フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 高良健吾として | トップページ | 日本アカデミー賞をみた »

千年の愉楽 初日

本日、千年の愉楽が公開されました
あの美的半蔵がついに全国へお披露目です

。。。だけど、福岡はまだおあずけで、来週公開です 汗

http://eiga.com/news/20130309/4/

http://eiga.com/news/20130308/12/


千年の愉楽、来週も私は見に行けない可能性が高いのです
とある会議?に出席せねばで、おまけに昼間っから飲みありで。。
次の週までさらにおあずけになりそうです 大汗

千年の愉楽、ご覧になった方々
美しい半蔵に会えてよかったですね!

私もあと少し我慢して待っていますw


今日は世之介の五回目に行ってきました
これで最後になるかもしれません

そんな日に、自宅の木蓮が咲きました

Photo

だけど、春一番なのか?今日は風が強くて
木蓮が強く揺れていました
毎年、咲き出したら雨だとか強風だとかで
美しい姿があっという間に過ぎてしまいます

今年も試練の中、きれいに咲いてくれています
世之介と半蔵へのエールのように。。。w

« 高良健吾として | トップページ | 日本アカデミー賞をみた »

高良健吾」カテゴリの記事

コメント

yukoさん、新たに千年の愉楽トピック、たてて頂いてありがとうございますm(_ _)m

今日の初日舞台挨拶、朝一番のテアトル新宿1回目からマスコミの入らないキネカ大森にハシゴして
1回目、2回目とおかわりまで。生ケン舞台挨拶&計3回の観賞でした。

「このー貪欲祭りめー!」とミチルちゃんにフライパンでボコられそうですΣ(゚д゚lll)アブナッ !

愛ゆえなので、神様、皆様、ミチル様、お許しください。
ただ愛に体力がついていけず・・帰って来て体中湿布だらけです(ノ∀`) アチャー

今、レポりたいのはやまやまですが、又明日お話させてくださいね。

うつくしいモクレンですね。
木の上に咲くスイレンのようにも見えます♪

千年の愉楽も、旅立ってゆきました。たくさんのひとの胸に
この作品も届きますように。

アコさん、質問コーナーがあったそうですね。
なにか質問されましたか??

yukoさん、
ニュースでみた福岡は黄砂の為かけむって映っていました。
PM2.5とやらも心配です。九州地方の方くれぐれもお大事になさって下さい。

えっと、yukoさんはまだ半蔵には会えていないのですね?
その辺、ネタばれにならないように気をつけます。

なにしろ半蔵の美しさは並外れていますので、この役は圧倒的な美しさと存在感のある
ケンケンでなければ成り立たなかったと思います。
いつかmeさんやぷくさんが仰っていたようにこの美しい半蔵ケンケンの姿を
フィルムに残して下さった若松監督に感謝の気持ちでいっぱいです。

テアトル新宿1回目の舞台挨拶。
本来ならば初日のロビーでいつもにこにことお客さんをお迎えしてくださったという
若松監督がいらっしゃらなかったのが、やっぱり淋しく残念でした。

いつもは舞台挨拶でネクタイ姿でいらっしゃらない井浦新さんが千年の愉楽の公開される劇場はすべて聖地ということで、
監督にはネクタイなんかしてと怒られるでしょうけれど、あえてネクタイ姿でいらっしゃったそうです。
若松監督のマフラーもステキでよくお似合いでした。
初日を迎えて作品はこらから全国皆さんのもとに旅立ちますけれど、僕はまだまだこの祭りを続けて行きますと
穏やかな佇まいで仰っていました。この良き日に神々しいほどでした。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+

高岡さんはきっと皆黒だろうな、ちょっと重たいかな?と白黒チェックの明るめのジャケットで中はプリントTシャツ。
このTシャツが洋画のプリントらしくて「その映画面白かったよね~」と裏で寺島さんに言われて、
あ、今日は千年の愉楽の日なのにって(爆)

