フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 千年の愉楽 初日 | トップページ | カラマーゾフの兄弟をみた »

日本アカデミー賞をみた

日本アカデミー賞がありましたね~
高良健吾、二度目の登壇でした
結果はおしかったねって言葉とは少し違うような気がしますが
あの場に立てたことが素晴らしいことだよねって思います
大賞をもらうことが全てではなく、あの場に立てることが
高良健吾が映画俳優である証だと思います

作品賞を受賞した、桐島、部活やめるってよ は見ていませんが
とても興味を持ちました
優秀監督賞を吉田監督が受賞した時、橋本愛さんが涙していたのが印象的です
これで興味を持ってもらいたい。。といった内容のことを話していましたよね

まさに、それが高良健吾がその場に立っている証だと思います
興味を持ってもらって、一つでも多くの作品を観に映画館へ足を運んでもらう
それが彼らがあの場に立っている証だと思います

それにしても、高良健吾はどうしようもないくらいかわいかったですね
ホント、こいつどうしようもないなって、あの赤い顔を見て思いました
たまらんね。。。w

かっこいいんだか、かわいいんだか、わけわからんww

« 千年の愉楽 初日 | トップページ | カラマーゾフの兄弟をみた »

高良健吾」カテゴリの記事

コメント

yukoさん
日アカトピックありがとうございます♪
あの晴れがましい舞台に立たせて頂いたことだけで胸いっぱいです。
ケンケンの登場シーンは、ど緊張感ありありでどぎまぎしました(゚ー゚;
森山さんと隣同士で楽しいお酒飲んじゃったんでしょうね~♪
真央ちゃんに顔が赤いのをつっこまれて、すいませんて謝ってましたね。かわいかったですw
真央ちゃんはケンケンがお酒弱いのをご存知ですし、あのつっこみは元夫婦でなければできませんね。
陽子と和さんみたいでしたww 真央ちゃんにナイスつっこみ賞差し上げたい。
真央ちゃん、ますます綺麗になりましたね。もう真央さんですね。真央さんが司会で良かったね、ケンケン♪

桐島部活やめるってよが最優秀作品賞、最優秀監督賞を取ったことは大きな驚きでした。
日アカは大手メジャー系が強いと思っていましたから。光が見えました☆
桐島~は公開当時は人があまり入らなかったのがクチコミでじわじわと評判がひろがり今でもロングランとのこと。
今の今だからついつい、世之介と重ねてしまいます。
桐島~と同じ現象が世之介にも起きて欲しいです。できれば、沖田監督を日アカにお連れして差し上げたいですww

yukoさん、アコさんに同意。

私、ケンケンの衣装に拍手なのです。
1年に1回のおめでたい席です。揃いも揃って、タキシードていうのも。

なかなか、若手が呼ばれるチャンスは少ないので、難しいかもしれないけど、女優さん同様楽しませてほしいな。

世之介見た方々の評判はとってもいいです。ただ、桐島とスタッフがダブっているのがどう評価されるかでしょう。
私も、沖田監督をあの会場でみたいです。そして、沖田映画ってこんなに楽しいだよ。ということを知ってほしいです。

>アコさん

ふ。。。
私、アカデミー賞より世之介を選んで映画館へ行きましたw
しっかり録画しての世之介ではあったのですが
もう、近所の映画館では観る機会が少ししかないのでいたしかたなくw
で、真央ちゃんはさすが旦那を立てるいい女ですね
森山さんもいたりで、前回よりはリラックスできたのかなと思います
じわじわと口コミで広がる世之介、桐島のように広がって欲しいですね
沖田監督を来年あの場で称えたいですね

>meさん

衣装、今度もよかったですね
普通であることに誇りを持っている彼だけど
ファッションに対しての熱意は、演技よりもしかしたらあるのかもですね
だって、最初のこの世界へのアプローチが、熊本でのタウン誌でのファッションチェックですものね
沖田監督、ぜひ来年お会いしたいです

