。
yukoさんも前におっしゃていましたが、そんな敬愛する監督の教えである
《その場にいることが大事》を今でも大切にして守っている健吾君はステキです。

yukoさん、私、「アコにおまかせ、品揃え偏ってるDVD屋」やってますけど、
アッコさんじゃありませんよ(・∀・)ニヤニヤ、小者です、小者。
DVD屋は、なかなか流行っています( ^ω^ )
でも、Mはなかなかオファー来ない気がしますw

>ひろぴさん

なんてこと!
ひろぴさんのお知らせを読んでさっそくオフィシャルを見ました
キました!
ホントになんてこと!です!
今までの高良健吾の道筋を見ていただいたらわかるだろうけれど
それでも、どこか日が当たらなかった彼に、去年のがんばりに対して
過分な評価をいただいたということですよね
えぇ、過分ななんて言いましたけど、ホントは「もらって当然だと思う@田中慎弥さん」状態です
それくらい言ってもいいですよね、自分のちっぽけなブログのコメント欄なので
あ、田中慎弥さんはすごくおもしろかったです、蛇足ですがw

当然と高良健吾は言わないと思うので、ファンとして小さくつぶやきます
「当然だろ」と

本当にうれしいですね、おめでとうと言葉にするだけでは足りない気もしますが
まず言いたいのは、やはりおめでとうです
高良健吾、および関係者、それにご両親に心を込めてお伝えしたいです
あなたの評価はあなたが考える以上に、ファンの心に響いています
ありがとうございます、そうお伝えしたいです

>ぷくさん

ありがとうございます~!
なんだか私がお祝いされているような錯覚に陥りますがww
ホントにおっしゃる通り、支えてくださったスタッフの方々はどれほど嬉しいかと。。
日本アカデミー賞もエランドールも、去年の石原裕次郎新人賞も
どれもこれも、がんばってきたご褒美なのですよね
支えてくださってありがとうございますと、スタッフの方々へお礼が言いたいです
そして、高良健吾、慢心せず(しないと思うけど)今まで通り「そこにいる」スタイルでいてください
あなたがすること、すべてOKです

>アコさん

そうですね、Mはアダルトコーナーにあってもおかしくないっていうか
まぁ、監督がAV出身なので、そういうのもお得意かな?と
それはともかく、特典までご覧いただきありがとうございます
私はあの特典での監督の思いを言葉にするのが、なんだかはばかれるというか
これは直接見ていただきたいという思いが強く、あまり詳しく言わなかったのです
まずは、高校生の彼の逃げたい程の恐ろしい現場を知って欲しかったのです
そして、それを舞台挨拶で語る、まだまだひよこな彼のつたない言葉と表情、所作
それらを全部含めて「18年間の健吾が必要」とおっしゃった監督の懐の深さ
そういう全てを感じて高良健吾が、感じることができた高良健吾が心を許すその監督がいたからこそ
今の彼がいるのだと、今のこのあらゆる賞をいただいている彼がいるのだと思います
私は高良健吾がMで廣木監督に出会えたことを、深く感謝しています

で、アコにおまかせDVD屋で、高良健吾に興味を持った方へ「第二段」としてMをおすすめしてください
突破口にはキツいと思いますww

はい、本編を観ただけでは、あの作品の裏側にある健吾君の壮絶な苦悩を知ることは
なかなかできないと思います。
舞台挨拶で「本当につらくてぇ~」のあの言い方がすべてを物語っていました。
「普通に泣くしぃ~、おこられるしぃ~」って。
それでも頑張ろうと思えた作品と監督にに出会えたし、ひよっこもよく頑張った!
この原点を知ることができて良かったです。
それにしても、やっぱりyukoさんは素敵な先輩だと思いました。
エランドール賞って何だかわからないけど、とりあえず嬉しいみたいな私とは大違い。
ひろぴさんへのコメントを読んでそう感じました。感動しました。
深いというか・・やっぱり違う! うまく言えないけれど・・ぐっときました。
yukoさん、ありがとうございました。

おぉ〜!またまた嬉しいお知らせですね(^-^)/

最近1日、2日でもこちらのサイトにご無沙汰になると、
次々新しいお知らせが出てきて(しかも嬉しいことばかり♪)ほんとに目が離せませ〜ん(>_<)

高良くんおめでと☆
自分のことのようにすっごくすっごく嬉しいよ!!

