フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Breed- Nirvana | トップページ | 韓国へ行って来た 前編 »

罪と罰  現実と対峙する勇気があるのか

五位刑事の「世界を変えるのは、非凡人だけだ」と言う言葉で
弥勒は追いつめられていく、その時の光の使い方がとても効果的

だけど、弥勒は非凡人になりきれないと悟る
それが英知香にすがっていくことになっていくのだけれど
まだそれを認められなく、混沌としていく

英知香に告白して、受け入れてもらいたい
一緒に生きて行きたい、いや、逝きたいのだろうか


ただ、このドラマで英知香との繋がりが、いきなり過ぎる気がする
あなたには私が必要?と聞くほど、なぜ英知香が弥勒を理解しようとするのか
それが今ひとつ伝わらない
弥勒が英知香を必要とするのは、伝わるのだけれど
リサと同じように頬をなでられても、頭を割ろうとするそぶりをするけれど
それをする気持ちがわかない
リサは弥勒の計画を踏みにじった、許せないただのコマ
あんな屈辱は許せない、この計画を踏みにじったリサが許せない
そう思えても、それでもリサの母親の元へは行けない
それは、非凡人だと理解したから、ただそれが受け入れられないだけで

なのに、英知香へはそれらを、すべて理解してもらいたい
僕の人生は僕自身のものだということを理解してもらいたい

全てを理解してもらいたい
それを英知香に受け入れてもらいたい、それが弥勒の気持ちだと思うのだけど
なぜ、英知香なのか?それが今ひとつ。。。な気はする


力を行使する人間になりたい
でもだめだった
僕は生き延びた
だけど、勝利の喜びはない
力を持った奴らに割り込まれて
あと一歩のところで、踏みにじられた
なのに、生き延びたことにホッとしている自分がいる
僕はどうしようもない凡人だ

凡人だ、資格なんてなかったんだ
と、自分の気持ちだけを訴える弥勒に、英知香が寂しい人だと受け入れる
今までどうしてそんな寂しい世界に一人でいたの、と受け入れる
それが英知香なのだけど
そこまで二人が結びつく背景が見えない

否定的意見としてはそこなのだけど、それをクリアすると
この二人の純粋すぎる繋がりが悲しくて美しくてたまらない

私から目をそらさないでと言う英知香に従順に従おうとする弥勒が悲しすぎる


よいうやく唇をあわせる二人だけれど、それは情愛を込めたキスというより
寄り添う為の行為として見える
やっと寄り添えた、やっと繋がることができた瞬間だろう


次回、最終回
どう物語が簡潔していくのか、楽しみでもあり、寂しくもある

人を二人も殺した弥勒に、そして寄り添う英知香に未来はどう訪れるのか
見守りたいと思う





« Breed- Nirvana | トップページ | 韓国へ行って来た 前編 »

高良健吾」カテゴリの記事

コメント

yuko様 お久しぶりです。
ツイートを拝見した所、お仕事でいろいろありお忙しいようで…(;;;´Д`)ゝ
お身体、大丈夫ですか? 

こちらというと、4月から旦那の給料がガクッと下がり、会社に掛け合った所、
「嫌なら辞めてもらっていい。」と言われたそうです┐(´-`)┌

全社員一律で手当てがなくなって(俗に3Kと言われる介護業界です)、
ただでさえ低い給料で働いて、残業代0円で毎日遅くまで仕事してるのに、ほんと呆れました。

もう、私も飲食業のパートじゃなくて、まじで資格とか取ってがっつり働かなきゃだめかな…。
と、今日はPCの前で求人情報閲覧してます。


えっと、話は変わりますが、昨日地元の小さな映画祭で「キツツキと雨」見てきました!
平日のお昼でしたが満員御礼、50.60代くらいのおばさまと一緒にあったかい時間を過ごしました。

で、yukoさんのキツツキと雨のネタバレブログ、やっと読めました(゚ー゚)
そうそう、冒頭の役所さんの「はい?」で会場中笑いに包まれましたよ(笑)

