フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 武士の献立を何度も見に行く | トップページ | 平成猿蟹合戦図 »

世之介のブルーリボン賞





横道世之介が、第56回ブルーリボン賞の作品賞と、主演男優賞を受賞いたしました

沖田修一監督はじめ、世之介に係ったすべてのスタッフの方々、おめでとうございます
原作の吉田修一さん、この作品を映画化することを了承していただき感謝いたします

そして、高良健吾
この横道世之介はあなたがいたからこそ、世に出たといっても過言ではありません
沖田監督が、作品賞も言ってみれば「高良君の賞」とまで言っていただけました
ありがとうございます

世之介のよさを一人でも多くの人に伝わってくれたら
高良健吾のファンとして、そう思っていました
ブログでもツイッターでも「ステキな映画です」と発信しても
私の小さな言葉が誰かに伝わったかどうか、定かではありませんが
小さく、小さく、私ができる限りの応援を、この映画にこめてきました

映画を愛する人々に、この横道世之介という作品が何かを伝えてくれたとしたら
その結果がブルーリボン賞だとしたら
これほどうれしいことはありません
感無量とはこのことです


スポーツ報知に書いてあったことを引用します

ブルーリボン賞とは
青空のもとで取材した記者が選考し
賞状と青いリボンを巻いた副賞の万年筆を贈ることが賞の由来
映画に取り組む姿勢、人格も選考対象となるのが特徴

とのことです

映画に取り込む姿勢、人格だそうですね
まさに、これこそがチーム世之介へのご褒美の言葉だと思います


私は世之介の公開が終わってしばらく「世之介空の巣症候群」に陥っていました
世之介を映画館で何度も見たいのに、仕事と映画館のスケジュールが合わず
もっともっと見たかったのが叶えられず、上映が終わってしました
その後Blu-rayがわが家に来るまでは、大好きな高良健吾活動も力が出ず
今一つ元気が出ない、まさに世之介ロス状態でした
それほど大好きな作品でした
その世之介が、ブルーリボン賞に輝けたことが、とてもうれしく
心から、チーム世之介の皆さんへ祝福を伝えたいと思います

長々と書きましたが、言いたいことはただ一つ
映画、横道世之介のすばらしさをわかってくれた方々へ感謝を述べたい
ただそれだけです

きっと伝わると思っていました
ありがとうございます
うれしくて、うれしくて、うまく気持ちを伝えられません

うれしくてありがとう
これだけを世之介と高良健吾へ伝えたいと思います

大好き!世之介!
大好き!高良健吾!


http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2014012302000187.html

http://www.sanspo.com/geino/news/20140123/oth14012305030022-n1.html


« 武士の献立を何度も見に行く | トップページ | 平成猿蟹合戦図 »

高良健吾」カテゴリの記事

コメント

世之介へ〜思うことのありったけ。

素敵なトピをたててくださいました。

yukoさんの思いの丈、受け取りました。

今日は涙もろいな。

ケンケン、チーム世之介の皆さま、受賞おめでとうございます!
本当に嬉しいです。
ブルーリボン賞はいつか取ってほしい賞(今年という意味ではなくて)でした。
そしてきっといつか必ず取れると思ってました。
でもなんとなく30歳くらいで撮れるといいなぁとおぼろげに思っていたので、
今回の世之介での受賞はとてもとても嬉しいです!横道世之介はケンケンにとって
きっと特別なものでしょうから。
沖田監督とのお仕事での受賞というのも事の他嬉しいです。
これからもずっと一緒にお仕事をしてほしいです。
本当に愛おしくて大好きな世之介、おめでとーー(*^_^*)。


ほんとに本当に 嬉しい!

想いが届いた!

横道世之介に乾杯!高良健吾に乾杯!