なんだか2012年は私たちにとってすごく楽しみな一年になりそうですね(^^)/

ワクワク

わぁ♪おめでとうございます!
受賞ラッシュですね
各方面での注目の高さが伺えますね
「M」は見たい気持ちはあるのですが私的にはもっともにがてとする分野で・・・
とりあえず入門編として「南極料理人」→「おにいちゃんのハナビ」→
「フィッシュストーリー」とすすんでおります
もうちっと大人?免疫をつけてからと思っております
次は「ボックス!」「禅」あたりでしょうか
がんばります

yukoさ~ん(T_T)。そうなんです、どこか日のあたらなかった彼・・・。
本当に携帯握りしめて泣きましたです、私。
この賞、実は今年は本当に欲しかったんです。映画の賞はもうずっと前から欲しいのですが・・・(^_^;)。
ていうか、映画の賞はずっと前からもらって当然だと思っています(あくまで主観です、笑)。
映画の賞が一番嬉しい事は嬉しいのですが・・・(結局のところは・・)

でもこの賞はなんていうか、映画ファンのみならず広く大衆に認められた気がしまして、今までの健吾
くんでは考えられず・・・おひさまに出た事が正解だったと感じさせてくれるのです。
賞がすべてではないけど、そういう事がきっかけで色んな人の目に触れる機会がふえれば、それは
とても嬉しいことです(*^_^*)。yukoさんや皆さんと喜びを分かちあえて嬉しさ倍増です!

>ぷくさん、アコさん
「M」ご購入ありがとうございます!!!観てもらえて嬉しいですねっ、yukoさん!
私は「M」の稔、大好きなんです。透明感があって、ありのままの純粋な感じがします。
のちに「自分はただそこに居るにいることだけに必死だった」と健吾くんも言ってましたが、その必死な
姿が刻みこまれていて眩しいです。健吾くんも役に迷うと「M」をたまに見るといってました。
健吾くんがいつも言ってる「役としてそこにいること、役を生きること」ということを廣木監督に教えて
もらった作品ですよね。愛おしいです。
聡子の家に行くシーンや車に乗り込むシーンや手を振るシーンはyukoさんもおっしゃてましたが、20
回以上NGを出したシーンなんですよ(笑)。


廣木監督とは本当に親子のようですね。廣木監督が健吾くんとずっと一緒に歩いていきたいと言って
くれているのがとても嬉しいです(ファースト写真集だったかな?)。
雷桜の時、佑くんと二人で手伝ってって呼ばれたみたいですが、そんな風に声をかけてきてもらう
なんて、本当に可愛がられているのだなと感じました(*^_^*)

>しまりんさん
どんどん健吾くんの作品観てくださいね!!禅、美しいですよ~(*^_^*)

yukoさん
ひろぴさん

改めて☆おめでとうございます〜悲願の受賞ですね(@_@)

私はファンになってすぐ、毎日ケンケン生活が始まって、CMに受賞いっぱいと
何というか、ゆとり世代?ですのでお二人の想いを知ったら、お二人をお祝いしたくなりました!
妄想で胴上げさせていただきます('-^*)

エランドール賞は去年もノミネートされていたのですね…
おひさま出演は、大きな大きなステップだったのですね。報われる日がきて良かった。

そして、やっとMを観ました。
一言で感想をゆうならば…
「痛々しくって、観てらんない」でした。
いえ、しっかり観たんです。で、今を思って「強くなったんだ。成長したんだね」って。
以前、スタッフさんがブログで
白夜行での、なんともいえない表情をした写真を指して
「役者として強くなった」って書かれていたと思います。恐縮ながら、そういう気持ちです。
良かった。高良健吾とゆう役者に出会えて。間に合った。見つけられて、幸せ。(^-^)v

本当にぷくさんのおっしゃる通りですね。
おひさまからのファンは、恵まれていたのですね。
すべてが良い方に回ってきて連日のように嬉しいニュースが舞い込んで、
彼の努力の積み重ねや、その割には報われない日々を後から知った私達と、
その日々をずっと見守ってこられ、歯がゆい思いをされてきたyukoさん、ひろぴさんの
お二人とはエランドール賞の受賞一つとっても喜びの迫力と重みが違って当然ですね。
ぷくさん、気づかせて頂いてありがとうございました(゚ー゚)