今年の日アカ、とっても楽しく拝見しました。
みらい君と一緒だったのも嬉しかったです。
ケンケンが呼ばれて出ていく時も、「お酒飲みました」発言した時も
みらい君が隣ですごく笑ってくれてましたね。
カットされてたけど、関根さんがみらい君の隣にいたので、みらい君も何か
撮影のエピソードを話してくれてたんでしょうね。
真央ちゃんもドキドキしてケンケンを見守ってくれてた感じが、何とも微笑ましかったり(*^_^*)。
ケンケンの天然発言に会場も笑ってくれてたましたし、なんだか楽しい授賞式でした。

そして、助演賞のあの方たちの並びにケンケンがいることに胸が熱くなりましたよ!
ほんとケンケン可愛かった(*^_^*)。
来年はケンケン、吉高ちゃん、沖田監督があそこにいると私は信じてます。
正直、最優秀は難しいと思っていますが(^_^;)、でもあの場に三人が居る姿を
すごく楽しみにしています!

そして、桐島の受賞はとても嬉しかったです。
とっても素晴らしい作品でしたから、妥当だと思います!
私は世之介とは少しタイプが違うと思うのですが、
エネルギーに満ち溢れた素晴らしい作品です。
機会があったらぜひ!

ほろ酔いケンケンと未来君、かっこかわいかったですよね〜
お酒の力を借りたのだとしても、あの場で笑顔が見られた事が嬉しくって。
それに正二、大好きなんです。この役でノミネートされた事がまた嬉しくて!!
苦役の公開当時『高良健吾くんは、こんなにいい役者さんだったんだ』
と評していた方がいらっしゃったのを思い出しちゃいました。
ある意味、奇抜な役や陰を纏った役しかハマらないという印象も持たれてたと思うんです。
だけど、正二という普通の青年(しかも少々クラシックな)をリアルに生きていて
受け手の役として、そこを評価されたのがとても意味があると思えるのです。
屋根裏で、meさんがおっしゃっていましたが、この苦役〜千年〜世之介と経て
ケンケンは次のステージへ進めたのだと思っています。転機になる作品に出逢ったのだと。

去年の新人賞は今更感が強くて、どうしても素直に喜べなかったのですけど
名優と評される方達にも、賞には無縁だった方も多くいらっしゃるわけで
誰もが立てる場所では決してないのですよね。数ある映画の中から、沢山の役者の中から選ばれ
この舞台に立つ事が難しくて誇らしいことかと、今年のノミネートでやっと分かりました。

桐島の受賞、皆さんと同じく嬉しく思いました。
去年のでんでんさんといい、変わりつつあるのでしょうか?

来年は、横道世之介テーブルがでん!と構えてあるとよいですよね。
沖田監督とケンケンのほのぼの笑顔が見られますように〜(^^*)ノ

>ひろぴさん

次の時、世之介でテーブルを囲んでいる気がします
っていうか、そうであって欲しいです
沖田監督からどんなスピーチが出るのか楽しみにして
一年を過ごすのもいいものですしねw
大賞取る気にすでになってますが。。w
ファンの欲目ではなく、良い映画ですし
ただ、良い映画だから大賞が取れるわけでもないし
また、大賞が欲しいってことでもないし。。ですよね
でも、またあの世之介メンバーで登壇する姿はぜひ見たいですね

>ぷくさん

奇抜な役が多かったですものね
なので、普通な正二が際立ったってこともあるのでしょうね
それが評価に繋がったのかもしれません
受け手の役って表現、いいですね
二番手の高良健吾って言っても過言じゃないくらい
彼は受けをうまくこなしていますよね
世之介のように主役でドーンも大好きですが
実は、二番手も私は好きなんです
例えば竹井のように、二番手が食ってしまうような。。。w
そういう感じでひかるのも彼ならではかと

来年、皆さんと世之介萌えを再現できることを願っています
その時はぜひ、ガンガンと萌えましょうw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本アカデミー賞をみた:

« 千年の愉楽 初日 | トップページ | カラマーゾフの兄弟をみた »