フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ルームメイト | トップページ | 暑い時には、暑い国 »

サン・セバスチャン国際映画祭

http://bushikon.jp/news/?p=21


武士の献立が、第61回サン・セバスチャン国際映画祭の「キュリナリー・シネマ」部門に、正式招待されました
食にまつわる良作を上映される部門だそうです
高良健吾の包丁さばきがみものですね

結婚式のシーン、おひさまを思い出しますね
ますます映画が楽しみになりました

皆さんで盛り上げて行きましょう~!


« ルームメイト | トップページ | 暑い時には、暑い国 »

高良健吾」カテゴリの記事

コメント

yukoさんが記事を上げて下っさったので、ここに書きます。

武士の献立、27日から、ポスタ-とフライヤ-が映画館に置かれるそうです。

1日の映画の日、風立ちぬを見ようと思ってたんで、これは、新宿ピカデリ-しかないでしょう。
ポスタ-とフライヤ-しっかり確認してまいります。

殺陣は得意だけど、料理はダメという設定のようだから、殺陣見られるんですよね。楽しみ。

嬉しすぎる! なんて嬉しいニュースなんでしょう(・∀・)イイ!

スペインのサン・セバスチャン映画祭って初めて知りました~
世界には沢山の映画祭があるんですね
食にまつわる優秀作を上映する部門での史上初の日本映画のお披露目とは、
光栄なことですwww
ケンケンも参加決定だそうです(v^ー゜)ヤッタネ!!
初の時代劇、殺陣や慣れない所作、包丁にと頑張ったご褒美ですね◎

おひさまを思い出す”祝言”なお姿は初々しくもキリリと美しいですね
時代劇で刀は得意でも包丁は苦手な若侍w夫婦の絆と面白要素てんこもりな映画になりそうで
とても待ち遠しいです~(*´v゚*)ゞ

特報キター(・∀・)!!

http://www.youtube.com/watch?v=4VjrlCBqmak&sns=em

何か、お粉ついてるwwwwm

あり?見れなくなってる?

http://www.youtube.com/watch?v=15lJYqQiyRU&sns=em

こっちでどうぞ( ・∀・)つ

面白い!面白い!面白い~~
「夏殿」って。。( ´艸`)プププ

それ、お昼休みに見て憤死しそうになりました
「なんだよこれ」って言いたげな「ぷぅ」ってした表情で包丁握っているヤツ
音を消して見ていたので「夏殿」には気がつかなかったのですがw
かわいすぎるやろ、こやつwww

で、サン・セバスチャン映画祭って私も初めて知りました
スペインで食にまつわるって言って思い浮かべるのはパエリアくらいだけど
食事の回数が多いってことだけは知ってます
シェスタもスペインでしたっけ?
で、日本の武家の食事、案外受け入れられるかもって思いました
欧米の方々は、侍好きみたいですもんね
もしかして、何かムーブメントが起きたりして。。。w

ぷくさんご紹介ありがとうございます。

なんかいいですよね。お正月映画って感じで。
世之介なところもあり、おひさまてきなところもあり

殺陣も剣のお稽古な風のようです。

あの粉は、治部煮の片栗粉ですかね。

松竹のお正月映画っていったら、寅さんに釣りバカ日誌。
時代は変わっても、家族で楽しめるお正月映画って絶対必要だと思う。そして、やっぱり特別な映画だと思う。

それにケンケンが出れる嬉しさよ。
こういう、王道映画から、マイナ-なもののチンピラ風まで、いっぱいいっぱい経験して欲しい。

でもね。正直、少しだけ、これもケンケン?ていう気持ちもある。
若い俳優さんたくさんいるし、もっと、いろんなタイプの人が、育ってかないと面白くないよ。

業界全体が冒険することを恐れてるような、統計学的なものに振り回されてるようなそんな気がしています。

それをどう使うかも人だし、それを使ってどう攻めていくかを決断するのも結局人なんだよね。

NHK朝ドラ、そしてお正月映画
まさに王道ですね
なのに、なんでしょうね、どこかマイナーが似合うその気質というか
オーラがないわけじゃなく、それどころか天下一品なものがあるのだけれど
作品によって、オンオフがきっちり切り替えられるのかもしれませんね

この映画はお正月映画特有のファミリー向けであったり
どちらかというと、ご高齢な方々向きというか?
これで新しいファン層をつかむかもしれないって思いますね
西田さんとのタッグも楽しみですし(*^ω^*)ノ彡

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サン・セバスチャン国際映画祭:

« ルームメイト | トップページ | 暑い時には、暑い国 »