フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« R指定がついたそうな。。。苦役列車 | トップページ | 罪と罰 インタビュー ぬるいドラマじゃない »

ハリヨの夏 到着

オークションで落札した、ハリヨの夏が到着しました

結局、代引き手数料など合計で、1,100円でした
中身もきれいで、再生も無事できています
近所にレンタルもないし、新品を購入しようとあちこち網を張っていても
今まで手に入れることができなかったのが、ようやく我が家に着てくれました

レンタル落ちなので、ケースを取ると「貸し出し中」になるのがうけるけどww
傷も汚れもなく、いい状態のDVDが手に入りました
いい取引ができ、よかったです

で、肝心の中身ですが
最初の川でのシーンまで見て、後はまた時間がある時にぼちぼちみます

高校生の坊主頭の彼が初々しくてすごくかわいいです
しかし、表情は幼い様子がなく、今の彼と同じ力強い目力があります
泳ぐ姿もきれいで、運動神経の良さがうかがわれます
作品、楽しみです



« R指定がついたそうな。。。苦役列車 | トップページ | 罪と罰 インタビュー ぬるいドラマじゃない »

高良健吾」カテゴリの記事

コメント

yukoさん
とってもいいお買い物をされましたね♪
おめでとうございます~(。・ω・)ノ゙ ヨカッタ、ヨカッタ♪

レンタル落ちということは・・本編前のDVD紹介にサッド・ヴァケイションがあるのでは?
ケンケンの数シーン☆嬉しいオマケ付きなのではないでしょうか?

私もたまたま同じタイミングでレンタルできて良かった~<金曜日には返さなくてはなりませんがww
yukoさんが全部ご覧になったら又感想を伺いたいです♪

yukoさんこんにちは!

ハリヨの高良くん、瑞々しい演技とその年齢ならではの彼が保存されていて大好きです。
映画DVDをちょっとずつ集めておりますが、フィルムのなかの高良健吾を、
ずーっととっておけるってほんと幸せだなあって感じます。

>アコさん

はい、サッド・ヴァケイションありましたね
うほって思いましたww
やはり、同じところでツボりますねww
今度の日曜は多分何も予定がないので。。。?
その時ゆっくり見たいと思います
っていうか、地下鉄に乗っても逃亡くそたわけも手元にあるのに(年末購入)
まだ開いてすらないっていう。。。
宿題に追われる小学生のようですww

>こうらっちさん

はい、その時の高良健吾を色あせることなく手元に置いていられるのが
すごく幸せを感じますよね
同じ気持ちを共有できてうれしいです(o^-^o)

今、ようやく最後まで観ました

要するに

偶像化した父親へファザコンが根底にある、ヤリたい年頃のかまってちゃん
な、お話でしたね


子育ても自分で出来ず、母親(おばあちゃん)頼り
それで、結果として自分の居場所がなくなるわけで
父親の詩をリスペクトしているけれど、いつも持ち歩いているはずなのに
なぜか教室の机の中から出てくるあたり、お粗末というか

キスしてってせまるシーンは「いきなりだな!」と思わず声が出てしまうほどの
唐突感があり、違和感があったのだけれど、「ヤリたい年頃」に繋がっているのねってことで

子供を産んでも結局自分しか愛せない、そんな主人公だったかと


高良健吾はステキ
きれいな体をしている
彼の表情に色気もあるけれど、それを拒絶するような空気すらある

この作品、あまり好きじゃない
だけど、高良健吾はあまりにきれいすぎてそれだけでこの映画の価値があると思う
水泳の飛び込みも泳ぐ姿もとてもスマートできれい
それだけでも価値がある作品だと思う

ハリヨの成長の過程と、自分が泳ぐ姿、要するに独り立ちする模様
それをこの映画は描いているのだと思う
ただ、個人的には好みではない
主人公に気持ちが入れなかったからだと思う
私の個人的主観、ただそれだけです

風吹ジュンさんはかっこいい
高良健吾以外でステキだと思ったのは彼女
こういう女性になりたい

柄本さんもいい具合に、ダメ親父でよかったww
さすが、柄本家長ww

そうですね。私もあの主人公には感情移入できませんでした。
家族と別れて新しい家庭を持とうとしているお父さんをあの年頃の娘が
あんなにも慕うものかしら?と。。ちょっと考えられません。
可愛げが無いあの娘のどこにケンケン演じる翔が(女子の注目の的な競泳選手なのに)惹かれるのか?
いつも気にして水泳教えてあげたり、かばってあげたり正義感発揮していましたね。
最後だって「又、いつでも水泳教えてあげる」だなんて・・優しい言葉かけたのにwww
主人公が強く生きていくって表現だったのでしょうけど。。

坊主姿も清々しく京都弁ケンケンもいいですね。
まぶしい高校生そのものでしたね☆
1st.写真集で監督が披露されていたキスシーンでの胸キュンエピソードにも・・参りますね~(/ー\*)

先日のFCロングインタビューでケンケンが映画初主演の三根さんにエールを送った言葉そのままが、
このデビュー映画でのケンケンにあてはまると思いました。
初出演だからこそ出る初々しさや精一杯そこにいようとする空気・・出ていたと思います☆

谷川俊太郎さんが先生役でご出演されていたのにも、びっくりしました。
柄本パパさんともこの映画からのご縁で、家族ぐるみのお付き合いが始まったのですね♪

DVDのジャケットでは高良健吾がメインに写っているので
どうみたって彼が主役の扱いに見えますね
だけど、実際は女の子が主人公で、脇をうまく演じています
あの女の子は声を張り上げるしかできなかった。。。ように感じて残念です
私の主観ですが

高良健吾の水泳の形がきれいですよね
飛び込みもきれいだし、うっとりです
高良健吾ファンとしては、これは見逃せない作品だと思います
よかった、見ることができてww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハリヨの夏 到着:

« R指定がついたそうな。。。苦役列車 | トップページ | 罪と罰 インタビュー ぬるいドラマじゃない »