ケンケンは黒ジャケットに黒パンツ。中のTシャツはいつかぷくさんが撮影してくださったアレで、
そうだ旅行こうの熊本で吉高ちゃんとドライブしてた時にも着ていましたね。
この映画を観て頂かないとあるものにならないのでぜひ多くの人に観ていただいてあるものになって頂きたいと。
皆さんに育てていってもらいたいとお願いしていました<はい、世之介とともに育てま~す

寺島さんは黒の上下パンツスタイル。若松監督は今回若い人と一緒にできる事を楽しみにしていたそうです。
ストーリー的にはケンケン、高岡さん、染谷くんの順ですが、撮影は順撮りではなく高岡さんと先に撮っていたそうです。
ケンケンは撮影の2日前に現地入りしていたのですが(たぶんロケ地の雰囲気を感じたかったから)
寺島さんが早くケンケンと絡みたくて監督に言って一日前倒しして撮影が始まったそうです。
これには佐野さんもびっくり。「え?そういう事だったの?凄いな~(ケンケンのこと)それで撮れちゃうって」と。
<早撮りで有名な監督は撮りたい時は待ったなしなんですね。
染谷くんなんか長い間バスに揺られてやっと着いた朝一番で撮影開始があのシーンですからね。
あの裏山に連れて行かれて。。<会場笑いに包まれる

染谷くんは14歳の頃『連合赤軍あさま山荘』に自分を使って欲しいと監督に直訴するも
「(顔が)こぎれいすぎる」との理由でダメだったのが5年越しでやっと叶った撮影だったそうです。
佐野さんが「いいな~こぎれいとか、言われてぇー」で皆爆笑。

佐野さんは、監督と飲んだ時に「今度はちょっといいのが出来たんだよ」って嬉しそうにされていたお話を披露されていました。
佐野さんはいつもはこの場を仕切る監督の代わりに司会をかって出られてユーモアや気遣いで和やかな舞台挨拶にしてくださいました。
監督はきっとこの場にいらっしゃると。キャスト皆同意の表情で監督への想いが伝わりました。
新宿でも大森にも若松監督のミニ写真展があって監督のやさしい表情の写真が沢山見られました。

meさん、テアトル新宿2回目の様子ぜひ教えて頂きたいです。宜しくお願いいたします。


キネカ大森の1回目はティーチイン形式で私は質問できませんでしたが、衣装について等、いい質問が出ましたね。
私も衣装は聞きたかったことでした。
ひろぴセンセ、あと、よろしくお願いいたします。
あ、そうそう、私は1回目終わりに早めに出口ドアを開けたらすぐそこにケンケンがいたんです(=´Д`=)ゞハナヂー
ファンの人にプレゼント貰ってました。握手を頼まれて握手してました。
その辺の人がそれに気が付き便乗握手になりそうなところでスタッフさんに連れて行かれました(´;ω;`)イカナイデーー
ひろぴさんはそぐそこケンケンご覧になりましたか?
あんなに至近距離で綺麗綺麗小顔ケンケンを見れて幸せです♪小さい劇場だからこその出来事ですね。

にしてもですねー今日も身体が痛いっす。ぷくさんに肩と腰をもみもみしてもらいたいっす(ρ_;)プクサーーン、ヘルプー

yukoさん、日アカ、トピックもお願いしたいす(=゚ω゚)ノ o(_ _)oスミマセン

>アコさん

全身もみもみしてさしあげたいですw
体力と気力を振り絞っての貪欲祭、あっぱれでした!
レポもありがとうございます
いやいや、わたくし、皆さんの観察眼と記憶力に脱帽です
あの時来ていたTシャツだとか、そんな記憶覚えていられませんw
せめて覚えているのは、いつものあのネックレスくらいでして
ホントにステキなレポ、毎回感謝しています
また、覚えていることが何かあったら是非披露してください
ぜひぜひw
で、こぎれいで思い出しましたが
高良健吾はこぎれいのレベルを超えての今までだったので
そういう意味でのハンデは大きかったんでしょうね
改めて思いました
今は美形でありながらもださい?世之介も出来るくらいに振り幅が広がったので
美形のハンデは克服されつつあるんでしょうね
だって、世之介、祥子ちゃんに「わたくし以外からチョコをもらえるんですか?」と
もてるはずないって言われるなんて、美的ハンデとは遠い世界の役柄だったりで
なんか、そういうのっていいですよね
。。。って意味不明なこと書いてますがw
私はまだ半蔵を見ていないけれど、ネタバレOKですよ
むしろ予習していけると思うと楽しいです
ここポイント!ってところ教えてください

