フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 世之介ガンガン | トップページ | 高良健吾として »

横道世之介をみた

本日、2月23日
横道世之介の初日を迎えることができました

ここ数週間に渡るバラエティ等々の出演により
テレビなどメディアで取りあげられることが多く
映画、横道世之介がついにひとりだちをしました


私は、福岡のプレミアム上映会で一度みたので
今回は二度目のスクリーンでの世之介です


九州の長崎県から上京して、一人暮らしをしながら大学へ通い
特に強烈なインパクトがあるわけでもなく、数年経ったら忘れてしまうような
そんな日々を、世之介を軸にして、いろんな人たちが関わっていくお話です

時は80年代で、バブル全盛期でありながら、世之介にとってのバブルは
せいぜいバイトのベルボーイでの高額チップだったり
そんな普通の学生が織りなす、春夏秋冬をおもしろおかしく、そしてせつなく
物語はすすんでいきます

世之介に恋をする祥子もまた、家柄はいいのだけれどごく普通のお嬢さんで
世間一般ではマイノリティであるゲイの加藤も
命の大事さを世之介に教えるきっかけにもなる、倉持夫妻だったり
世之介のまわりに集うみんなが、世之介ってそういえばいたよねって
思いをはせる16年後だったり
普段は忘れていても、ふとした時に世之介に出会ったことで得をしたと感じるのです


この映画、映像が特別きれいだとか、CG使った大演出があるだとか
音楽が迫力あるだとか、そういったこと、ほとんどないです
じゃ、どこにインパクトがあるの?と言われたら、インパクトという意味では
ないんだよねってことなんですね
なのに、なぜこの映画に惹きつけられるのか?と考えると
シーンごとに、脇をかためる友人ごとのエピソードのそれぞれでの
世之介の関わりが、自分の日常の延長のように、そういえばそんなことあったよね
って思わせる何かがあり
それと、祥子との関わりを徐々にあっためて行くその様子だったり
大学を辞めて家族を養おうとする倉持が、ホントの意味で頼れるのが世之介だけだったり
ゲイであることを告白して離れていくことを覚悟した加藤に対して「なんで?」と返す世之介だったり
何者かわからないパーティガールの千春への淡いあこがれのわりに、強引に近寄ろうとするあたり
普通だったら、そこは引くだろう?ってところで「なんで?」と思うあたりが、空気を読めないって
ことになるのだろうけれど、そこが世之介の人間力で嫌味がなく
そんな感じで、周りの人たちに関わっていくのが、世之介の魅力なのですよね


いろんな場面で、心があったまるシーンがたくさんあります
私がいいなぁって思ったのは、倉持の赤ちゃんが産まれた後に
実家のお母さんへ公衆電話でかけるシーンです
命の偉大さと、自分をこの世へ迎えてくれた、まさに世之介として
この世へつれてきてくれたお母さんの声が聞きたかっただけっていうシーンだったり
多分、この映画をみた方々にそれぞれの「ここ好きだな」ってシーンが数多くあると思います

いろんな「ここがいいよね」ってことを皆さんの思いとして感じてもらえたらうれしいです


そうそう
千春のDJのシーンで、19歳のゆうたくん?だっけ?の恋の悩み相談
あの声って高良健吾なのかな?
年上の彼女とどう接したらいいのかわからないって相談のあれです
いろんな隠し球がありそうで、これからも何度か映画館へ通う楽しみがあります


それと
私は高良健吾のファンなので、今までどうしても彼中心に映画をみていました
彼が出てきたら、彼だけに集中してその周辺の景色をよくみることはなく
DVD化されてから「こうだったんだ」って気がつくことが多かったのですが
この世之介、なぜか高良健吾が出ていても、その時の中心になる話題に
自然と視線が動くのですね
今までだったら絶対にないことです
高良健吾の魅力が減ったのか?と言ったら、それはまったくの逆で
この世之介で大好き度数が今までとは比例出来ないほどの、急上昇ぶりで
大好きでたまらないのですが、それでもその他の景色や人物に目が行くのが
横道世之介の魅力の一つなのだと思います



今日もまた、ラストシーンで涙がこぼれました
思わず声がでそうになったほどです

そして、そのままエンドロールに行くのですが
トップクレジットの高良健吾にまた泣いてしまいました
でも、泣き笑いです

心へ水まきしたような、そんな涙がでる映画、それが横道世之介だと思います



本日、福岡から横道世之介の旅立ちの後ろ姿を見届けました
全国各地で、世之介の旅立ちの後押しをしてくれたファンの方々と一緒に
この映画のよさを多くの方々へ伝えたいと思います

また来週、会いに行くよ
だからロングランでお願いね


横道世之介、ステキな映画です

ぜひ映画館へ足を運んでください!

