フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

高良健吾として

Google検索などで、高良健吾って検索すると
恐れ多くも、ここがけっこう前あたりでヒットしていた時がありまして

でもね
ここ最近は、前にヒットしなくなりましたよね
それって、すごく嬉しいことだって思います
だって、それだけ話題として、いろんな高良健吾があがってきたってことですよね
いつだったか、検索したら、ここがトップに出たことがあって
オフィシャルを押してなんでだよ!ってある意味凹んだこともありまして
そんなに検索されないの?って。。。

それが今は、高良健吾で検索したらいろんな記事がヒットするようになり
嬉しくてたまりません
横道世之介のPR時期だったこともあるのかもしれないけれど
高良健吾の真摯な姿を、メディアも追うようになってくれたのでしょうね

ありがとうございます
これからも、ぜひ高良健吾の活動を追っていただきたいです

ステキな俳優になること間違いなしです
ファンの欲目だけじゃなく、これからの映画界の未来をいろんな方々とご一緒に
担っていく存在になると確信しています

その結果が、横道世之介だと思っています

沖田監督だけじゃなく、いろんな方々との関わりをもって
これからの高良健吾の未来を見届けたいと思います

らぶ、健吾!

横道世之介をみた

本日、2月23日
横道世之介の初日を迎えることができました

ここ数週間に渡るバラエティ等々の出演により
テレビなどメディアで取りあげられることが多く
映画、横道世之介がついにひとりだちをしました


私は、福岡のプレミアム上映会で一度みたので
今回は二度目のスクリーンでの世之介です


九州の長崎県から上京して、一人暮らしをしながら大学へ通い
特に強烈なインパクトがあるわけでもなく、数年経ったら忘れてしまうような
そんな日々を、世之介を軸にして、いろんな人たちが関わっていくお話です

時は80年代で、バブル全盛期でありながら、世之介にとってのバブルは
せいぜいバイトのベルボーイでの高額チップだったり
そんな普通の学生が織りなす、春夏秋冬をおもしろおかしく、そしてせつなく
物語はすすんでいきます

世之介に恋をする祥子もまた、家柄はいいのだけれどごく普通のお嬢さんで
世間一般ではマイノリティであるゲイの加藤も
命の大事さを世之介に教えるきっかけにもなる、倉持夫妻だったり
世之介のまわりに集うみんなが、世之介ってそういえばいたよねって
思いをはせる16年後だったり
普段は忘れていても、ふとした時に世之介に出会ったことで得をしたと感じるのです


この映画、映像が特別きれいだとか、CG使った大演出があるだとか
音楽が迫力あるだとか、そういったこと、ほとんどないです
じゃ、どこにインパクトがあるの?と言われたら、インパクトという意味では
ないんだよねってことなんですね
なのに、なぜこの映画に惹きつけられるのか?と考えると
シーンごとに、脇をかためる友人ごとのエピソードのそれぞれでの
世之介の関わりが、自分の日常の延長のように、そういえばそんなことあったよね
って思わせる何かがあり
それと、祥子との関わりを徐々にあっためて行くその様子だったり
大学を辞めて家族を養おうとする倉持が、ホントの意味で頼れるのが世之介だけだったり
ゲイであることを告白して離れていくことを覚悟した加藤に対して「なんで?」と返す世之介だったり
何者かわからないパーティガールの千春への淡いあこがれのわりに、強引に近寄ろうとするあたり
普通だったら、そこは引くだろう?ってところで「なんで?」と思うあたりが、空気を読めないって
ことになるのだろうけれど、そこが世之介の人間力で嫌味がなく
そんな感じで、周りの人たちに関わっていくのが、世之介の魅力なのですよね


いろんな場面で、心があったまるシーンがたくさんあります
私がいいなぁって思ったのは、倉持の赤ちゃんが産まれた後に
実家のお母さんへ公衆電話でかけるシーンです
命の偉大さと、自分をこの世へ迎えてくれた、まさに世之介として
この世へつれてきてくれたお母さんの声が聞きたかっただけっていうシーンだったり
多分、この映画をみた方々にそれぞれの「ここ好きだな」ってシーンが数多くあると思います

いろんな「ここがいいよね」ってことを皆さんの思いとして感じてもらえたらうれしいです


そうそう
千春のDJのシーンで、19歳のゆうたくん?だっけ?の恋の悩み相談
あの声って高良健吾なのかな?
年上の彼女とどう接したらいいのかわからないって相談のあれです
いろんな隠し球がありそうで、これからも何度か映画館へ通う楽しみがあります


それと
私は高良健吾のファンなので、今までどうしても彼中心に映画をみていました
彼が出てきたら、彼だけに集中してその周辺の景色をよくみることはなく
DVD化されてから「こうだったんだ」って気がつくことが多かったのですが
この世之介、なぜか高良健吾が出ていても、その時の中心になる話題に
自然と視線が動くのですね
今までだったら絶対にないことです
高良健吾の魅力が減ったのか?と言ったら、それはまったくの逆で
この世之介で大好き度数が今までとは比例出来ないほどの、急上昇ぶりで
大好きでたまらないのですが、それでもその他の景色や人物に目が行くのが
横道世之介の魅力の一つなのだと思います



今日もまた、ラストシーンで涙がこぼれました
思わず声がでそうになったほどです

そして、そのままエンドロールに行くのですが
トップクレジットの高良健吾にまた泣いてしまいました
でも、泣き笑いです

心へ水まきしたような、そんな涙がでる映画、それが横道世之介だと思います



本日、福岡から横道世之介の旅立ちの後ろ姿を見届けました
全国各地で、世之介の旅立ちの後押しをしてくれたファンの方々と一緒に
この映画のよさを多くの方々へ伝えたいと思います

また来週、会いに行くよ
だからロングランでお願いね


横道世之介、ステキな映画です

ぜひ映画館へ足を運んでください!

世之介ガンガン

皆さん、もうご存じだとは思いますが
世之介の宣伝でなんと、バラエティに高良健吾が出ます
それもなんとなんとの、スマップビストロです

今のところ、ファンクラブで発表されているのは
そうだ旅(どっか)に行こう
世界仰天ニュース
火曜サプライズ
スマスマのビストロです
噂であがっているのは、A-Studioやおしゃれイズムなどなど<未確認情報です


バラエティですよ、みなさん
もうどうしたらいいんでしょうかねww

とりあえず、まずはビストロを見守ることから始めます
世之介の評価も良いので、こういったバラエティで興味を持ってくれる人たちが
一人でも多く映画館へ足を運んでくださることを願いたいです

横道世之介、本当にいい映画です
絶対おすすめです
ホントにおすすめです
もうね、ファンじゃなくても楽しめる映画です
ホントです。。。w

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »