フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 裸にしたい男 | トップページ | 海洋天堂がWOWOWで放映 »

裸にしたい男 前編をみた

おひさまを経験しての自分の変化や、周りの変化
今までダイレクトに自分の芝居が反応されることがなかったのに
それが喜びを与えているということに気がつき、それが嬉しかっただとか
価値観が変わっていく高良健吾の変化を見ることができた一年だったのだろうと
このドキュメンタリーをみて思った

いい変化だったのか、そうでなかったのかは、私にはわからないのだけれど
ただ、これをみて彼の変化について感じたのは、自信と一緒に責任感が強くなったのだと思う

いやなことはいやだと拒絶もしているし、努力するところや周りの人に対する感謝の気持ちもあるし
だけど、芝居に入る時は周りの空気を読むなんてことをせず、ひたすら集中して回りをシャットダウンしている姿だとか

人を殺すシーンについて
リサを殺すシーンを20回以上のテイクを重ねていて
何度も振り下ろすナタを、振り切ってしまいたいとは思わないのだろうかと
見ていて思った
あれほどの集中力で、なぜ寸前で止めることができるのだろうと

だけど、インタビューで殺意はあるのか?との問いに、少しの間があり
「うん、多分」と言う
しかし、疲れた、あの日は殺人のシーンの日は疲れたと言うのだ
それは真っ当な感情であり、それを乗り越えての撮影は、どれだけの疲労感があるんだろうと思うのだけど
その疲労感がある限り、彼は殺人の役を越えて行けるのだろうと思う
キツイだろうけど
カーテンに顔をつっこんで静止してしまうほどキツイのだろうけれど

おひさまのインが3月11日で、一年後の3月11日には弥勒のアップ
これはただの偶然だけど、何かを象徴するような一年の動きに感じる
彼のこれからの作る側の仕事が何か変わっていく時期なのかなと
そんなことを考えてしまった

で、相変わらず高良健吾萌えポイントは山ほどあって、紙コップカジカジだとか
マッサージで美背中のサービスショットだったりww
そして、次回の予告編で見せてくれた、世之介サンバ、しかもおひさまのサンバ姿www

次回が激しく楽しみです

で、土曜日、どれほど待ったかって程の期待感を持ってテレビの前に座っていたのですが
時間が近くなってさてさて始まるぞってテレビを見ていたら、いつもだったら数分前に
レコーダーが起動して録画開始するのに、1分前になっても起動しない
録画設定しているはずなのに、番組が始まっても起動しない!えっっっ!って大慌てで、起動し
録画しようとするのだけれど、その起動までに時間がかかる。。。
で、ようやく起動して録画を押したら、システムのなんとかってメッセージが出てシャットダウン
びぃぃぃぃぃぃえええ!ってパニックになり、再度起動してようやく録画が開始されたのが
番組始まって3分後ほど。。。
見ながらもいつ録画止まるかとハラハラしていて
どうしようもなく凹みまして。。ww
日曜日に再放送があるから、それを間違いなく録画設定したものの
なんかテンションあがらず、しかも地震速報も入っていて。。

レコーダーの不具合が、よりによって裸にしたい男で起こるなんて
寝込んでしまいそうなくらいがっかりしてました
しかも、疲れていて途中でうつらうつらしている自分にもショックでして

次回は、万全の体制、体調で挑戦したいと思います
サンバな高良健吾、空を飛んでいる高良健吾、楽しんでいる姿を見ることができるかな?
楽しみです!
健吾Tシャツ着ている監督?の姿も映っているし、いい感じっすね
楽しんでいる高良健吾を見るのはものすごく楽しみです



最後に、今年の目標は「さぼる」ってのはすっごくいいって思うよ
真面目すぎるだけじゃガチガチになるんだよね
さぼっておいで、そしていろんな楽しみを経験しておいでねって私は思う


どうでもいい蛇足

レッスンをどうしてもしたくない
あなたはネコです。。にゃーってwww

で、ここで彼はやっぱり九州人だなと思ったのが
レッスンの「ら行」の発音です
ら行はLの発音ですが、九州人はRなんだそうです、要するに巻き舌
で、彼のレッスンはRでしたね
多分、これから改善されていくんだろうなぁ、Rの発音
それはまたそれで寂しいような( ^ω^ )

見逃した方はこちらからどうぞ

http://www.nhk-ondemand.jp/

オンデマンドでご覧いただけます(o^-^o)

« 裸にしたい男 | トップページ | 海洋天堂がWOWOWで放映 »

高良健吾」カテゴリの記事

コメント

 yukoさん当然のごとく私も見たよ。萌ポイントは右に同じ。ですがそれ以外に気になったこと。

自分の人生を他人に決められるもどかしさ。それと、これはミーハーとして実は1番聞きたかったこと。自分の顔についてどう思っているか?ということ。わかってるんだよね、自分でもこういう仕事をしていたらそこに注目されること。でも、自分の勝負はそこではないことをはっきり言ってくれたことが嬉しかったかな。それと、自分の体のメンテにも少し興味を持ってきたのかな。雑穀米を選ぶなんて渋いじゃん。

