フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 武士の献立 テーマ曲恋文 | トップページ | 世之介は金の太陽 »

武士の献立をみた

本日、無事に武士の献立の初日を迎えました
舟木安信の旅立ちを見送ることができました

福岡での先行上映会で、幸運にも初日前にみることができたので
今日は二度目の武士の献立でした
前回は公開前だったので、内容については割愛しましたが
今日は全国公開なので、ネタバレ込でつぶやきたいと思います


以下、ネタバレありです



いろんなメディアで武士の献立特集番組があり、ストーリーはご存知の方も多いかと思います
まずは、高良健吾の本格時代劇の初であるといいうことで
桜雷で村人A的な出演はあっても、時代劇としての出演はこれが初めてですね

彼自身、包丁侍だということで、練習はかなりしたと思うし
武士の所作や殺陣はかなりがんばったようです
けっこうあちこちのメディアで、当時の話を答えていますね

時代劇の所作など、見所はたくさんあります
なんといっても、舟木家の絆を礎とした家族のありかただとか
当時の武家社会など、見所はたくさんあります
高良健吾だけではなく、上戸さんはじめ西田さんや余さんの舟木家の暖かさ
おいしそうな日々の食事だとか
たとえば、つらい思いをした時に作ったかぼちゃの煮つけを「おいしい」と言われた時だとか
いろいろあったかいシーンがあります
西田さんがおっしゃた「かわいい古狸」はアドリブだったそうですが、そのシーンで涙腺が活発化したのですねぇ
何度かぐっとくるシーンはありましたが、基本的にあったかい家族の話だったと思います

高良健吾のファンとしてのポイントは、そうとう高い作品だと思います
所作の美しさをはじめ、ちょんまげも似合うやんーーーだし
すっと伸びた背筋の美しさや立ち振る舞いに
おひさま和さんの時も思ったけれど、頭がい骨の形がきれいだから、ちょんまげもきれいで
そして、羽織袴も美しく、歩き方、座り方も美しく
そしてそして、ふんどし姿で、高良健吾ファンの多くの皆さんが「ぶ!」ってなったんじゃ。。。w

この映画、恐ろしいほどの萌えポイント満載の作品だったかと思います
ホントに大好きですww



春役の上戸さんのあったかさと
西田さんのすべてを受け入れた大きさと
余さんの穏やかな丸みと
それらが揃って、舟木家がそこにあったのだと思います
高良健吾の舟木安信はみなさんの力とともにあったと思います

ホントに大好きな家族です

で、パンフレットですが
コラム書いていたのが、新井素子さんで!
あぁ!驚いた!
好きな作家だったのだけど、チグリスとユーフラテス以来読んでなくて
お元気なのかしら?と思っていたところでした
彼女の作品、大好きです
パンフレットも読みごたえあるので、購入おすすめです

あ、武士の献立で何度が出てきた柚餅子ですが
公開を記念して、通販しました
やさしい味でおいしいですね
おすすめの食べ方の、柚餅子とカマンベールチーズとのコラボ
すごくおいしいです!毎日食べたいほどです
柚子の香りとチーズってあうのですね


時代劇も彼は乗り越えました
これからまた、時代劇のオファーが入るのだと思いました
それくらい、いい作品でした
彼の新しいステージが見えた作品です


武士の献立、ぜひ映画館でご覧下さい
ぜひぜひ!

« 武士の献立 テーマ曲恋文 | トップページ | 世之介は金の太陽 »

高良健吾」カテゴリの記事

コメント

私も行ってきました。東京国際映画祭に続いて2回目の武士の献立。

大好きな映画となりました。もともと時代劇は絶対やって欲しいと思ってましたから、そして絶対合うと思ってましたから。

ほんとうに大好きな場面がたくさんあります。
yukoさん+血がにじむ足袋を見て髪の毛に触れようとする姿とか、刀の手入れをする姿とか(*´∀`*)ポイントたくさんありますね。

