フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 韓国へ行って来た 後編 | トップページ | ハゲタカ »

シグナル~月曜日のルカ~

今日、待ちに待った「シグナル~月曜日のルカ~」を映画館で観てきました

最近の私の映画の見方として、初日の初回に見に行くってスタイルをとっていまして
なので、今日もそのつもりで家を出るつもりだったのだけど。。。
ちょっと出遅れてしまい、なんと映画のオープニングを見逃すという失態をおこしてしまいました(;´Д⊂


で、映画の内容ですが、以下ネタバレも含まれています
今から映画をご覧になる方で、それでもいいという方はどうぞご覧になってください





主人公の女性、ルカは3年間映画館に住み続け外の世界に出ることがなく
そのルカと外の世界との接点に、アルバイトで来た恵介が関わっていくというお話

月曜日にはナーバスになる、映画技師長のルカ
その理由は、彼女の過去の恋にあるということなのだけど
その相手が、高良健吾演じる「ウルシダレイジ」です

ルカが映画館の情報をツイッターで報告している時に、レイジからメッセージ
月曜日のルカという言葉で、月曜日にナーバスになる理由のヒントが込められていて
それをきっかけに、恵介も巻き込んで彼女の過去と心の傷があかされていきます


すでに原作を読んで随分たつのだけれど、ウルシダレイジの印象は
わがままで獰猛で、自分の思い通りにならないとだだをこねるような幼児性もあり
そこをどう高良健吾が演じるのかが楽しみでした

レイジが出てきて恵介に「うそをついたな、傷ついた」と詰め寄る姿に
常識では通用しないような、キレた男を表現していて薄気味悪さが伝わりました
しかし、期待していただだをこねるようなシーンはなくw
あくまでも淡々と、そして時に過激に恵介とルカを追い込んでいくのです

萌えポイントとして、レイジの部屋で着ている舞台衣装のような赤い。。ガウン?
ひらひらがついたあれ、なんすかね?あのチョイス?レイジカラーなの?と
すっごくつっこみたくなるほどの、ちょっと変わった衣装なのだけど
えぇ、見事に高良健吾はそれを着こなしていましたねww
で、パンフレットにもそれを着ているシーンも載っていましたw


映画の話にもどります
古い映画館の空気が画面によく現れていて、全体的に少しセピア色のような
そんな錯覚を覚えるような演出がされてあり、フィルムを扱うルカと恵介の作業が
まるで、今観ている映画館の後ろでされているような臨場感もありました
今はデジタルで動かされていて、ボタン一つできれいな映画が観られるというセリフもあり
アナログの映画を動かす技師の姿がよく表現されていました
実際、ルカ役の三根さんは映画館でみっちり練習してきたそうです

映画のタイトルに使われている、シグナルという言葉が出てくるシーンもあり
銀紙がフィルム交換?のシグナルになるという説明の時、ルカの「シグナル」ってセリフが
もう少しさらっと流した方が私はいいなとは思いましたが、技師の仕事に対する真摯さがよく伝わりました

原作のルカのイメージは、もっと淡々とした女性だったのですが、映画のルカは
いつも目に力が入っていて、映画の仕事の時は特に有無を言わせない強さがありました
それはまたそれでいいなと思っています

恵介の家庭環境の話もよかったです
ダメ親父に対する、兄弟の温度差も映画でよく表現されていて
今まで必死に母親を守ってきた弟に、弟とは違う方法で両親を守ろうとする恵介
許せないけれど、許してしまいたいと言うルカとどこか似ている恵介
とても、暖かい優しい心が家族だけではなく、ルカをも救っていくのです

レイジとの対決で怪我をした恵介に、父親からのお見舞いのエクレアが届き
それを兄弟で食べるシーンが私は好きです
お前も食えって弟にすすめる恵介がとても大きく見えました

レイジもまた、自分を愛してくれる人を渇望していて、それがルカへの執着になり
過激な方法でしか、人を愛する方法ができなくて暴走してしまうのです
怪我をした恵介をかばうルカに「殺してしまうかもしれない」と振り上げる消火器も
結局ルカの頭を殴りつけることは出来ず、恵介を守ろうとするルカの強い気持ちに
レイジは静かに帰っていくのです
ただ、その後まったくレイジは出てこず、あの後どう立ち直って行くのか、それとも更に病んで行くのかが不明です

ルカはその事件をきっかけに立ち直って行きます
そもそも映画館にこもってしまったのは、レイジとの別れがこじれている時に
最愛のおじいさんを映画館に一人にしてしまい、亡くなってしまったのが耐えられず
その償いの意味も含めてそこにいつづけていたのですが
恵介から大事な思い出がある場所を、戒めの場所にしてはいけないといった内容のことを言われます<ちょっとうろ覚え