罪と罰のメイキング見て、やっぱりきつかった。ただ偉そうな言い方になるかもしれないけど、これからもずっと役者をやっていくのなら、今このこのまだ感受性の強い時期にこういう役柄を経験したことは、絶対あとで役に立つと思う。

アップしたあとのあの爽やかな顔とあとあのスタッフの方たちに打ち上げのお誘いをするあの感じ。絶対現場に好かれてると確信した。

世之介いいよね。あのサンバのリズム。今すぐ見たい。

私もリアルタイムで見たかった!
うちはBSが見れる環境じゃないので、昨日の夜はほんとにもどかしかったです。

先日yukoさんがupしてくれた「裸に…」のサイトの画像で我慢するつもりでしたが、
今朝になっても諦めきれず、ダメ元で友人に連絡してみたら、BS加入してるとの事!
再放送を録画してもらうことができました。
ほんとに友に感謝です。

来週はきっと笑顔の楽しそうな高良健吾が見れますね。
スカイダイビングの写真なんてめっちゃ笑顔ですもんね。
皆さんと一緒には見れませんが、オフのお姿 楽しみです!

ps. オンデマンドでもみれるんですね。
今朝の時点ではまだ届いてなくて、必死になって友人に連絡しちゃいましたf(^_^)
でもDVDで永久保存版は絶対必要だから、録画してもらえてよかったです♪

こんにちは、はじめてコメントしています。
いつもyukoさんの備忘録は読ませてもらっていて、すごくいろんな情報をいただいていて感謝です。

みなさんみたく、立派なコメント書けなくて申し訳ないんですが、私も参加させてもらいたく、書いています。
裸にしたい男、高良健吾 前篇  は最高でした!
観ていて、なんかだんだん切なくなってきて、涙がでてきてしまいました。
こんなにも、殺害シーンを撮り直していたなんて・・・。
気持ちの切り替えとか、カットって言われたらもうその涙ふいてね、って感じで次のシーンみたいな。
観ているこっちが気持ちがついてかなくて、しんどくなりました。
ますます、高良くんが愛おしく思えて・・・みなさんもそうですよね(^^;)

30日の後編もすご~く楽しみです。
空にダイブしてる高良くん、水に飛びこんでる高良くん、山登ってる高良くん・・・一体どんな表情をみせてくれるんでしょうね d(’▽’*)b

これからもよろしくです

『にゃあ』……不覚にも萌えましたU゚¬゚U

『わん』だったらヤバかった。
召されるところだった…あぶねぇ(=゜ω゜)パトラッシュ!


「好きでなくても許さなくてもいい、弥勒のことを覚えていて欲しい」
と挨拶をしていました。

「弥勒を現場に連れてきてくれてありがとう」
これ、その答えだと思いました。最高の賛辞。
役を生ききって、また素敵な言葉を貰ってよかったね、ケンケン。

私も弥勒の事は絶対に忘れないです。
なんたって、あのジュンを抜いて☆萌えキャラ暫定1位っすから( ̄人 ̄)ゴメンナサイ

アメ玉は口から見えてるし、紙コップがじって唇『むにゅ』ってなってるし
このドキュメンタリー、マニア向け映像、盛り沢山。全部ですもん。
(ケンケンのコメントをアレンジしてみましたm(_ _)m)


yukoさん
いつもありがとうございます。
嬉しいですね!新しいお仲間〜ヽ(^-^)ヨロシクデス

>meさん

えぇ、当然見ますよねww
で、お互い同じ萌えポイントで萌えつくしましたねww
うれしいですw
で、自分の人生を決められるうんぬんの時の「ぼくはー」の「ぼ」の強調するところ
あれってけっこうむかついている時の「ぼ」だと思うんですよね
ぼくだとか、おれだとか、自分だとか、その時の気分で使い分けているのでしょうが
あの「ぼ」は弥勒が「ぼくがリサを殺した!」の「ぼ」に近いと思いました
力入っていたんでしょうね
そうそう、お顔についてのミーハー的見聞も私も「ほぉ」って思いました
そうか、転校してきてみんな集まるのはうざかったんだなとww
でも、あの顔で楽しんできたのも間違いないですよね
だって、デビューのきっかけになった熊本のタウン誌に掲載されるあたり
自分の価値がわかっているからこそなんだと思いますしww
ま、なんとかいいながらその「顔」を含めて高良健吾が好きなので
かっこいいってうぬぼれてもいいんじゃね?って思います

>まりだけさん

おぉ、BSが見られない環境だったのですね
それはさぞかし歯がゆい時間だったでしょうね
でも、お友達に録画してもらえるのは嬉しいですね
私も今までたくさんの人たちにいろいろと支えてもらっての高良健吾活動だったので
そのうれしさはよくわかります
来週の笑顔満載の放送も楽しみですね!