それと、はるさんの「あなたにどうしても生きていて欲しかったから。」のセリフにはぐっときました。特にケンケンは映画で死ぬシ-ンが多い。というツイが多い時期でしたから、なおのことグッときました。

そういえば、勉強のために眠狂四郎を見たとか。正しくやってほしいのよ。そういうのが。だったので、そのことも嬉しかったです。

武士の献立はメ-キングもまたいいのよ。多分、DVD発売のおりには見れると思うけど。

ここんとこケンケン作品のプログラムの充実ぶりはすごいですね。世之介、千年、かぐや姫そして武士の献立。とプログラムがあたりの作品はわたし的には当たりの法則ができそうです。

うんうんうんうん!
足袋のシーンも刀のシーンも、そしておふんどしもw
いいシーンがたくさんありますよね
私は、春が機転をきかせて、舟木家の皆さんにおもてなしする時に
勝手にお汁を作り直したのに、プライドを傷つけられて
ふてくされて春に文句を言う、あの首を斜めに傾げて斜に構えるあれが好きです
そしてエンディングロールも大好き
あなたにどうしても生きてほしいも大好きなシーンです
それと、父上の「かわいい古狸」も大好き
舟木家のあったかい日々が大好き

で、ひとつだけ「え?」って思ったのが
祐くんと真剣勝負する時、一瞬隙ができて負けたってところですが
あまりにべたな隙で。。。w
そんなのー?って思いましたwww

今年の高良健吾の豊作ぶりは半端ないですね
世之介、千年、かぐや姫、そして武士こん
私もまったく同じ思いです
武士こん、タロウ、世之介に続くヒットです

私もyukoさん、meさんと同じ。
美しいお侍さんでしたね~うっとりします。
春さんの「あなたにどうしても生きていて欲しかった」にはぐっときました。
その春を斬ろうとする安信を満お母さんが「春の機転に救われたのだぞ」
「兄に続いてお前まで私を置いていくつもりか!」には涙腺崩壊しました。
そうそう、お母さん世之介にも置いていかれてるんだもん。

食材を探しに行く旅で 夜、提灯の灯りだけを頼りに歩を進める道行き。
血が滲んで汚れた足袋。疲れ果てて眠った春の頬に触れようとするシーン。
こだわり製法の塩を二人でなめて味に納得したり、イカの浜焼きにかけた
 いしるの味わいに驚いたり、春に竹の水筒でお水を汲んであげたり。
夫婦の距離がだんだん近くなっていく能登の旅のシーンの数々が良かったです。

その後、春が身を引こうと旅立ついじらしさに泣け、安信が春を見つけて
「頼む。俺と一生を共にしてくれ!」 やっと言ったよ!!それでいいのだー。
もう大丈夫。夫婦と家族のいいお話でした。

最初の方の道場でお口をとんがらせてた殺陣の表情はどこかで見たような・・
ボックスでカブちゃんにワンツー・パンチ喰らわせた時のお口みたいww

おふんどし~のサービスシーンに萌えるのは健吾ファンなら当たり前~~
美尻でしたねぇ~~(*゚∀゚)=3 美尻、美尻、美尻~~◎◎◎
ソラニンの「芽衣子さんも(お風呂)一緒に入ろうよ」の時よりも体つきが男らしかったし◎

とにかく萌えの宝庫でした、武士の献立。マニアックじゃないから人に勧め易いし(笑)
こんな素敵な時代劇に出られて万々歳です。大満足ですwww

私もお正月にもう一度観に行きます。絶対!!


余さんの母上様もよかったですよね
あの、おまえまで置いていくのにもぐっときましたよね
この映画、恐ろしいほどにひきこまれます

で、地殻変動が起きました
おにいちゃんの花火、世之介の不動の1位を安信様がもしかしたら追い抜くかもしれませんww
抜かないとしても間違いなく1位確定です
もう大好きすぎて萌え死ぬ。。。w

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武士の献立をみた:

« 武士の献立 テーマ曲恋文 | トップページ | 世之介は金の太陽 »