あ、教えてくださいと言えば
アコさんって赤の人ですか?どの人ですか?
もう世之介行けないかもしれないけれど、気になって気になってww
色だけでも教えてください( ^ω^ )

あ、黄砂は今からがどえらいことになると思います
昨日は空が薄暗かったです。。。

>こうらっちさん

こうらっちさんのブログでのレポ拝見いたしました
くぅぅぅぅぅ!
の、一言ですw
ステキなレポ、ありがとうございます
皆さんのファン活動のお裾分けが楽しみでなりませんw
ファンならではの目線だとか、気がつくところがありますよね
心からのあったかい応援が伝わってきてうれしいです!

yukoさん
美形もハンデとはww 確かにそれはありますね。
美形は美形で辛いことも多いのでしょうね。

私すか?赤ではありませんが色のヒントはここまででお願いします。
あまり皆さんをがっかりさせては申し訳ありませんし・・
はい、DVDまで引っぱります(・∀・)ニヤニヤ
もう世之介打ち切りとはかなり悲しいですね。
これから春休みで人が大勢街に出るのに・・・ううううぅぅぅ(。>0<。)

新宿2回目の舞台挨拶行ってきました。

実は、午前中はピカデリ-で世之介みてからのテアトルでした。(どうしても欲しかった、世之介ストラップゲットしました。そして、県庁おもてなし課のフライヤ-も)

アコさんも仰るとおり、あの写真展素敵ですね。特に、ベネチアでケンケンと撮った数々の記念写真が目をひきました。ケンケンの笑顔が本当に優しい。そして、監督の眼差しが凄く優しいように感じました。(監督サングラスなので)まるで、おじいちゃんと孫のように。

どうしても、2回目は映画を見る前の舞台挨拶なので、割とあっさりしたものでした。ただ、そこで、印象に残ったのが、ケンケン一人が監督のことを若松さんと呼んでいたことです。

ケンケンの中で何かが変わってきているのでしょう。ここ最近の新さんとの対談にヒントがあるような気がしています。

今回はラッキ-なことに前から2番目でした。生ケンケンしっかり堪能してまいりました。
今まで、何度か舞台挨拶にお邪魔して、いろんな方たちにもお会いしましたが、大体の方はテレビで見ているそのままなのですが、何故かケンケンはお会いするたびにイメ-ジが変わる。

     それってなんなんだろう。てのが今回のテ-マ。

樋口さんがおっしゃった、あんたの目はふざけてるが多分正解なんだと思う。
それだけ、目が魅力的なのさ。神様にもらった宝物だと思う。
役者という仕事が天職なのだと思う。

まだまだ、追っかけていくからね。

おはようございます。皆様、ありがとうございます(*^人^*)
いつもながら*素晴らしいレポ、楽しませていただきました♪

アコちゃん、フライパンでミチルちゃんにボコられるどころか
土下座してお願いされるレベルだと思いますよ!?『この子(竹井)引き取って』ってww

さて、ネタバレではないのですけど、余裕があったら観てね?のシーンを一つ。
以前、三重か新宮のトークショーに参加された方のブログで拝見したのですが
ケンケン自身が見所(好きなシーン)として話していたらしいんですね。
頬に傷を負い、オバに振り向くシーンで『頸動脈がドクドクと脈打ってるところ』
自分でコントロール出来たりしない部分なだけに、生々しくていいんだとかなんとか〜
ジュル(*´¬`*)ただでさえ、美くすぃーい首筋なのに、どーしてくれんの?
私も、次回はガン見してみようと思います〜頸動脈〜♪頸動脈〜♪
だけど、あのシーンの半蔵様は妖しいまでの美しさですからねぇ
Σハッとして見とれちゃって固まっちゃって、無理な気が…(*゚¬゚*)ボー
何回も観ないとそんな余裕はないかもしれませんねww