« 世之介ガンガン | トップページ | 高良健吾として »

高良健吾」カテゴリの記事

コメント

無事、公開しましたね♪ わたしもあのラジオの声、一瞬「そうかも!?」と感じたんですけど・・・どうなんでしょう。もうちょっと若いコのようにも思いましたが・・・劇場通いで何度も聴き直すつもりです(笑)

エンドロールのクレジット 誇らしいです!!!
最初の「高良健吾」と さいごの「横道世之介」というタイトルと。
感慨深いですね・・・じーんとして、また涙がでちゃいました。
改めて見直して、2時間40分の物語の丁寧な積み重ねが、
観終わって席をたつときの、あのなんともいえぬ爽快感と、
こころをふわっと軽くしてくれる温度を作ってくれてるんだなーと感じていました。
沖田監督、ほんとにすごいなあ。多謝です。
監督が、横道世之介を撮ってくれて、高良健吾が演じてくれて
あのチームがこの作品を作ってくれて・・・ほんとに幸せです。


無事に公開しましたね。よかったです。

私もどの作品でも映画のエンドロールが大好きです。
作品に携わった方々が総出演するエンドロール、携わったすべての人の
愛を感じますよね。
黒い画面のトップに「高良健吾」の文字が出てきた時、あ~この作品の顔なの
だなぁとしみじみ思います。
そして一番最後に監督のお名前が出てきて・・・なんとも言えない気持ちになり
ますよね。今回は最後に「横道世之介」と出てきて、それもまた素敵でした。

正直まだ胸がいっぱいで、感想はなんとも言い表せません。
雪のキスシーンと最後の世之介が走っていく姿がたまらなかった
です。忘れられません。

横浜で2回目の世之介見てきました。

舞台挨拶どのお話は、ひろぴさんが書いてくださったので。 ただ、今回は前から2列目センタ-のど真ん中の席でしたので、本当にケンケンを堪能できました。

で映画の話ですが、とにかく、ラストが好きです。世之介の死をさらっと扱っているところが原作より好きです。

佑君と黒田さんとの絡みが相当好きです。苦役列車のケンケンの彼女の感じと完全にクロスしてました。同じ時代ですものね。

それと、原作を読んでボートピープルの逸話はどうするのか1番気になってたのだけど、しかっり扱ってくれて良かったです。

もしかすると、沖田監督今までの作風変えてくるのかと思ったけど、そんなことなくてその頑固さに拍手。

前にも書いたけど、本当にしっかり人の匂いのする映画で大好きです。

横道世之介、やっと公開されて嬉しいです。
私達ファンも最初の制作発表からほぼ1年、原作読んで愛してあたためてきた特別すぎる作品です
私は試写で何度か当たったので昨日で5度目の観賞です。
「また同じ映画を観に行くのか?」と旦那はあきれますが、なんのなんの~
観て何日かするとまた世之介さんに会いたくなる。そんな作品って初めてです。

私はとにかく、よのしょうが可愛いくて可愛いくてしょうがないのです。
娘もなんであの2人が別れることになっちゃうのか不思議がっています。
2人の距離が少しづつ少しづつ近付いていき、病室で名前を呼び捨てにするシーンでは、
私もあのお手伝いさんと一緒に泣いてしまいますwww

雪の中での可愛いタコちゅうシーンも大~好き。テレてはしゃぎ回るとこ、可愛いすぎ♪

それと大人祥子がタクシーの中から16年前のよのしょうを見ているシーンは必ずやられますwww
松葉杖の祥子をいたわりながらも早くホテルに行きたい世之介。あー思い出してももうダメですwww

あとはうっかり妊娠させちゃった倉持が引越したばかりの部屋で、家族の為に頑張る宣言のシーンも泣けるwww
なんだか泣けるシーンばかりですが、そんなシーンが好きなお年頃なのかもですね、私。
それまではクスクス笑ってます。
そしてJ-WAVEのニュースを聞いてからは尚いっそう世之介が愛しくてたまらなくなります。
お母さんの手紙語りにほろりとします。終わり方も良かったです。
わんこのお尻をパチリ☆桜をパチリ☆で、未来に向かって元気に走って行く世之介。
アジカンのぴったりな曲☆エンドロールの最初に出てくる高良健吾の名前との併せ技☆で、毎回タオルが要ります
このステキな作品を沢山の人に観て頂きたいですね。世之介さ~ん、大~~好き♪

みなさん
初日を無事迎えることができて、うれしいですよね

>こうらっちさん

あの声、どうなんでしょうね
似ているなって思うし、世之介と千春の関係にも近いし
そう思って聞くのも楽しいですよね
エンドロールで感動できる高良健吾ファンは、私だけじゃなく
たくさんの方々も同じ思いをされているってわかって、うれしく思います
沖田監督との仕事は、今後も続くことを願いたいですね

>ひろぴさん

言葉に表現するのって、この作品は特に難しいと思います
どこに感動したの?何がそんなに心に響くの?かって難しいですよね
この作品は、映画を観た人たちそれぞれの心の場所に落ち着くのかなって思います
ラストからエンドロールにへの流れが最高ですよね
この映画、本当にステキです

>meさん

私も佑くんと黒田さんのあのシーン大好きです
「踊らんば」って方言もいいですね
おばあちゃんの葬式で食べているカステラは福砂屋だと思います

世之介の死をラストに持ってきたら、哀しい終わり方だったのですが
未来に向けて明るくあるく表現としての、あの子犬や桜の花だったんですね
お母さんの祥子へのお手紙の話も、哀しいはずなのに穏やかな気持ちになるし
あのエンディングは本当に素晴らしいと思います

>アコさん

何度観てもあきないですよね
それよりも、またすぐに会いに行きたくなる映画です
私も公開前日に、あわてて前売りを3枚追加しましたw
レディスデイなどを狙っていたけれど、タイムスケジュール見たら無理かもって思いましてw

で、あのお手伝いさんは最高ですよね
笑ってみたり、涙したりで、ホントいい味出してます
この映画、ホントにロングランして欲しいです
また九州のあちこちに世之介おっかけツアーしそうですww

これも声を高らかに言いたい!

横道世之介に出てくる人々に、いやな人が一人もいないのです
まさに、私が待っていた「誰も嫌いな人がいないラブコメ」そのものです
ラブコメか?って言うと、そこはちょっと違う気もするけれど
よのしょうをメインにすると、それはラブコメだったり、純愛映画だったり
見方がその都度違う映画なんですよね、世之介は

この映画、見ただけで得したした気分になる作品です
これがこの映画の見終えた感想の大きな一部だって思います


あぁぁ、世之介が好きでたまりません
世之介が好きでたまりません
ホントに好きになると思います

映画館でぜひ多くの人に見ていただきたいと、ファンの一人として
声を大にして伝えたいと思います!

遅まきながら本日見て参りました
噂に違わず、そして想像をはるかに超えて素晴らしい映画でした
ラストシーン、涙があふれました。『今を生きて』の音楽が染みました

2時間40分という時間がウソのようで、そこで敬遠されたら惜しい映画ですよね
すべての役者さんが良かったですが、私はとくに倉持役の池松さんが好きでした
ケンケンとの共演シーンは必見ですよね。すごくたどたどしく、なのに凛としていて、素敵なシーンでした

まだまだ盛り上がってくれるといいですね。私もあと何回か観にいく気がしています

常連子さん、ラストすごくいいですよね
祥子を見送って、さらっと日常に戻り
子犬を追いかけて、お巡りさんのあくびにシャッターを押し
子供達にからかわれて。。。
そして、エンドロールに向かう

なんてステキな終わり方なんでしょうね
沖田監督の世之介へのラブレターって綾野さんがおっしゃていましたが
まさにその通りの終わり方だったと思います

できるだけ何度も映画館に足を運んでいただきたいと思います
私はすでに、世之介禁断症状が出ています
すぐにでも映画館に走りたいです!

今日レディースデーを利用して、3回目の世之介鑑賞してきました。
回を重ねるほどに飽きるどころかどんどんハマっていく・・・、伊藤さとりさん曰く、
まさにスルメ映画だと思いました。

沢山好きなシーンはあるのですが、
祥子ちゃんが退院する日の病院の廊下のシーンがすごく好きです。
「でも、どうしても一緒にいたいんだよ」っていう世之介が、本当に可愛くて、
なんだか切なくて、いつも涙がでるんですが・・・。
あと、祥子ちゃんがタクシーから見つめる、かつての二人の幻影のシーンの映像が、
素敵過ぎて泣けます。

あとは雪のキスシーン
倉持の子供が生まれたあと公衆電話で実家に電話をかけるシーン
満面の笑みで走っていく世之介の最後の超ロングショット
も大好きなシーンです
挙げたら切りがないのですが(^_^;)。

クリスマスのシーンからは胸がキュンキュンしたり、切なくなったり、ずっと泣きっぱなし
でした。
ベルばらのピエール坊やとシャルロットはかなりツボりましたww

「面白い映画」「感動する映画」というより「優しい映画」だと思います。
人がただ生きている、それがたまらなく愛おしい映画だと思いました。

すごくピュアなものに触れた時に流れるような涙がでます。
「はじめてのお遣い」とか「フォレストガンプ」を見た時と似た感情が沸き起こりました。
↑↑分かるかな(^_^;)??

3月からは仕事に復帰するので、今月中にできるだけ観ておきたくて・・・
がんばって連続で観ました(^.^)。


ひろぴさんがあげられたシーン、全部好きです
そしてどれも涙がこみ上げます
一つの流れとして、どうしても祥子ちゃんと一緒にいたいんだの後に
「愛し合うのがいやということではありませんのよ」のシーンもいいですよね
上半身裸で正座して「はい。。。」しょぼーんの世之介がかわいくてかわいくてw
主導権握ってしまった祥子もまたかわいくてw

優しい映画、まさにその通りだと思います
この優しさ、寅さんシリーズに通じるものがありそうです
っていうか、寅さんみたことないんだけどw
みんなが優しい気持ちになる、そんな映画、すごくステキですよね

それと、仕事復帰おめでとうございます
マイペースでお願いしますね(o^-^o)
私も3月から職場でかなり大きな動きがあります
吉と出るか、凶と出るかってとこです
世之介を心の励みにがんばります

ていうか、世之介禁断症状を必死に耐えています
映画館に行きたくて行きたくてどうしようもないです
車ではずっと「今を生きて」の無限ループ状態だし
世之介に会いたくてたまりません

舞台挨拶つき3回目の世之介を見に池袋行ってまいりました。

この映画本当に癖になりますね。ふとした瞬間にいろんなシーンが蘇ってくる。そしてまた見たくなる。yukoさん多分あの電話相談の19歳の彼の声は80%ケンケンだと思います。そこも確かめながら、今日も見てました。ケンケンは意識しないで話すと語尾に独特なアクセントがあるのです。あの、声も主にもありましたもの。それと世之介は全然役を作ってないように思います。なのに、あんなに愛おしく思えるのは、ケンケンがやってるからなんだろうと思いました。

舞台挨拶のほうはもうすでに、ツイで流されてますから見てらっしゃると思いますが衣装はあの通り、メガネは珍しく種田メガネでした。シャツは皆さんお好きな第一ボタンカから留めの、ボトムは珍しくジ-ンズそれをちょっとゆるく履いてました。私服ですかね。可愛かったです。
それと、ネットでは伝えられなかったニュ-ス。前回は前貼りでしたが、今回はお尻でした。

どうして、私の行く回は下ネタに終始するんでしょうか?

映画の上映時間が2時間40分あることで人間のお尻は長時間座るようにできていないという話を黒田さんがし始めたら、ケンケンと佑君で黒田さんのこといじるいじいる。みてるこっちはこのグダグダと-くさいこうでした。話の途中でケンケンの笑いのツボにはまったらしくま~よく笑ってました。

実は笑い上戸だったのね。舞台挨拶、どうせだったら、こういうのがいいです。

ツイでは世之介とんでもないことになっており、本当に盛り上がっています。監督やケンケンのもとを離れ世之介がキャラとしてたってきたような気がします。今までなかったよね。新しい形でしょうか?

上映回数が随分減らされるなんてことも目にしますが、できれば、本当にいい映画なんで、ロングランして欲しいです。

竹井君怖かったですね。でも嫌いじゃないよ。

週末は千年のチケットとりです。世之介とともに、半蔵も自分の中では特別なものになっているので、頑張ります。

昨日の池袋での世之介舞台挨拶は、さすが怒られ4兄弟、期待通りのゆるゆるグダグダなトークでしたね(*^m^)
服装からしてケンケンのデニムはタポタポだし、佑くんや黒田さんはセーターというゆるい感じ。
普段の4人の仲の良さがそのまま出てまして、「この男4人での舞台挨拶が嬉しい」って、自分達の内輪話で
可笑しがってウケているもんだから見ているこっちまでにこにこ顔になっちゃいましたo(*^▽^*)o
「こんな時もあります」って・・マスコミ入ってるのにあんなんで大丈夫?とちょっぴり心配になったけど、(・∀・)イイ!

事務所からお知らせ来なかったけど、とりあえずzipとめざましを録画したら、めざましの6時少し前に出てました。
『高良&柄本、撮影現場で怒られる』 1分もなかったですけどね(笑)

横道世之介、ヤフーの興行成績ベスト10にギリギリ入りましたね(v^ー゜)ヤッタネ!!
レビュー採点では20位。コメント読んでいると、もう一度見たいと言う人が多くて嬉しいです♪
クチコミとリピーターで今後もじわじわ来るといいですね。
私は6度目ですが、まだまだ観に行く気まんまんですww
yukoさんも禁断症状でましたか?やっぱり!! 早急に観に行かねばですね。

退場口でキャップをとって礼をしたケンケンの髪はストレートに戻ってました。
ピアスもしてなかったし、『武士の献立』イン、近い気がしました。

meさん、アコさんの舞台挨拶ステキれぽを読んで、またまた映画館にいきたい病が深刻化しています(*^o^*)野郎だけの舞台挨拶、行きたかったなあ♪めちゃ楽しそうな雰囲気が伝わってきました。高校同級生が放課後の部室やまっくなんぞに集まってワイワイやってるイメージが沸いてきました(笑)

今日は仕事はやく終わりそうなので、夜の回で世之介と待ち合わせしてきます!!

池袋での舞台挨拶、すんごく興味ありました!
meさんアコさんありがとうございます。
そして私、世之介池袋ツイ見逃してます(゚ー゚; 最近あまり覗けてない…。チェックしなw

怒られ4兄弟のグダグダゆるゆるトーク(笑)
かしこまったトークショーよりこういう和気あいあいとしたトークの方が好き♡
DVD特典に入らないかな~。

そうそう私、電話相談の声は100%ケンケンだと思ってます(*^_^*)

ひろぴさん、仕事復帰おめでとうございます。楽しくお仕事できますように☆
こうらっちさん、世之介に逢いに行ってらっしゃーい!