ぷくさんに乗せて頂いて申し訳ありませんが・・・
私からもお二人の素敵な先輩にお祝いを言わせてください。
yukoさん、ひろぴさん、☆おめでとうございます♪

>ぷくさん、アコさん
ありがとうございます。恐縮です・・・。なんか逆に興奮しちゃってすみませんでした(笑)。
でも長く見ているからと言って、応援する気持ちは皆さんと何もかわりませんよ~!
私はただ単純にこういう受賞を一緒に喜べる人が増えて嬉しいなって思ってるだけで(*^_^*)。
まだまだこれからの方が役者の道は長いのですから、これからの活躍をこちらの素敵なファンの
方たちと一緒に見ていけると思うととても幸せです。yukoさんにも感謝です

映画の方では健吾くんも以前から評価も高かったのですが(賞には無縁でしたが・・)、一般的な
知名度はぜんぜんだったので、エランドール賞は無縁だと思っていたのです。エランドール賞は
なんとなく「その年の顔」みたいな印象だったので。なので、何か嬉しかったのです(*^_^*)。
おひさまやってホントに良かったなと思って。ぷくさんやアコさんみたいな素敵なファンの方もできまし
たし!

映画の賞も、どうやらまだ新人みたいなので(笑)、来年以降さらに期待したいと思います!!
ね、yukoさん(*^_^*)。

私あまり出しゃばらないように気をつけますので、皆さん遠慮なくコメント入れて下さいね(汗)。

>アコさん

普通に泣くし~ おこられるし~ の、ひよこちゃんが今はたくましさすら感じますよね
Mはストーリーもキツイし、正直なところ、高良健吾が出ていないと手にすることはなく
しかし、これがあるからこその高良健吾なのですね
ただ、それはどの作品においてもそうであって、特別Mだけが栄養だったわかではないのです
考え方の根底を変えた現場だったとして、忘れられない作品であるということは間違いないのでしょう
だからこそ、廣木組に帰ってこられたと軽蔑の時思うのですね
それ以外でも、当然素晴らしい出会いもあります
たくさんの栄養と刺激であの「司会もできるんだな」発言ができるようにまでなったのですww
あ、思い出したらかわいくてにんまりですww

それと、先輩とか、ホント関係ないですって
ちょっとだけ先に好きになっただけです
喜びの度合いも重みもみんなファンは同じですって
前も言いましたが、昨日ファンになった方も数年前からのファンの方も同じ思いです
ご一緒に応援しましょうってのが、私の気持ちです
例えば、舞台挨拶に当選して会場に一人で行き、周りは誰も知らない人ばかりでも
その舞台挨拶を楽しんだ時、見ず知らずの隣の人とでもきゃーきゃー言いながら喜び合いたい
そんな感じなんです、私は
いえ、実際するかと言えば、人見知りなんでできないのですがww
なので、先輩だとか考えないでくださいね

>maakoさん

今年はホントに飛躍の年のようですね
昇竜のように(ウサギ年男だけどw)登って行くのかしら
だけど、どこかひょうひょうとして、そしてとまどいながらのあの感じで
「えー。ふつーっすよ。」って言ってそうな気がしません?
ふつーであることが彼のこだわりなので、ファンは喜びながらも
ふつーっすねって思うことが大事なのかもですww
ふつーって一番難しいって知って言っているのかしらね、高良健吾はww

>ひろぴさん

はい、賞をもらうことが目的でなくても、評価されたことと、注目されたことが嬉しいです
おひさまに出演したことは、本人にとってものすごい勝負だったのでしょう
それが結果として実を結んだのですが、その舞台裏はどれだけの苦悩が存在したのでしょうね
私には計り知れないです
うれしいより不安を感じていたのですが、彼も結果を出す立派な人間でしたね
素晴らしい仕事をしてくれたと思います
これからは、激流に流されず、水たまりで腐らず、動と静をうまくコントロールし
その存在を私たちファンに見せて欲しいです
高良健吾の前に開けてきた道を、私たちファンもついて行きたいですね