一夜明けて また じわりじわりと嬉しさがこみ上げてきています。

現場の記者さん達が掛け値なしに評価をして投票してくださる この賞。
ブルーリボン賞の「映画に取り組む姿勢、人格も選考対象となるのが特徴」
というのに改めて感動しています。

だから この賞が一番欲しかったんです!

yukoさんはじめファンの皆さんと同じ思いを共有できたことも又嬉しいです。

高良健吾さま、皆さま、本当におめでとうございま~す。

世之介、だぁ~~い 好き~~~っ ヽ(´▽`)/

Yukoさん、みなさまこんにちは。


ほんとに嬉しい受賞でした(*^o^*)
ひさびさに嬉しくて仕事中にそっと涙がでちゃいました。幸せな涙は流したあとも清々しいですo(^-^)o


ところで、別件でごめんなさい。ちょっとこちらで伺わせていただきたいのですが…
いまうちに承認申請いただいてるアコさんは、こちらのアコさんですか?
わたしのまわりには、やまぴたファンふくめて愛称が同じ方が複数いてどちらのかたなのか判別できず…内容的にある程度やりとりある方に限らせていただいちゃってるため、素性がわからない場合はご遠慮いただくようにしてるのですけれど…もしもこちらのアコさんでしたらお手数ですがアメブロのメッセージ機能からでも、もしくはツイからでもお知らせいただければと思います。よろしくお願いいたします。
私用連絡で失礼いたしました~

こうらっちさんへ

アメブロ申請させて頂いているのは このアコです。
悩ませてしまって ごめんなさいm(__)m
手続き中で よく分からなくなってしまって…途中になってしまっていました(>_<)
帰って落ち着いてからもう一度手続きさせて頂きますね。
すみません。 宜しくお願いいたします(^^ゞ

yukoさん、すみませんでしたm(__)m

こんばんは!!

アコさん、りょうかいですo(^-^)o

よかったー
ぜんぜん知らないアコさんだったらどないしょーと思ってました(*^o^*)

まだ会社なのであとで承認しときますね。しばらくお待ちくださいねー

孫の成長を見ながら・・こちらも読み逃げですが。
嬉しい、嬉しい嬉しいな~~。

沖田監督の「南極料理人」の高良健吾大好き。

ああ~~、「南極料理人」の高良健吾”も”大好き!でした~~。

simaさんったら~ も~も~
言い直さなくたって分かっておりますがな~
みんな大~い好き!高良健吾のことは~((w´ω`w))

明日は絶好のお宮参り日和のようですよ~
お孫ちゃん、お乳を飲むたび、だっこするたびに重くなっていくのでは?
いのちの重み☆いいですね~お幸せですね~simaさん(o^-^o)

私はチーム世之介の関係者でもない
ただのファンの一人なのだけど
チーム世之介サポーターとだけは言ってもいいかな?と思います
皆さん、同じくチーム世之介サポーターなのですよね
皆さんに愛された世之介がにっこり笑ってくれたなと思うと
うれしくてたまりません

>ぷくさん

思いの丈、未熟な言葉を感じて下さってありがとうございます
涙もろくなってもいいと思います
彼と苦楽を共にした?ファンの気持ちですもの
応援する気持ちは、いつか彼に届くといいなって思います

>ひろぴさん

私も沖田監督の作品での受賞がうれしいいいいいです
世之介メイキングで見た、ただいまの「なんか違う」の沖田監督の感性が好きです
正直なところ、日本アカデミー賞にノミネートされなかったのは「なんか違う」でした
身内意識ではなく、あの映画を見た人ならどうして?と思ったのです
なんだ、選考委員の方々は世之介を見なかったのだな?なんともったいない
と、私は結論付けました
だけど、ブルーリボンでの受賞
ほら、やっぱりじゃん?です
ね、世之介を見たら伝わるんじゃんってことですよね

>メッコさん

えぇ、えぇ、伝わりましたよね
思いが届いたのですよね
私の初世之介は、メッコさんとご一緒した時ですよね
あの時のメッコさんの涙を私は忘れられません
よかったですね!とお互いで微笑みながらの涙
それが世之介なのですね
思いは届き、彼の手元には青いリボンが巻かれた万年筆が届きます
うれしいですね