スクリーンで、世之介にあってきました♪

うん、きょうは注意してよく聞いてみましたよ。
J-WAVEのおたよりの男のこの声。
ウンウン、あのちょっと語尾の余韻を延ばすような話し方・・・
ますます、高良くんに聴こえてきますねー
沖田監督だし、そういう遊び心はありそう~

週の仕事終りの「横道世之介」、ほんと身も心も癒されてしまいました(◎´∀`)ノ

今日、ようやく世之介に会いに行けました
ようやくの三回目です

はぁ、ホントに癒されますよね
あの空間、本当にステキです
で、今回いろんなところが気になってチェックしつつみていました
悩み相談の彼はやっぱり本人だよねぇって思ったり
ボートピープルの赤ちゃんはあんな喧噪の撮影現場でも目を覚まさずよく寝ているよねぇだとか
子犬はいい感じで逃げるけれど、あれってよく撮れていたよねぇだとか

で、今回そうだよねぇって感動したのが
いつも「わたくし」と言っていた祥子ちゃんが
海外から帰ってきた自宅で「わたし」って言ったことです
今までは与謝野家の祥子ちゃんだったお嬢様が
自立した大人の女性、与謝野祥子として大地に立っていることを表現したのだろうなと感じました
世之介との出会い、あのボートピープルでの出会いがあって今の与謝野祥子が生まれて
それを懐かしくタクシーの中から眺めるシーンを、改めて「わたし」と表現した祥子の素顔が
誇らしくて、そして世之介を思い出す笑顔がかわいくて、とてもいいシーンだと思います

世之介の部屋に置いてある長崎の凧だったり、いろんなところに見え隠れする郷土愛だとか
清志兄ちゃんとシチューのアパートの女性が似ていて笑えるだとか
また今日も「世之介、祥子」って呼び合うシーンでのお手伝いさんに泣けたとか
嬉しくて笑えて
そしてエンディングに向かって、あの暖かいラストを迎え、エンドロールに入るのだけど
その時ハッと気がついたのです
「あ、世之介は高良健吾だったんだ」と

それくらい世之介は世之介にしか見えませんでした
特に今回は高良健吾と意識して見ていなかったと思います
トップクレジットをみて「あ」って思ったのは自分でも驚きです

世之介は世之介として、その場にいましたね
これこそがまさに、その場にいたってことでしょうね

あっぱれです、世之介さん!

また会いに行くからロングランお願いよね
まだまだ前売りあるんだからねw

今日は渋谷HUMAXに横道世之介、沖田監督&吉高ちゃんの舞台挨拶付きに行ってきました。
ケンケンが来ないのに何故って?このイベントの発売開始から時間が経っていたので、もう売り切れたかなと思って
チェック入れるとまだ全然余裕で席がありました。
そのことが逆に(ダメダメ、ケンケンがいなくても、監督と祥子ちゃんを満席でお迎えしないと)と思ってしまったんです。
席は吉高ちゃんがツイで舞台挨拶の宣伝をしたらあっという間に完売したようです 笑
司会はお馴染みの伊藤さとりさん。平日の昼間に満席で感動されていました。
私も幸い有休が取れたので、今日行けて良かったです。面白いお話が沢山聞けました。
いつもはケンケンが必ずいる舞台挨拶に監督と吉高ちゃんの2人きりで、はじめ照れた様な雰囲気でした。

吉)周りにもとっても評判が良くて、本当に私の高感度あげてくれた映画で嬉しいです。
   吉高は嫌いでも祥子は好きとか言われることもあるし。笑 今、ガリレオに入っててスケジュール的にも
   パツパツでやってるので、世之介はのびのびと放牧されてる感じで良かったな~って
監)放牧って(笑)そうは言っても『楽しいぜーイエィー』みたいな感じではないですよ、皆さん
吉)そうそう、私がインした日は高良君と一言も喋らなかったですもん。<ハンバーガーのシーン
   あれ?こんな仲悪かったっけ?って思っちゃった(笑)長崎ロケ行ってから高良君バーーンって(世之介に)なった感じ
監)吉高さんも長崎からそんな感じだったと思うよ <やっぱりロケ地の影響は大きいのね

さ)祥子ちゃんの手の振り方は監督のアイデアですか?
監)う~ん、皆で話しながら皇室の方は縦振りだよねって所からああいう手の振り方になったと思う

さ)好きなシーンは?
吉)高良君がサンバ終わりで飲み物を飲ませるシーン。ただストローを向けると吸ってくれるから何回かやって面白かった
監)実家行って盛り上がるシーンは?
吉)あれも「いとう様」と言ったら、きたろうさんが乗ってくれて皆で「いとう様」になって面白かった。