映画館の大きなスクリーンで毎年彼に会うことが、私のこれからの楽しみです
それがいつまでもかなうことを願います

>しまりんさん

はい、Mは楽しいという作品ではないです
わくわくするような気持ちは1ミリもないのです
なので、もし興味がわいてきた時にご覧いただければ嬉しいです

で、おすすめもう一本
青梅街道精進旅行です
ひきこもり?青年とパワフルお母さん二人の珍道中です
高良健吾が運転しているシーンもありますよ
わりと急ハンドル切るのねって思いました
あ、もちろん映画上の演出ですww
無気力青年の感じがとってもいいです

>ぷくさん

毎日健吾生活はあっと言うまでした
しかし、そのあっと言うまにファンになって下さった方々がたくさんいらっしゃいます
うれしいなぁ、色眼鏡なしに、ただ朝ドラに出ているこの俳優ってステキって
思ってもらえたのがすごく嬉しいです
蛇にピアスの彼でしょ?とか、ソラニンだよね?とか、なんか見たことあるけど誰これ?とか
そういう前情報なしに「この俳優ステキだね」って思ってもらえたのは、ものすごく力になります

Mもみていただいてありがとうございます
作品について、好き嫌いは誰でもあることで、それで例えば苦手だったとしても
まったく問題ないことだと思うのです
高良健吾だから全てを評価して好きにならなくてはならないはずもなく
もちろん、私も「えーっと。。。」って思うものもあります、苦手なものあります
それでいいんだと思います

見つけてくださってうれしいです

あれれ
私がちんたら書いていたらひろぴさんからコメントが

そうですよね、ファンに長いも何もありませんよね
ご一緒に喜べることが何より嬉しいのです
このブログを始めた頃、高良健吾のことを書いてもほぼ反応もなくww
そもそも、誰かに反応してもらいたくて書いたわけではなく
自分の外付けHDD的存在として、バックアップとして書き残しておこうって始めただけでして
その時の記憶と気分を忘れないようにと、始めただけなのです
なので、ブログタイトルが備忘録なのです

しかしながら、なぜかこんなにたくさんの高良健吾ファンの方々に声をかけていただき
一緒ににまにましながら楽しめる環境になってきて、実は私が一番驚いています
誰がここを見るの?って思っていたのですから

高良健吾のここがステキなのよ!と私がパスをあげたら
そうなのよ!!!とスパイクを打ってくださる方がいて
ここが好き、ここがステキと楽しめるのが嬉しいのです
このパスとスパイクの表現は以前もどこかに書いているのですが
それが今実現できて、うれしく思っています

でしゃばらないようになんておっしゃらないでください
パスあげたらスパイク打ってください
バックアタックを別の方が打つのも楽しみです

高良健吾ファンの皆さんで、ここが好き、ここがステキと楽しみたいです

yukoさん、健吾くんらぶの皆様、はじめまして。
皆様の愛あふるるコメントに辛抱たまらず、わたしも参戦させて頂きます~!

わたしは、南極料理人からの沼入り(笑)です。
誰?と思っていたら、蛇ピの彼であり、おひさま(未見ですけど爆)の彼である、と!
そもそもカメレオン俳優に弱いもので、ギャップのある役をやればやるほど、
まったく違う顔を見せてもらえればもらえるほど、惹き込まれてしまいます。
健吾くん、久々にワクワクさせてもらえる素敵な男です。

でも、、、なんとゆーか昔から、メジャーになると冷めてしまう悪いクセもあって
以前、Vシネのちょい役時代からずっと追いかけていた俳優さんが、
TVドラマとかバラエティ番組にバンバン出るようになって、なんか違うなー・・・と。
顔が知られて、全国区になって、賞とかもらって、みんなに認めてもらえれば
ファンも、もちろん本人も幸せなことだとはわかっているのですけどね。
今年は健吾くんもまた一段と飛躍の年になりそうで、会える機会が増えるのは
とてもうれしいことだけど、この複雑な乙女心はどうしたものか(笑)
でもきっと、高良健吾はいつまでも浮かれたりはしない。
自分に厳しく実直に、これまで通りにスクリーンの世界で輝いて行ってくれると
信じています。(TVドラマとか期待されている方、ごめんなさい・汗)

せっかくのムードに水を差すようなコメントだったらごめんなさい、yukoさん。
でも皆さんと同じようにわたしも、高良健吾を愛して止まない者のひとりです!!