ぷくさん
ありがとう!その話乗った!
だって竹井くん、世之介まつりの陰に隠れちゃってたけど・・
私、めっちゃタイプやね~~んヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
「ボクを甘く見てもらっちゃ困る」って・・コワ可愛い竹井くん、引き取る引き取るって~
 

ん?そしたらsimaさんにボコられる~
ひろぴさんも黙っちゃいないはず。。
wwどっちにしてもボコられる~ww
でもいいの。竹井くん引き取れるなら本望だわさ♪もう、どうにでもして~

初めまして!
yokoさんと同じく、高良くん大好きな者です。
高良くんに対する愛情がすごーく伝わり
私も!!と思い、コメントさせていただきました(>__<)

いらっしゃいませ、めぐみさん

私も高良健吾が大好きですw
日々、彼の活躍を祈りつつ応援活動をしています
ご一緒に楽しみましょうね~!

頸動脈、わたしもきになります(笑)

ケンケン、表情によってはコメカミとかにも血管浮きますよね。ピキっとなったときのお顔もかっこいいのは当たり前ですが~ミチルちゃんの竹井くんは柔和な表情しながら、優しい目をしながら、その瞳の奥底はミチルを束縛するためには手段をえらばない変態な情熱がマグマのように煮えたぎってたように感じて、逆に本能のままに奔放な半蔵よりもそら恐ろしく感じてスキでした(^w^)

http://p.news.nimg.jp/photo/031/423031l.jpg

私が「触角」って言ってる額の血管
ぶふふふ

フリースのCM、思い出しました。ジッパーをお口で…
浮かびあがる〜でこ血管!!
触角(でこ血管)といい頸動脈といい、いい仕事してる。

血管バンザイヽ(*´∀`)/

触覚も頸動脈も大好物でやんす。

千年の舞台挨拶のレポinキネカ大森13時の部です!
アコちゃん、ケンケン至近距離でみたとか!裏山ですたい!
私は友達も一緒だったので、ゆっく~り立ってでました(^_^;)。
でも、近くで舞台挨拶観れただけでも満足しないとね!
相変わらずの美形ぶりに震えましたよ。色白~い!顔ちっちゃ~い!と
心の中で連呼していました。眼鏡も無しでね!GJ☆やればできるじゃないかケンケン。

今回は時間がなくて3人しか質問できませんでした。一番に手を挙げればよかったと
激しく後悔しました。ちょっと出遅れたら時間切れになってしまいましたわ。

いままで聞いたような話がほとんどだったんですが・・・
衣装の件で、原田芳雄が「寝とられ宗介」で着てたコートが、私は前にケンケンが着てるって
聞いたんですが、どうやら高岡くんが着ていたコートがそれだそうです。白いやつかな?
で、半蔵が死ぬ時に着ていた着物が原田さんが着ていた着物だそうです。

あと、映りこんで不自然なもの(現代風なもの)に客の意識が行き、そこを指摘されるとしたら、
それは監督と役者の負けだと若松監督は言ってたと。

あとケンケンは若松監督の素晴らしいところを「常に今を生きているところ。70?になっても
現在から未来と過去をしっかり見ている。とてもカッコいい人だった。自分は25だけど、ときどき
過去にずっと居てしまったりすることもあるけど・・・。」という風なことをいってました。

若松組経験して、前以上に「今を楽しむ」「できないことが楽しいと感じる」という事を実感したの
かもしれませんね。「自由とは何か」を若松監督に教わったと前に言ってましたから。
きっと前より経験や知名度が上がり、より自由に演じる環境も整ってきている事と、何があっても
受け入れる事ができるようになったというか、覚悟ができたというか、この頃から何かが確実に
変わった気がしますよね。

あと、寺島しのぶさんが若松組の事を話してました。
やはり他の現場とはすべてにおいて違うのだと。甘えがないというか、他の現場だとやってもらう
のが当たり前になってしまいがちな事が、若松組はすべて自分でやらなければならないのだと。
佐野さんが言ってましたが、今回は衣装が用意されてたけど、自分で準備することもあるそうです。

