フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 世之介Blu-ray発売 | トップページ | カレー »

県庁おもてなし課をみた

本日、県庁おもてなし課の初日を無事迎えました

恒例の初日初回をみるのが今回はできず、夕方の部をみてきました
さすが、関ジャニ∞の錦戸さん主演なだけあって、広い会場でした
広々とした大きなスクリーンでみる高良健吾は、これまたかっこよく
楽しい時間を過ごしました

高良健吾演ずる吉門喬介は、なんとなく謎の男。。。ぽい扱いでしたが
結局、へたれで勇気がなかなか出ない、ただの男だったってことでw
そこがまたとってもかわいくてかわいくてw
出演シーンはそんなに多くないだろうと思っていたけれど、かなり場面もあり
とっても重要な登場人物でした

映画のお話もおもしろく、出演者たちの魅力ある演技を十分楽しめました
それに、高良健吾とご縁のある方々もたくさん出演されていて
白夜行での堀北さんに船越さん、青梅街道の大島さんに
マークスの山の甲本さん、小日向さんに相島さん
まるで同窓会のような作品だなぁって思いつつ映画をみてましたw


ストーリーとしては、明神さんが話の初めの方からいきなり掛水くんへ気持ちが行く
その展開が早すぎるよねぇって思ったり
やっぱりサスペンスの帝王は存在感あるなとかw
吉門、小説家なのに小説家っぽいシーンてほとんどないよねとかw
気になるところは多少はあったもののw
風景はきれいだし、主演の二人の一生懸命さが初々しくていいし
きつい性格だと思っていた佐和の堰を切ったような泣き方が、すごく愛しくて
なんてかわいい女性なんだろうって思ったり

そして、なんと言っても、吉門がちょっとウルシダレイジっぽいところだとかw
策士なわりにどこか小心者だったり、だけど高知を愛する気持ちは強かったりだとか
吉門も魅力的な人物に仕上がっていて、とても満足できました
がんばってのばしたのにあれだけ。。なおひげもかわいかったし
あまり出演時間はないだろうと思っていた以上の出番で、楽しい作品でした
終わり方も、今後に光が待っているような感じでそれもよかったです


夕方の部だったからなのか、大きい会場なわりにガラガラで。。w
だけど、錦戸くんファンの笑い声だとか、きゃwって声だとかがかわいくて
錦戸くんがニコって笑うと、ふえぇぇみたいな声が聞こえたりw
うんうん、わかるよ、その気持ち~って思いました
で、高良健吾のシーンでも笑い声なども聞こえたので
あ、よろこんでもらえてるって嬉しかったですね~
また機会があったら映画館に行きたいです



で、今日はとっても疲れ果てまして。。。
「明日ドライブに行こう」って話になったのが昨日で。。。
GWに引きこもっていたし、OK~って返事したものの
夜になって「明日初日じゃ!」って気がつき
しかし、ドライブに行くって返事したのを断るのも、ちょっと。。。だし
で、強行スケジュールで夕方の部に映画館へ行って来ました

正直なところ
世之介が大好きすぎて、この県庁おもてなし課に気持ちのシフトチェンジができず
普段だったら事前にいろいろ調べたりして映画を待つのだけど
どこか印象が薄く、それと仕事がきつくて気力がわかなかったのですね

で、ドライブと映画のダブルブッキング的なことやってしまい
日頃からの体力不足もあって、へとへとに疲れてしまいましたw
映画館でシートに座って始まるのを待っている間に、寝てしまいそうになりww
やべぇぇぇってところだったのだけど、やっぱりスクリーンに高良健吾が出ると
とたんに眠気がすっとび、映画を楽しむことができました

パンフレットに熊本のくまモンのことをコメントしているのが笑えるというおまけもありw
パンフレットもなかなか楽しめます
今度はパンフ、なくさないようにしたいと思います。。。<世之介パンフをなくした件についてw

« 世之介Blu-ray発売 | トップページ | カレー »

高良健吾」カテゴリの記事

コメント

昨夜、観てまいりました。時間的になのか〜客入りはとても少なかったです。

佐和が、とても魅力的に描かれていたと思いました。関さん素敵でした。
ほんわかとしたストーリーの中で、分かりやすい形で衝突し話しを転がし
気丈に清遠家を守りながらも、喬介に対しては途端に乙女になるいじらしさ。
主要人物の誰とも、一番関わりがあったのも佐和だったかもしれません。
表情が次第に柔らいでいくところは、見ていて嬉しくなりました。

ケンケンは相変わらず、佇まいだけで魅せていましたね。
喋る以上の何か。彼にしか出せない空気感が確実にあると思いました。
それから、電話ごしの声にも痺れましたね〜もちろん、にゃあ語もww
プロポーズの時のドアップも、美しくて格好よくて盛大に萌え上がりました〜以上です!!


(゚ ー ゚#)心の声〜♪
ところどころ?白目を向きそうになったり、気が遠くなった。

見てきました。吉祥寺で。

ここは、日本で1番住みたい街として毎年名前が上がります。私大好きな街で、ちかいんでしょっちゅう行ってます。

ただ、唯一ジブリはあれど、映画館少ないし、ライブハウスはあれど、劇場はない。そういう場所なのです。

詳しくは、屋根裏に書きました。

半分以上は埋まってたかな。

想像以上に小学生の家族連れと年配の方が多かったです。朝ドラの影響でしょうか?