さ)バスのシーンでなかなか窓を開けられなかったシーンは?
吉)あれは本当にどうやって開けるのかと思ってたら高良君がこうやってって(両方の手で身振りで)教えてくれた
監)笑。あそこは教えてる高良君が映ってるかないかの寸前だった。反対側の窓でタイムラグがあって丁度よかった

さ)衣装が可愛かったですね。お気に入りの衣装は?
吉)クリスマスに着ていたワンピースが魔女の宅急便みたいで好きでした。実際に飛ぶ練習したこともあります。
  また不思議ちゃんとか言われちゃいそう 笑
監)祥子ちゃんの衣装は全部祥子ちゃん用に作ったと思う。どっかから持ってきたのは無かったと思う。
  ボクはプールの(お花の付いた)帽子が好き
吉)えーっ、あれいつの時代のですか?あれで水着で衣装合わせの時、写真撮られるのが一番恥ずかしかった。

さ)祥子ちゃんは愛にまっすぐでしたね?
吉)そこは自分が出たんだと思う。って言うとマスコミにまた書かれちゃう 笑

さ)今日は平日の昼間なのにこんなに満席で嬉しいですね。皆さんに何回観たか聞いてみましょう。
客席)4回~ 5回~<手を上げる
さ)じゃ~5回以上の人手を上げて~? は~い6回で~す
さ)凄いですね。6回の方がいますよ。
吉)セリみたいですね(笑)

吉)高良君がこの映画は続いていく映画だって言ってた意味がようやく分かりました。
  (2年前の震災の)今日のこの日を風化させずにいたい。こうして皆さんを笑顔にできる作品に携われて良かった
  皆さん、お友達や家族等、大事な人を誘って何回でも観にきてください
監)今日は『春の祥子まつり』に来て頂いてありがとうございました
  吉高さんは爆発力のある女優さん。又なにかやるときはキャスティングで頭に浮かぶでしょうね。
吉)嬉しいけれど、両想いになったらその時までまだ続けてなくちゃいけない十字架を背負っちゃいましたね 笑

ちなみに6回観たで手を上げたのは私ですww
でも、後からよーく数え直したら7回目でした(爆)もう何回目かも訳わからんでした。

meさんの時みたいにエレベーターが世之介仕様だったらよかったのに・・ボクらの交換日記仕様でした(´・ω・`)ショボーン
せめて沖田監督と吉高ちゃんの来る今日までは世之介仕様にしていて欲しかったー

よのしょうストラップも買えました。池袋では世之介が売り切れでしたものね。やっぱりよのしょうはペアでないと。。
吉高ちゃんはさすがで、沢山笑わせて頂きました。 で、まぁ、またこんなに長々と失礼いたしました o(_ _)oペコッ

アコさん、ステキなレポありがとう!
で、春の祥子まつりww
春の毛糸まつりのパクリっすねww


私、今日は朝からしばらく「ミントエンジェル」の歌が頭から離れず
3月生まれの~ってループしていました
あれって、結局のところ世之介のオープニングテーマ曲なんすよねw
おかげで、午前中の爆発的忙しさをなんとか乗り切られました(*´ェ`*)

新?屋根裏の方にもおじゃましてきましたが、やっとこちらにコメントが残せます!!
行って参りました。世之介2回目。
7回目wwのアコさんの後で恐れ多いですが。
アコさん、素ん晴らしいレポもありがとうございます。
みなさんから貴重なお話をたくさんいただくおかげで、
自分にとって作品が何倍も何百倍も良いものになる気がします。
ただ観るだけじゃなく、ここはこうだったのね、ああだったのね、
こんな苦労や裏話があったのねって、色んなこと考えながら、
より物語の中に入っていける気がします。
しょっちゅう読み逃げしててスミマセン(ノ_-。)

2回目の世之介は、涙涙でした。
前回はジーンと来ることはあっても涙は流れなかったんです。
1回目はとにかく笑って、楽しい気持ちで終わった、
でも今回は笑えるポイントでも何故だかしんみりして、せつない気持ちでいっぱいになりました。
なんなんでしょ~これ。自分でもよくわかりません。
でもまたすぐ世之介に会いたくなるのは同じでした。
3回目はどんな気持ちになるんだろう。
あともう一回行けたらと思ってます。
世之介ストラップ、私も手に入れましたヨ( ^ω^ )

凄いよアコちゃん!!またまたステキなレポありがとうd=(^o^)=b
「満席でお迎えしないと!」って心意気がもうね、持っていっていいよ?あの子★
今なら、変態の大御所の人も、実は変態の人も、異論はないって。
でも、まぁ一週間位したら屋根裏にでも連れてきて〜
愛のヘドロが沸騰して屋根裏から溢れ出すとマズいっしょ?(屮#°□°)屮カエセー

maakoさん、お久しぶりでやんすー\(^o^)/やっとの世之介おかわりだったのですね!!
私も一緒でした。とにかく2回目はポロポロ涙が止まんなくて、自分でも不思議でした。
今想うと、1回目は高揚感が強かったのかな?なんなんでしょうねw?
あ、私も世之介キユーピーゲットしましたよ。おそろ〜♪

ぷくさん
ヤッター!変態王代行のぷくさんのお墨付きもらったも~ん(v^ー゜)ヤッタネ!! 
え?一週間限定?でもいいや。あの人達まだ気が付いていない?今のうちにあの子★連れてっちゃおっと。
私もストローでお水飲ませたい。世之介みたいに竹井くんも吸ってくれるかな?
キャーッ、たまらんらん♪

私、ストラップとか興味なくて、ケイタイには何もつけてないんですよね
キーホルダーに、韓国で買った熊は何となくつけてますが。。
なので、よのしょうストラップもいらないって思っていたし、地元では売ってすらいないんだけど。。。
なんかいきなり欲しくなってきたww

maakoさん、お久しぶりです~
世之介、観るたびに印象が変わりますよね
泣けてしかたがなかったり、ほっこり笑えたり、くすくす笑ったり
世之介の魅力は言葉で表現できない何かがあるんだって思います
私にとって、どストライクの好みの映画で、泣いてもいいし笑ってもいいし
心の赴くままって感じでいいです
地元映画館は終わるけれど、足を延ばして別の場所に行ってまた世之介に会いたいです
だけど、千年も観たいし、時間がなくてまいってます

>ぷくさん

変態の大御所ってwwww
大御所ってwwww

誰が大御所やねん。

今日は仕事休みになったので、レディースデイで世之介観て来たよ~。
地元の映画館は、ほぼ今週で終わりです(涙)。なので、私的には本当に今日が最後かと
思いしっかり観てきました。5回も同じ映画を観たのは、私は初めてです。でもホントはもっと
観たかったよ~!
土日は仕事なので、meさんアコさん、楽しんできて下さい。沖田監督、会いたかった。

で、今日は開始5分前に着いたのですが、ほぼ満席でしたよ!客層は若い子が多かったかな?
一日一回でいいから春休みまで上映していてほしかったな~。

私は公衆電話から長崎弁で実家に夜電話するシーンと病室の廊下のシーンと雪のシーンで
毎回涙腺が崩壊します。何度見ても泣けます。ピュア過ぎる。

あと、ちょびっとマニアックですが・・・
祥子ちゃんの写真とった後の「うん」って感じの笑顔がすごくすごく好きです。一瞬なんだけどね、
分かるかな~。
それから、ケンケンの手が大好きなんですよ!顔や体のわりに大きいの。指も長いし。
祥子ちゃんの2枚目の写真撮る前に、フィルムの箱見ながらピント合わせる時の手とか~、
祥子ちゃんの家のソファーに座っている時にお膝の上で組んでる手(正面から映ると指が
すごく綺麗なの)とか~
祥子ちゃんの家に行く前に髪直してる手とか~、もうケンケンの手!大好き大好き(惚)。

そして、私が一番爆笑するのは清志兄ちゃんです。踊らんば。
清志兄ちゃんと小沢のキャラが相当お気に入りです。ツボります。


本当に世之介大好き。泣きそうなくらい愛おしいキャラです。思いだすと笑顔になるというか
私は愛おしくて泣けてきます。
大げさな言い方かもしれないけど、世之介は一生私の心の中に生き続けていくと思います。
これからまだまだ色んな役をやり、その度に何度もケンケン大好き~って言ってると思うし(笑)
もっともっと素晴らしい役と作品に出会うかもしれないけど、この作品はきっと私にとっては
ずっとずっと特別な作品だと思います。

なっげぇ~コメント・・・ごめんなさいyukoさん

ひろぴさんに激しく同意です
私もピュアないろんなシーンに涙したり笑ったり
で、踊らんば、最高です
小沢の「あ、はい!」もいいです

私、おにいちゃんのハナビを越えることはないって思っていました
あのタロウのピュアさと、ラストのハナビと一緒にあがってくるクレジットを
上回る作品はそうそうないって
世之介もきっと好きになるとは思ってはいたけれど、予想を上回ることになり

横道世之介、一生をかけて好きでいるって思います
高良健吾が高良健吾でなく、世之介その人であったこの作品
ずっと大好きです

ミントエンジェルの歌が歌えるほど好きです

今日は池袋シネリーブル、世之介&沖田監督とおっサニー軍団の皆様のトークイベントがありました。

昨年の韓国映画『サニー永遠の仲間達』をいいね!と応援してた人達がその後『桐島部活やめるってよ』を観て
そのまま『桐島』もいいね~と応援した放送作家の松崎まことさん、マンガ家の花くまさんたち4人組み
明日は犬童さんなのに今日僕らの回に来てくれてありがとうと御礼言われちゃいました。
お客さんはいつもよりも男の人が少し多かったです。西ヶ谷プロデューサーが司会してくださいました。