はじめまして、みーやんさん

南極料理人がお好きということで、にーやんみたいなお名前、さすがですww
複雑な乙女心の件、私もよくわかりますよ
むしろ今も私もその心境のままですので
おひさまで売れて一気に消費されたらどうしようと。。。そんな心配をしていました
CMにはたくさん出ましたが、このたくさんというのはいわゆるCMタレントさんから比べると
少ない量なのでしょうが、すごくがんばったのでは?と思います
確かにCMにはたくさん出たのだけれど、バラエティ番組には出演していないことが
ほっとしているところです

売れてきて、CMに出て、バラエティに出て、ドラマにひっぱりだこになり
女性雑誌にかっこいい衣装を身にまといポーズを取り、「僕の休日の過ごし方」なんてコラム書いて
もっと売れてきたら歌を出したり。。。。
そういうことになるのかな?とおひさまで売れ出すと心配していました
そう望むファンも多くいらっしゃるのでしょうが、私はそうではありません
今まで通り映画をメインに、時にNHKなどのクオリティのよいドラマに出て
演技人としてこれからも活躍して欲しいというのが、私の高良健吾への思いです

事務所側も彼がデビューさせるとき、映画俳優として売ると考えてくださっているので
アイドルやタレントとしての売り方を今後もしないのではないかと期待しています
映画俳優、高良健吾に今後も期待しています

同じ高良健吾のファンとして、これからも愛ある応援をご一緒にしましょうね!

yukoさん、あんまり笑わせないで下さいよ~(ノ∀`)・゚・。
みーやんさんへのコメント中にある、バラエティ出て、ポーズとって、コラム書くって・・
無い無い無い無いって笑っちゃいましたから。。
それが無いってことを皆、分かっているところがなんとも・・いいですね。
どんなに売れても一貫している姿勢の健吾君に改めて惚れ直します。
事務所にも感謝です♪

昨日、yukoさんのコメント中にあった高良健吾が得たたくさんの《栄養と刺激》について、
考えていたら無性にフォトブックを見たくなりもう一度見てみました。
最後にコメント寄せてくださった日本を代表する素晴らしい監督達。
このそれぞれ個性豊かな監督達に厳しくも暖かく育てて頂いたんだな~と思いました。
数えたら17人もの監督達が愛情たっぷりのコメントしてくださっていてなんだか胸が熱くなりました。
健吾君、これ読んだ時嬉しかっただろうな~愛されてる♪

最後の最後に健吾君本人のコメントがいかにも彼らしいコメントで・・・しみました。
やっぱりこの人のこと、好きだわ(≧m≦)
最初にこの本を手にした時とはまた違う感覚で読めました。

フォトブック、私の大好きなタオル巻き巻き写真もあるし、湯上りケンケンも萌え~だし、
箱根神社でのニットのヘアバンド姿も激萌え!で、めろめろ。


今朝の日テレ、シューイチでキツツキと雨の人生相談付き試写会の様子が紹介されていました。
高良健吾のこの字もけの字も放送されませんでしたが・・
沖田監督、役所さん、小栗さん、古館さんのお顔が見えました。
あたたかくて和やかな試写会だったようです。
いよいよ2/11の公開まで、3週間を切りましたね(*゚ー゚*)

高良健吾さんが他の超売れっ子若手イケメン俳優さん達みたいに、派手にごり押しされてスポットライトを浴びる事は、 まず『無い!』と申し上げます。日本のテレビ業界を牛耳る日本最大の広告代理店である電通は、昨年に死去した最高顧問である『成田豊氏』を代表する通り、 韓国系の会社です。 日本の芸能界で活躍しているタレントさんの多くが、韓国朝鮮系と言われております。その中において唯一、純日本人俳優である高良健吾さんに『日が当たる』事は難しいものと思われますよ。一時的なアイドル俳優としてごり押しされて売れっ子になるよりは 、今の安定した人気と地位を大切になさる事をお勧めしたい 素晴らしい俳優さんだと思っております

>アコさん

えぇ、「僕の休日の過ごし方」を書いている高良健吾を想像すると。。。笑えますねw
いろんな雑誌には出ていますが、あまり女性誌に出ていないのはほっとします
VOGUEに出た時は単純にうれしかったですけどね、萌えましたしw
高良健吾が、変わらないのがいいの?変わってはいけないの?みたいなことを言ってましたけど
変わらない高良健吾が好きではあっても、進歩していく課程の変化はとても大事なことです
あの細い体に、経験という肉付きをつけていく、そういう進歩を是非していって欲しいです