その後、恵介が東京へ帰る時、ルカの誕生日プレゼントとして野外上映会を開催します
3年間映画館に引きこもっていたというルカが、表へ出る時、まぶしそうな表情をしたり
一歩足を踏み出すのに躊躇したりします
ただ、私はそこでちょっとした違和感を感じたのですが
屋上でパーティを開いたり、野菜を作ったりして毎日のように外の空気には触れていたルカなので
まぶしそうな表情はちょっと過剰な演出だったかな?と。。。
まぁ、それは私個人の辛口意見です
もうひとつ辛口を言うとしたら、月曜日にレイジがルカにツイッターなどで連絡してくるのだけど
でも、別に月曜だけに連絡してこなくてもいいんじゃね?と思いましたw
月曜日のルカってタイトルはあくまでも、ウルシダセブンの時代の名残というか。。であって
そこまでルカに執着するレイジが月曜日にしか連絡してこないってのが「は?」っ感じでしたww

三根さんは初めての映画で、しかも初主演という大役を見事にこなし
映画に必死についていったというところが伝わる作品です
それを西島さんと高良健吾がうまく引っ張って行ったのだろうなと思います
何より、西島さんの笑顔が暗くなりがちな映画を明るくしていました
高良健吾のキレた役も、この映画の核となりすばらしかったと思います


で、エンドロールで趣里と名前が出て気がつきました
そうだった、この映画に水谷豊さんと伊藤蘭さんのお嬢さんが出ていたんだったなーと
笑っていいともで、趣里さんが出た時、高良健吾の名前でお花があり、共演していたんだとその時知ったので
映画でどの役なのか探そうと思っていたのにすっかり忘れていまし
だけど、そんなに出演者はいなかったので、すぐ、日曜日の杏奈だったと気がつきました
湖のほとりで佇んでいただけのシーンでしたが、きれいな立ち姿だったと記憶しています



古い映画館での映画上映のシーンもよかったです
幼い恵介兄弟が一緒に怪獣映画を観ていた過去と、成長した二人が肩を寄せ合って観ているところ
いい演出だったなと思います
私がいた映画館では、快適なシートで首も楽な状態で観ているのだけれど
古い映画館のシートは背もたれが肩までしかなく、長時間映画を見続けるのは疲れるのでしょう
でも、それでも古い映画館に通って、昔のアナログな映画を観たいと思う常連のお客がたくさんいるような、そんな映画館
それがこの映画の一番の主役でした



シグナル~月曜日のルカ~

http://signal-movie.com/top.html


舞台挨拶の様子があがってきています

http://www.cinematoday.jp/page/N0042908

感謝の気持ちでいっぱいな三根さんが初々しいです

http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=cinematoday_N0042908






今日は帽子はないけれど、メガネやっぱりつけているのねw
スーツもお似合いでステキです(*´ェ`*)



« 韓国へ行って来た 後編 | トップページ | ハゲタカ »

高良健吾」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。素敵なレポありがとうございま〜す。

で、で、一番の萌えどころのガウンってなんすかΣ( ̄□ ̄)!

ワイン片手にくゆらせて、膝にニャンコ乗っけて撫で撫でしてる感じの
濃ゆ〜ぃ色のヤツですか?昔のお屋敷のカーテンみたいな?

( ̄ー ̄)ウヘヘヘ 楽しみ〜
絶対観にいきますよ。そのうち、きっと。

行ってまいりました。新宿ピカデリー。会ってきました生ケンケン。あっちこっちのネットニュースにアップされているので多くはかやりませんが。やっぱり、ケンケンはちょっと不思議な雰囲気をまとい。壇上に上がるとあっち見こっち見でちょっと落ち着きがなく(やっぱり、ああいうう場所に登場することの苦手意識がまだまだ抜けてないのかな)といって、三根さんが話し始めると体ごと三根さんのほうに向けて、一生懸命話をきてるし。でいざ、自分が話始めると1番最初に言うべきだった。「おめでとうございます。」をどうも忘れたみたいで、話の途中にいれちゃうもんだから、話の前とあとが繋がらなくなっちゃって。てな感じでした。
所がサインボールを投げ入れる時には、さすがひゃくはちで鍛えた肩。本当に広い会場の後ろまで唯一ボールが届いていて。多分考えて投げ入れてたんだと思う。身に来てくれた人全員に感謝てかんじかな。そういう、こころ使いが嬉しかったです。舞台挨拶のあと、写真撮影で会場の真ん中におりてきてくれて、なかなか振り向いてくれなかったのは残念。でも後ろ姿はバッチリ見ることができました。アメリカいって少し太ってきたのかな。思った以上にがっちりしておりました。あと、ピアスがライトで光ってきれいでした。退場するときに会場に頭を下げたのも印象的でした。

映画に関してはyukoさんの感想に同意です。弥勒とは違った怖さが有りました。ただ原作とは、随分変わっていたので、レイジに関しては原作の感じで見たかったとも思っています。


PS たまたま隣の席の方(西島さんファン)とお話する機会があり、私がケンケンファンだと話ましたら、彼女のゲットしたケンケンのサインいりボールをくださって天にも登る気持ちで会場をあとにしました。そのボールはケースに入れて飾っております。ありがとうございました。

>ぷくさん

駄文長文をご覧いただきありがとうございます
映画をご覧になる時は、私の意見はスルーしてご覧下さいw
ですが、ガウンには是非とも注目して欲しいです
なんだあれ?ってレイジの芝居よりガウンに目が行ってしまいましてww
あれを着こなせるのは、高良健吾しかありえないって思いますw

>meさん

舞台挨拶をご覧になれて、おめでとうございます
それと、レポもありがとうございます!
彼のどうしても場慣れしない感じが伝わってきてうれしいです
自分以外の人のお話の時、そちらに身を乗り出して聞く姿勢がステキですよね
そういう小さなところも誠実さが伝わってうれしいです
それと、西島さんのファンの方にサインボールをもらえたなんて素晴らしすぎますね
本当におめでとうございます
ケースに飾って家宝にしてください
うらやましいって気持ちより、西島さんのファンの方のやさしさに感動しました
違う俳優のファンとしても、ファン同士の交流って素晴らしいですね
あったかいお話、ありがとうございます

こんにちは
シグナル見て参りました~
私はほんと2.3日前まで原作を読んでいたので記憶が新しくて、
レイジもそうですが、他も原作とけっこう変えてきてるなぁ~
というのが印象です。
でもそのおかげで、恵介たちと父との関係や、ルカとレイジとの関係に ついては
決着がついた感じになってるんだなと思いました。
高良くんに関しては、美しいお顔がたくさん見れて満足ですww
それと、彼の声って何パターンかあると思うんですけど、
今回の声スゴく好きです!!
ささやくような、突き放したような、特に電話の「ルカに変わって」
がイイっ!!と思いましたww
あとは、やはりyukoさんもお薦めのガウンですねww
登場した瞬間、これかっー!!( ̄▽ ̄)て、ブハッとなっちゃいました。
なんか変ですよね、あれ…色といいデザインといい。
アラブの王が着てるみたいな…
でもほんと全然浮いてる感じなかったですよね。さすが(*´ェ`*)

ですよねー
原作とは違った作品になってますね
で、あのガウンww
なんでしょうねww
ここで萌えろというのか?ってファンに訴えているかのごとくww

そうそう、声のパターンですね
男だとか、男子だとか、男の子だとか、漢だとか、いろんな男性のパターンがありますね
私は高良健吾が出す「男子」に弱いですw

やっと見ました「シグナル」

私は原作は読んでいないので、映画の感想のみですが…。

狂気に満ちた高良君もよかったですね。

最初に恵介に質問したあとのにらんでる顔とか。

レイジのゆがんでるけどルカを狂いそうなほど求める気持ちもわかるし
ルカの月曜日がくると動けなくなってしまうほどの気持ちもわかる。

そんなこんなで久しぶりに泣きながら映画を見ていました。

主役は西島君とルカだから、ストーカーがいなくなってよかったよかったってことで

一般的にはいいのかもしれませんが、

やっぱり高良君ファンとしては、レイジのその後が気になるところですよね。

「殺してしまう」といってもけっきょく地面に消火器をたたきつけ

きっとルカを失ったレイジは、死んでしまうほどのダメージを受けたはず。

あんなに執着したルカから身を引いたレイジも、きっと計り知れないダメージがあったはず。

どうかレイジも希望があってほしいし、どうか救われてほしい…と願わずにはいられませんでした。

あとは、単純にアルファロメオ似合うな~高良君、車運転できるんだねwと思いました。

あとウルシダセブンて響きもちょっと笑えますよね。

私もその一人に混ぜてほしい、と。

それにしても、そんな7人の中にどうしてルカが入ったのかも気になるところ。

そういや、江花さんの気持ちもわかったし、

2人の写メを見て嫉妬するレイジ、携帯折り曲げるレイジの気持ちもわかったなぁ。

そういや、おひさまの裁縫の先生出てましたね。

どこかでみたことあるな~と思ったら。

ちなみに、今日私がみた映画館では、時間ぎりぎりまで客が私一人しかおらず…

初めての映画館貸切、私一人のための上映かと思ったら、

時間ぎりぎりにおばさんが入ってきて、結局お客さんは私とおばさんの2人でした。

あのおばさんは誰ファンだったのかなぁ~。聞いてみたかった。

そうそう!
私もレイジのその後が気になりました
あそこまで追い込んで、犯罪まがいのことをして
それで、あっさり終わることができるのかなって思って
その後の葛藤を描いてもらったら、レイジの人となりが伝わるのになって思います

高良健吾のアルファロメオ
萌えますねww
ポイント高いですww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シグナル~月曜日のルカ~:

« 韓国へ行って来た 後編 | トップページ | ハゲタカ »