サニーも世之介も青春時代と今の時代が行ったり来たりするところが共通しているところ。
沖田監督が中高時代からの友達である前田司郎さんと脚本の段階でも1ヶ月10分×1年間でざっと2時間は越えると。
西ヶ谷P的には、やはりあり得ない長さだったと。
サニー軍はそれでも削った部分も観たかったから3時間50分のDVDとか観て見たいと(笑)<賛成~♪

世之介ポスターやチラシの真ん中で世之介が着てる白いセーターは千春さんとデートに行く為に白石先輩に借りたけど、
千春さんにスッポカされた時の当時流行っていた厚手の白いセーターなんですって<そういえば本編に出てこなかった

上京したばかりの世之介の服装が1年で少しづつ洗練されていくのも感じていただけたらと。。
最後の方で江口のりこさんに自分で「僕も成長したかも」と言ってしまうのはどうよと。
そこはやっぱり世之介で、究極の凡人だと。目の前の出来事に一生懸命。だからこそ亡くなり方もああだったのではと。
亡くなるのが最後じゃなかったのが良かったと。
終わり方が(将来の仕事への)スタートなのがいいと。(全員一致☆)
祥子ちゃんもボートピープルからNPO活動に目覚めるとか。。原作イメージが黒柳徹子さんというが、ぴったりだと。
吉高さんはポテンシャル高いけど、祥子ちゃんの配役は始めから吉高さん?高良くんは?
沖田監督は高良君は何度か仕事一緒にしてて世之介ぽい所が沢山あるから始めから高良君しか考えられなかった。
吉高さんも始めから吉高さん以外考えられなかったそうです。

亡くなってるのを知ってから観る2回目は最初観たときよりも愛しく感じて
更に色んな事に気付けるので2回目以上オススメという素晴らしい結論になりました。

最後に放送作家の松崎まことさんが世之介は今年で一番だと力強いお言葉頂きました♪まだ3月だけどね。
meさん、今日は質問コーナーはなかったです。明日お楽しみに~(*゚▽゚)ノ

金曜日に四回目の世之介を観て参りました。なんとも感動を形容しがたい作品です。
更に、屋根裏でご紹介いただいた方のブログが、本当にもう素敵過ぎで
自分の言葉ではまったく思いつかないので、特に好きなシーン(表情)を2つ。
智世ちゃんが生まれて、ガラス越しに見つめている時の表情。
それから、まさにラスト。カメラを手に駆け出す時の表情、この2つです。
その視線の先にあるものは、幸せを予感させても、決して死に向かってはいない。
世之介の素直な表情のまんま。だけど、可愛くて可愛くてたまらない表情でした。
何度も言ってることですが、やっぱりケンケンは表情が魅力的だと改めて。
そこだけ切り取って絵になる。そんな表情が、いつにもましてたくさんある作品でした。
世之介らぶ。


おっサニー軍団?想像しただけで濃ゆそうですww
楽しいお話し、いつもごちそう様です(^人^)アコちゃん。

おっサニー軍団って、やっぱ、おっさんと掛けてるわね。うん、掛けてる掛けてる。

思い出したことも追加で・・
ハンバーガーシーンで祥子ちゃんの帽子が落ちてきたり、クリスマスにクラッカーが中に入ったり、加藤とのスイカのシーン等、
たまたま現場で長回ししていて撮れたシーンについて、
サニー軍団から「映画の神様が微笑んでくれてる!」と言われてました。
沖田監督と前田さん、中学でアメリカのアカデミー賞を獲るのが目的のアカデミー部を作って
英語でスピーチもできなくてはとか考えてたらしい<かわいい♪
沖田監督がすぐにサッカー部に入ってアカデミー部はあっという間に消滅したらしいけど・・

公開日って本当にお別れ日なんですね(ノд・。)
キャスト達は皆売れっ子だからそれぞれ別々の現場に行ってしまい
今は沖田監督が一人で孤軍奮闘頑張って走り続けて下さっています。
来年の日アカ、世之介テーブルでダーンと又皆で集まれたら最高なんだけどなぁ~♪


私も世界の中心で愛を叫んじゃお!

皆さんの好きなシーンやマニアックポイントを踏まえての観賞も楽しさ倍増します♪
私は追加で・・室田さんの写真展で作品を一心に見つめている姿が好きです。
それからやっぱり最後の終わり方。明るい未来にむけて笑顔で走ってく姿。
アジカンの今を生きてが流れ高良健吾の名が上がっていく。
アジカンの曲が明るく前向きでぴったりきます◎
大好きなこの曲とともにイケメンじゃない世之介という愛されキャラができた喜びと幸福感に包まれます。
嬉しくて嬉しくて泣けるくらい嬉しいです。やっぱり特別すぎる作品です♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横道世之介をみた:

« 世之介ガンガン | トップページ | 高良健吾として »