あとは・・・寺島さんの大ファンの男性が一番前に座ってまして、昨日のアカデミー賞、僕は
寺島さんが最優秀だと思ってます!とにかく今日は寺島さんを見るために来ました。
若松監督の作品は申し訳ないけどキャタピラーとこれしか見ていません。でもこれから他のも
観ます。と猛アピール(笑)。あっぱれです。私がやったら間違いなくケンケンに引かれる。
でも、そのせいで質問の時間がなくなったなんて・・・言わない、笑。
その方、入場前に私たまたま話かけられて話をしていたんですが、見た目すっごい映画通の
男性だったので、てっきり若松監督のファンだと思っていたのに・・寺島さんのファンでした(爆)。


 今日3回目見てきました。  

そこで思い出した。エピソード。舞台挨拶の時の。

ケンケンの隣は染谷君。 うちの2号と同じ年なのに下手したら、ケンケンの兄のように。
それとやっぱり、独特の雰囲気を持ってらっしゃる。

ケンケンと松田翔太君の再共演を願ってたけど、ケンケンと染谷君でも面白いものができると思った。寅さん的兄貴としっかりものの弟とか。是非。

それとケンケンしゃべり終えた後から様子が変。足は休めだし、顔は触りまくるし、なんとなく、目もうるんでいるような。そんな時しのぶさんから、花粉症の話が。

あ~~~。そうかケンケンも花粉症なんだとあっさり思った私。

でも、実は、色々な方々のブログを読むと、熱い思いをこらえきれずに目には光るものがだったようです。私って単純。

濱 マイクて知ってます?中学生のケンケンが夢中になったやつですよ。

横浜の千年の愉楽をやっている映画館で上映されることになりました。

IWGPは子供たちが嵌っていたので、見たことがあるのだろうけど、こちらは、見たことがない。

来週、千年と2本だてでみyピカと思っています。

そういえば、男糸の写真を撮った方、確かこの映画の監督をやられたかただったような。間違ってたらごめんなさい。

昨日の竹井君効果か お客さんたくさん入ってましたよ。

ひろぴさん
久しぶりにお仕事再開されてお忙しいのにレポ振ってごめんなさい。
衣装のことは私も質問したかったんです。
前にぷくさんから原田芳雄さんの衣装をケンケンが着てるって情報聞いて、15の半蔵が着てる茶色の着物かと
思っていたら、ケンケン自身から死ぬときに着ていた浴衣と聞けてよかったです。
高岡さんのコートは私は朱の縦縞が入ったやつかな?と思いました。
寝盗られ宗介観れば正解が分かるんだけど、うちの近くのTUTAYAで扱ってないの。

佐野さんが若松さんは衣装に関しては良く言えば信頼されてる、悪く言えば丸投げと仰ったのにウケました。
ケンケンは自分は衣装に関してはあまり意見がないと言っていましたね。<私服はこだわりそうなのにね
衣装さんにおまかせしたらハットがあって普段だったら絶対ないって言っていましたね。
自分では思いつかないような衣装が面白いんでしょうね。
ケンケンの半蔵の衣装よかった~
あ、染谷さんの衣装はアイヌの衣装って言ってましたね。確か。

それと紀州弁だからアドリブがきかないって話が面白かったです。
高岡さんが、おばと礼如さんの家に行って白い布袋から缶詰を出して分けてあげるシーンで
これとこれと・・って選んで分けてあげてたんだけど、最終的に袋ごと置いてきてしまい、
礼如さんにこれどうするんだ?と聞かれ「食えー」と言ったシーン。
あれは本当に高岡さんが袋を持って帰るのを忘れちゃって、もう自分はカメラから外れているからとっさに「食えー」となったって。
若松監督はちょっとやそっとのことじゃ~撮り直さないのね。

ケンケンともうちょっとで握手できたのに・・もし握手できたら泡ふいて倒れちゃったかもなので、
あれでいいんだと思うことにしました(p_q*)ウウ・・

アコさん、補足ありがとう♪記憶がかなり怪しくて・・助かります(*^_^*)。

フィッシュ鑑賞中(^O^)/。以前録画もしてるしながら見です。
私過去作品の中では、五郎と佐々木純平が大好物です。やんちゃな弟キャラ可愛いよね~。
歌がうま過ぎる。声がいい。居酒屋のシーン大好き!