健ちゃんのケンカのシーンも、いびきも海苔の食べ方もたまりませんね。
DVDでたら早速もう一度見なきゃですね。


ロケ地周辺は旦那の地元で、つい先週旦那の親戚の通夜・お葬式があり、
沖田組ご一行が泊まったホテルに泊まる機会があり
(全然自宅まで帰れる距離なんですけどね、泊まりたかったものでヾ(´ε`*)ゝ)
「この景色を見たのかww」「この朝食を味わったのかww」等と妄想しておりました。


以前から気になってたのですが、この健ちゃんのインタビューみて下さい。

「今回は2日間だけの参加だったのですが、撮影初日に現場へ向かう電車で乗り過ごしてしまったんです。
音楽を聴いていて、気づいたら終着駅でした(苦笑)。
しかも本数が少ないから(※撮影が行われたのは岐阜県の山奥)折り返しの電車もなかなか来ない。
そんな状況なのに、『乗り過ごしちゃったな。じゃあ戻るか…』って(笑)。
普通なら気持ちが落ち込むはずなのに、不思議とフワァっとできるというか…
うまく言葉で説明できないんですが(苦笑)」

沖田組の素敵な空気感を話してるんですが、それより
「んっ?マネージャーはいないの?一人で来たの?」と思ってしまいまして。
朝ドラで活躍する多忙な彼が、一人で撮影に参加しに行くもんなんかなぁ。


そうそう、今日めざましでシグナルの完成試写会?かなんかの映像が流れたけど、
残念ながら健ちゃんは不在でした。

旅行中なんかな、ブログも更新されないし、寂しいですね(;ω;)

てなわけで、今回も長文! 失礼しました(*゚▽゚)ノ

yukoさんお帰んなさい。

罪と罰について、私も同じようなことを感じたので、原作の漫画を読み直してみました。ほとんど同じなのですが、微妙なところで違います。詳しくは語りませんが、最終回に疑問に思ったところが解き明かされるかもしれないので。ただ、原作の後半にあるダラダラ感をカットしたことによって、作品の質は上がったような気がします。

それを差し引いてもとても素敵なラヴシーンだと思いました。(抱えているものの重さは半端ないのですが)ケンケンにはラブシーンが似合ってる。
きっと、世之介ではほんわかするラブシーンが待ってるんでしょうね。
今までヤンキーのような役が多かったので。なかなか正統派のラブシーンに出会うことはありませんでした。
そして今改めて思っています。正統派のラブストーリーが見てみたいです。

罪と罰も残り1回となりました。最後まで楽しみましょう。

>まりだけさん

ご主人のお仕事、大変な現場のようですね
しかしながら、今はそういう状況が当たり前の世の中です
正規雇用に就くのが難しく、終身雇用が当たり前だった時代はもう終わり
と言っても過言ではないのです
私の場合、正社員であるが故、会社の人事には従うしかありません
例えそれが誰かの尻拭いであったとしてもです
会社が「いやなら辞めてもいい」というのは、よくある話です

あり得ないほど忙しいことになるのは目に見えているのですが
今回の場合、私に来て欲しいという要望によりの人事なので
というか、来ないと現場が回らない、くれ!と言われてのことなので
ぐっちゃぐちゃになりつつも、頑張るしかないと覚悟しています

で、キツツキはほんわかするいい映画でしたよね
沖田組の映画はどれも大好きです
南極も、青梅も好きですね
監督の高良健吾への信頼が次回の世之介へ繋がっているのだと思います
高良健吾も、あちこちの現場で頑張ってきたし、いろんな監督たちと仕事をしてきて
よばれた作品で、いい結果を出してきているので、私も彼を見習って呼ばれたところで
やっぱりおまえが来てくれて正解だったと言われるようにきっちり仕事をします
負けませんよ
まりだけさんもご夫婦で、世間の波を乗り越えてくださいね
ご褒美には高良健吾が待っています(o^-^o)

>meさん

meさんも私と似たような感じを受けられたのですね
それが最終話でどう消化されていくのか、楽しみです
正統派のラブストーリー、いいですね
それぞれのラブストーリーを彼のフィルターを通して、今までみてきましたが
例えば、軽蔑は究極のラブストーリーだとしても、見ているだけでキュンキュンするような
肩の力を抜いて楽しめるような、そんな物語も見たいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 罪と罰  現実と対峙する勇気があるのか:

« Breed- Nirvana | トップページ | 韓国へ行って来た 前編 »