フォトブックは萌えますよね
あれはとってもいいです
いろんな撮影現場の裏側も写っているし、温泉だとか寝起きだとかかわいすぎです
つくづく、横顔が美しいとうっとりと見とれました
たくさんの監督さんたちの言葉もうれしいです
当時から、高良健吾という俳優をみていてくださったということですね

で、キツツキはもうすぐですね
去年の今頃は白夜行がもうすぐって楽しみにしていました
そうそう、白夜行は大嵐の中見に行ったのです
キツツキはほんわかあったかい気分でみにいきたいですね
映画館で楽しい気持ちを共有しましょうね

>千鶴さん

純日本人だろうと、韓国人であろうと、私は高良健吾が好きです
高良健吾だから好きです

yukoさん。皆さま
今週もいろいろな情報ありがとうございます。
健ちゃん。日本アカデミー賞新人賞及びエランドール賞 受賞おめでとう。
去年の活躍が認められての受賞なので素直に嬉しいですね。
今、ビート視聴中。ダンスのシーンがかっこいいね。
昨日、新しい映画?ドラマ?か詳細不明なんだけどクランクインしたみたいです。
今度は主役かも。楽しみです。
arrowsのパンフレットGETしました。うんいいね。CMが無いのが残念。
もうすぐ キツツキと雨 始まるね。CMも始まったみたいだし。
出番少ないらしいけど見に行こうかな。

はい、何かまだわかりませんがクランクインしているようですね
そうやって仕事が絶え間なくあるってすごいですよね
映画のオファーって数年前から入るそうで、役者を押さえるのにはそんな前からだとか
ということは、今入っている仕事はおひさま以前にオファーが来ていたのかもしれません
高良健吾のどこを気に入って選んでくれたのか、楽しみです
キツツキはぜひご覧ください
出番は少なくてもスクリーンで観ると感慨深いものがあります

こんばんは(^-^)

「普通」って情熱大陸でもキーワードになってましたもんね。
yukoさん 確かに「ふつーっすよ」って言ってそうですww
役のことで色々悩んだり、うまく出来なくて後悔したり。
そういうの全部彼にとっては「ふつー」のことなんでしょうね。
以前にこちらで、食事の配膳のときスタッフと同じ列に並んでる、
というエピソードを教えていただきましたが、それも同じですよね(^-^)

「ふつーっすね」って思うこと、ファンとして大事なことですね。

ハッとしました。
yukoさん、なるほどです〜(ToT)

あ、μのカタログゲットしました!
最高に素敵。

はい、ふつーっすって状態は実はすごく難しいことですよね
特に高良健吾くらいに(そこそこ?)売れてくると、普通じゃない状況がたくさんあるでしょうし
それをあえてふつーにこだわるのは、並大抵の精神力じゃないって私は思うのです
って、美化しすぎかしらww
周りに流されず、自己をしっかりもって普通を生きるってステキです
私たちファンもふつーに応援したいですね

で、私も今日ようやくμ手に入れました
もう。。。docomoショップのカタログコーナーは裏面で陳列していたので
見つけるのに時間がかかりましたよww
高良健吾の表面で飾ってくれ~!www

はじめまして!
私も高良健吾さんの大ファンなので、yukoさんのブログ楽しく読ませて頂いています。
高良さん情報満載なのでうれしいです!

大ファンといっても私は『スタジオパークからこんにちは』を観て大好きになったので、高良さんファンとしてはまだまだですが、コメントを読んでいると、yukoさんやここにいらっしゃるみなさんと一緒に高良さんを応援していきたいと思いました(*^_^*)

ちなみに私もyukoさんと同じ福岡出身で、今熊本にいます!

これからもブログ楽しみにしています★

ゆずさん、はじめまして
スタジオパークをご覧になってファンになられたのですね
うれしいです~
福岡出身で熊本にお住みなんて、まるで高良健吾のようですねww
来月は映画も公開になるし、ドラマもあるし、たくさん楽しいことがありますね
ご一緒に応援しましょうね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本アカデミー賞 新人俳優賞受賞:

« 大地のファンファーレ・全国放送日時決定 | トップページ | もしかしたら救世主 »