首都圏の方にご案内です(^O^)!
キネカ大森・・・
ハッピーチューズデー、水曜レディースデー、ハッピーフライデー、がありまして
なんと週に3回も1000円の日がございます。
しかも入れ替え制でないので、続けて何回も観れます。
余計なお世話かもしれませんが、できればお得な方がいいですよね。
大森まで足をのばせる方にはおススメですよ!
別に私はキネカの回し者ではありませんけど、笑。

あ~五郎カワユス・・・。
ケンケンそろそろ坊主にしないかしら?

ひろぴさん
キネカ大森お得情報、ありがとうございま~す(・∀・)イイ!
私、大森に行ったの初めてだったけれど、大森で思い出した事がありました。
それは大森にあるお弁当屋さんの看板娘?が私の同級生だったという事。
で、ネットで調べて初日の9日にハシゴの途中でお弁当を買いに行ったんです<駅近ですし
安くて美味しいと評判のお弁当屋さんらしくて、土曜日の1時には全て完売でした。
が、同級生には何十年振りかに会えて感動の再会ができました♪
キネカさんに又絶対行きます!今度はお弁当買えるように早めの時間にね。
ハシゴしなかったら、彼女とも会えなかったかもだから、ケンケンのファン活動はいいことがいっぱいで~す(o^-^o)

9日初日キネカ大森の2回目舞台挨拶を私なりにお話させてくださいね。
(3回の舞台挨拶、他の回とミックスジュースになっちゃってるかもですが・・・)
2回目は上映前でしたので、ネタバレにならないようにキャストが監督との思い出話をしました。
 

ケンケンはベネチアに行った時に監督に飲みに誘われた事を話しました。
お酒が監督の体によくない事を知っていたので「一杯だけですよ」と言ったのに、これからの話を楽しくしてるうちに
またもう一杯となり、自分も怒られちゃうと思っても、またまた「もう一杯」となったこと。
本当に嫌な人とだったら一杯だけで帰ると思うしって。
ロケ地でも(皆に)黙って牡蠣を食べに2人で行った事があったって。

これに新さんが、せっかくの健吾くんの美しい思い出を申し訳ないんだけれど・・
それは監督がただ飲みたかっただけだと思うって言ったものだから、会場もケンケンも笑っちゃいました。
そういうズルイところがある人だった。そしてズルイところも隠さない人だった。
だから好きな人も沢山いたけど、そうじゃない人も多かった。
愛情深くて弱いものには優しくて強いものには牙をむいた。ブレない人だった。
憧れる人ってそんなにいないけどあんなオッサンにならなってもいいかなって思うって。

高岡さんは監督は一人ぼっちを作らない人って言っていたのが印象的でした。

佐野さんはとにかく自由な人だったと。
何をやってもOK! 逆にやらなくてもOK!だったと <ケンケンが神に祈らないシーンもそうでしたね
この作品も言ったら差別部落の話をよく撮ったよなぁ~って。
そうそう、ロケ地には高齢者の方が多く、家々からおリュウノオバ達?が出てきて、若い2人(ケンケンと高岡さん)が
綺麗なもんだから「一晩お付き合いしてくれないかしら?」ってパワーのあることを言ってたって(爆)

寺島さんは最前列に2人位いた制服の女子高生に「若松監督の映画、初めて?」と聞くと、
「三島由紀夫と連合赤軍あさま山荘を観ました」とのことでびっくり!
「いやー監督が聞いたら凄ーく喜んだと思う♪」と感激されていました。