今日、週末の興行収入が出ました。世之介の倍以上。の方がケンケンをご覧になったのです。

ここが、東宝映画の強みです。そして、ツイもブログもYAHOOレビュ-もケンケン本当に評判いいです。

出て良かったのではないでしょうか?

こんばんは。喬兄に逢いたくなって、2回目観て参りました。
今日は、恋愛物だと割り切って観よう、と心に決めて。
そしたら何故か、下元課長の可愛いさに目覚めましたw甲本さん、親戚に欲しいww

うん、掛水と多紀よりも、吉門と佐和の恋模様の方がエピソードとして強いんですよね。
この二組の恋を、この尺で描くとなると〜こうなるんでしょう、バランス的に。
だけど。。。叫ぶのは程々にして(爆)仕事上の掛け合いシーンが欲しかったな…
一回も登庁しないまま終わるなんて、想定外でした。あ、全然割り切れてませんね(笑)

今日観たのは、お昼過ぎからの上映回。半分程の客入りでした。
地方ですからね、それでも、そこそこ当たってるんだなと感じました。
待ち時間に本を読まれている方も何人かいらっしゃり、おそらく有川さんファンの方。
年配のご夫婦や、母娘連れも多いですね。日曜のナイターは静かなものでしたが
今日は反応も豊かでした。プロポーズのシーンでは、すすり泣く気配もチラホラ。
ビンタのシーンなんて、後ろに座られていたお婆さんが「えぇ!」と叫ばれたので
ビクッΣ(゚□ ゚)/ってなりましたよww集中して楽しまれていると言うことですよね。

老若男女楽しめる作品ですから、幅広い方々に知ってもらえるチャンスだと思います。
私も、ケンケン出て良かったと思います。これは本心です。嘘ついてません!!

結局のところ喬兄に萌えキュン〜(◎´¬`)人〜だし、今週は暇だから、また行こうっと♪

こんばんは。今日おもてなし課観てきました(^-^)
とても素敵な映画だなと思いました。私は結構好きかも
です(*^^*)。
風景がとっても綺麗でした。
予告がイマイチなのか(^^;、私が思ってたよりもずっと
映像も役者さんのお芝居も映画的で、よい作品だなと
思いました。

堀北まきちゃんがとっても可愛かったです。主演の二人は
とっても可愛らしいカップルで微笑ましかったです。
世之介と祥子ちゃんを思い出してしまい、きゅんとしまし
た。

ケンケンはすごくカッコよかったんだけど、ベタにカッコ
いいキャラってあんまりやらないですよね。だから何だか
見ててちょっと恥ずかしくなっちゃって(笑)、プロポーズの
ところとか、カッコよすぎて照れちゃったわよ(新鮮!笑)
。惚れてまうわ。

この作品は、ケンケン萌え(笑)っていうよりも普通に楽しみ
ました♪

先週観たばかりだけど、また喬兄に会いたくておもてなし課みてきました。
平日の昼間なので映画館そんなに人が入っていませんでした。
客層も色々で、初日舞台挨拶の時のような錦戸ファンの若いお嬢さんばかりというわけでは
ありませんでした。有川作品ファン?
原作の魅力100%そのままというわけにはいきませんが、そこは映画ってことで。。ね。。
娘は原作未読でしたので、若い2人の恋愛は予想がついても、吉門、佐和のせつない大人な恋愛があったのには
びっくりで感動したようでした。
お役所仕事に苦言を呈する売れっ子作家というクールな一面だけでなく
実は臆病で弱いところも見せる人間的な吉門も良く表現していたと思います。
プロポーズの場面もですが、その数年前の「一緒に東京に行こう!(ガバッ。。)」の場面もきゅ~~~んでした。切ない。
清遠父さんに「あんたの娘を俺にくれ!」はさすが世之介とは違うな~と思いきや
佐和に「あたしまだ返事してない」と言われ、えっ?と世之介ぽくなってたのが可笑しかったです。

それと掛水と吉門が自分の恋愛には不器用なのに相手の事となると分かるところが面白いなと思いました。

ウチの娘は「船越さんに続くこの3番手の役、ケンケン美味しいよ!」って言ってたけれど、
ケンケン、実年齢以上のはじめてのできる男役で大変だったと思います。

先のインタビューで撮影中に船越さんと仲良くなって演技のヒントになるようないいお話
(ちゃんと噓をつくみたいな)を伺って参考にしたんでしょうね。
またケンケンの転機になるいい作品に巡りあえたような気がします。

高知の雄大な風景も良かったし、エンドロールでの地元の人達の笑顔も素敵でした。
関ジャニ∞の曲も爽やかで良かった♪ ケンケンの土佐弁もよかったにゃあ~♪
素直に、素敵な映画を楽しめました♪

帰り道々、「良かったね~」ってお客さんの声が聞こえました(*^-^)


皆さん、そろそろおかわりリピーターがでている頃かと思ったら
やはり二回目を楽しんでいらっしゃるようですね
思った以上に出番もあり、単純に映画を楽しめる作品でした

私もおかわりしたいところですが、なんだか日々疲れ果てていまして
もうすこし休養したら映画館へ行きたいなって思っています

ジャニファンの方々と一緒にもりあげたいですねw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県庁おもてなし課をみた:

« 世之介Blu-ray発売 | トップページ | カレー »