>kamita さん

はじめまして、そしていらっしゃいませ!
こちらは私だけじゃなく、高良健吾ファンの方々がいろんな情報を仕入れてくれますので
みなさんのおかげでなりたっているって思います>多謝 All ww
ぜひぜひ、これからは楽しくみなさんと「高良健吾がいかにステキか」について
語り合いましょう(o^-^o)
萌えポイントだとか、見ていて辛くなるほどの真摯な演技、それらをご一緒に楽しみましょう
こちらこそ、よろしくです

>ぷくさん

にゃーww
たしかに、ワンじゃなくてよかったかもですねww
あの「ら行」の巻き舌で、高良健吾はまだ九州から足が抜けていないと思い
ぬふふふって怪しく笑ってしまいましたw
で、萌えキャラ暫定1位ですか
私はまだタロウを抜くことは。。。うーん、多分抜いていないと思うけれど
それでも僅差で暫定2位の弥勒ですww
私、マークスの山の時はDVDを買うことはしなかったのですが
これは絶対買います!メイキングなど瀕死の覚悟で見ます!
NHKでここまでwowowに密着するなんて思いませんでしたね
全国いたるところで、萌え死が続出したと思いますが
来週はさらなる犠牲者が増えること確定です
私、今ですらおひさまサンバに昇天しそうなんですから
世之介も萌えキャラ上位に行くこと間違いなしですw

前編みました!
昔からケンケンの現場の居方は、その役を演じるために全身全霊ぐという居方ですね。
周りに気配りをするとか、良く思われようとかそういうことは全くなくて、かといって周りに何かを求める
とかもちろんわがままを言うとかいう事も一切なくて、ただひたすらに自分の役に集中しているという
スタンスですね。自分が現場でやるべきことは100%を出し切ることと前に言っていたのですが、
人目を気にすることも、人に気を使う事もなく、周りの一切をシャットアウトして集中している姿を見て、
相変わらずなのだなぁと思いました。「そのエネルギーにみんなが引っ張られる」と水川さんが言って
くれていましたが(杏ちゃんも言ってたような)、それがケンケンの主演としての現場の居方なのだなぁ
と思いました。
お兄ちゃんの花火の時に「主演だからといっても自分がやることは同じ。出てる時間が長いか短いかの
違いだけで、自分はその作品、その役のためにできることをただ精一杯やるだけです」みたいなことを
言ってたのを思い出しました。基本そのスタンスは変わってないんでしょうね。

でも、主演はやはりその作品を背負って立つ立場ですから、タフさも必要ですよね。罪と罰の密着を
見て、軽蔑の頃より遥かに芯が太くなっているのを感じました。堂々としていたし、たくましくなったと
思いました。現場からの信頼も厚く、現場の中心に堂々と立ってましたね。
世之介の現場はお馴染みの沖田組なので、本当に生き生きとしてましたね。
こちらまで笑顔になってしまいそうな現場。今から作品がすごく楽しみです(*^_^*)。

そして、相変わらず良くも悪くも飾らない、本当にありのまま・・・正直な人だなと思いました。
言葉が足りなかったり、自然体過ぎるがゆえに、誤解を受けることもあるだろうなぁと思うのですが
・・・まっすぐな人だなといつも思います。それが最大限の魅力でもありますが。
「嘘がない人」と周りの多くの人に言われるのがよく分かります。身近な人からは信頼され愛されて
いるのでそれでいいとは思うのですが、公共の場でのあまりに正直過ぎる発言は見ていてたまに
ハラハラします(笑)。言葉が足りないからですね、たぶん。ま、それも含め高良健吾ですがね(笑)。

二度に渡り長々コメントで失礼しましたm(__)m

ひろぴさん、おっしゃる通りだと思います
彼の仕事との折り合いのつけかたとして、主役だから脇だからと言う線引きが
ないのだと私も思うのです
その人間になるにはどう理解したらいいのかと、考えて悩む
どこかその役に共通するところが自分にないかと探す等々
それが見つからないから苦しむ場面も多々あったようで
そういう役への入り方が、高良健吾が今まで歩んできた道なんですね

で、言葉が足りないんです
表現方法がちょっとだけ足りないんですね
彼の言葉の選び方が間違っているわけではないのだけれど、文章にすると
それが如実にわかるというか。。
それも含めて高良健吾だと私も思います
彼のブログの行間にある言葉を探すのも、またおもしろいかなとww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裸にしたい男 前編をみた:

« 裸にしたい男 | トップページ | 海洋天堂がWOWOWで放映 »