若松監督、本当に度量の大きい優しい方だったんですね。
ケンケン、素晴らしい監督さん達との出会いに恵まれてる。
そして愛されている♪ああいうケンケンだからこそですね。
ケンケンの大きな転機となったこの作品を観て愛して少しでもお返ししたいです。

yukoさん、みなさまこんばんは!
愉楽も横道ももっとリピりたいのに、なかなか映画観へ行けませぬ(悲)

>ひろぴさん

おお~衣装のお話も、とても興味深いです!
わたし、あのハットとマントは最初みたときどうかなーっと
一瞬思ったのですが(^_^;)当時はああいうスタイルがオシャレ
だったのですよね。
そして亡くなるときのあの着物(浴衣?)が
原田さんのものだとは~そこにもなんだか「意味」を感じてしまいます。

>アコさん
アコさんもキネカ二部だったのですね♪ご挨拶してみたかったです(*゚▽゚)ノ
アコさんレポで、記憶蘇ってきました♪ありがとうございます。
蒼ちゃんの「(監督は)ひとりぼっちをつくらないひとだった」、すごく
いい言葉でしたね。若松監督、なんでこんなに突然に逝ってしまった
のでしょう。残念でなりません。

ご縁があって、千年の愉楽パンフレットを、しかもサイン入りを
手にすることができました
送っていただいた方に感謝です

皆さんのコメントで、パンフの素晴らしさは聞いていましたが
これほどまでとは想像できませんでした
映画を観る前に、丁寧なパンフを読めることをありがたく思います
今から心して読みます
福岡は今週の土曜から上映です
私は。。。。日曜に行けないかなってことで、お彼岸の中日に行こうって思っています
ある意味、若松監督に会いに行く感覚です、お彼岸なだけに

若松監督の作品は、これが最初です
実はキャタピラーを録画(WOWOWで)していたのですが、世之介ガンガンウィークで
残量が足りなくなって、観る前に削除してしまっていて。。。。涙
今思えば、何故削除する前にメディアに録画しなかったのか、自分でも不明です
それくらい世之介ガンガンに追いつめられていたってことで。。汗
ってことで、千年が若松監督作品は初めてってことになります

パンレットと、皆さんのコメントで予習して、映画館で作品をじっくり観てこようと思います
もちろん高良健吾の頸動脈も確認しますww

千年の愉楽、楽しみです!

こうらっちさん
はい、キネカ大森1,2回ともおりました。
2回目はセンターの2列目でしたので、こうらっちさまとは前後していた可能性大ですね。
ニアミスですね~♪
いつかお隣同士ってことも大ありで楽しみで~す(゚∀゚)

yukoさん
おおぉぉぉ千年の~パンフ手にされたのですね
しかもサイン入り☆おめでとうございま~す♪
これはもうパンフというよりは一冊の本で丁寧な作りです。
新さんが舞台挨拶の度に毎回PRされていました。「お持ちの方も3冊、4冊とどうぞ」と。
ケンケンもキネカの1回目で「今日話せなかったこともこれに書いてあります」と珍しくPRしていました。
予習もバッチリでお彼岸の中日というふさわしい日に若松監督に会いに行かれるんですね♪
半蔵の並外れた美しさをご堪能下さい。

少し先だけど、キネカ大森で世之介の上映が決まったようですね〜

4/6(土)〜4/19(金)の2週間限定上映だとか。

千年〜も上映中だとすると、半蔵と世之介を一緒に観られるんですよね!!
鼻血(ヨダレ)垂れてからホッコリするのか?
ホッコリしてからヨダレ(鼻血)垂らすのか?
どっち〜??

ぷくさん、嬉しいです♪
世之介、終わるところもあるけれど、期間限定でも始まるところありで。。
吉高ちゃんも「この映画(世之介)はまだまだスタミナがあります!まだまだ走りたいです!」と言っていました。
だからこうやって世之介を走らせてくれる劇場に感謝ですww
 
吉高ちゃんは
今までの作品と世之介とでは周りの反響が違う!って直接感じてるんでしょうね。
そうであって欲しい♪

あ、半蔵の部屋で世之介を熱く語っちゃった(^-^;
半蔵も観るからごめんして~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千年の愉楽 初日:

« 高良健吾として | トップページ | 日本アカデミー賞をみた »