>アコさん

皆さんとこの喜びを共有できるうれしさと言ったら!
数年前は、ホントに細々と続けていた彼への思いが
皆さんとご一緒に、同じようにうれしさをかみしめられるなんて
高良健吾も役者人生がここまで続くとは思っていなかったのかもしれないけれど
あの当時、何をどうしたらいいのかと悩んでいたあの頃の彼に
ブルーリボン賞ってどういう賞だかわかる?って伝えたいですよね
私たちファンの喜びが、彼に伝わることを願っています

>こうらっちさん

私はドライアイでなかなか涙が出ないのだけどw
じんわり涙が浮かんできて、仕事中だったのであくびで涙が出たフリをしてましたw
今朝はアジカンをずっとリピートして、世之介の世界にどっぷりです
こうらっちさんのブログも楽しみにしています
そのアクティブな活動、今後も楽しみです

>simaさん

えぇ、南極料理人も「私も」大好きですよ!
もちろん青梅街道も大好きです!
キツツキも大好きです!
そして、高良健吾を見守る、多くのファンの方々も大好きです
お孫さんの成長も楽しみですね
かわいい古狸ならぬ、かわいい初孫ですねw
いつの日か、お孫さんとご一緒に高良健吾の映画を見る
なんてこともあるかもですね!
楽しみが広がりますね!

今回のTV taroは年末のスキヤキイベントでした。
「ジ、エクストリーム、スキヤキ」に1分くらいしか出ていないのに、
ティーチ・インでは高良ファン率が高く、質問した後に
「そして高良さん大好きです」と告白する女性が続出したって。
あの時の事が記事になっていました。
fukoさん、お宝になりましたね♪

あれは私の隣で質問したfukoさんが口火を切ってその流れを作ったのです。
びっくりしました。記事にまでなったとは。。
あの時の空気が”ケンケンに思いを伝えるなら今!”的な空気だったから
いつもケンケンの前では緊張して何も言えない私も その空気に乗っかって
その後のサイン会でお話ができたし、握手もしてもらえたんです。

ありがとう♪あれは一生の思い出です。
そうそう、主演の新さんの前にはプレゼントの紙袋が4つ置いてありましたが、
ケンケンの前にはなかったので、私だけ~?
ヤッター!伊勢丹でプレゼント用意しといてよかったーヽ(´▽`)/
ケンケン、マロングラッセ、美味しく食べてくれたかな~?

いつもは立ち読みのTV taroだけど、今回は記念にお買い上げ~しました。
ページを開くとあの時のケンケンのやさしいまなざしがっ。。たまらんばい。。
あの青のチェックのシャツもお気に入りなのね。よく似合っていました。は~たまらん。。

アコさん TV taro
買ったよ。写真も平田さんのインタビュ-も良かったです。というか平田さんでしか聞けない内容かと。平田さん最近は映画やテレビの批評たくさん手掛けられるようになりましたが、敢えて、ケンケン関連の作品は取り上げないとか。多分思いはスタッフの一員かと。そしてそれだけケンケンのこと大事に思ってるってことなんでしょう。


改めて、「世之介」ブル-リボン賞おめでとうございます。
好きなところはたくさんあるけど私にとっては最後の長回しあれに勝るものはない。というか今までみてきた映画のなかの最高の名場面であります。

正しく「今を生きて」

そして、世之介はケンケンしか演じられないキャラだと思っております。存在感と余計なことをしない役者。それを持ち合わせていないと。無理でしょう。    以上。

只今、西加奈子さんの舞台という本を読んでいます。ブランチで紹介されてから気になって、気になって。もし映画化されるなら是非ともお願いしたいです。

ドラマ。いろいろ調べてみましたが、どうもNHKではなさそうですね。民放か有料放送か?
発表は2月に入ってからですかね。

脚本がしっかりしていてスタッフが揃っているのなら、私は民放でもいいと思っています。
そろそろいろんな意味も含めて作品に責任を持つ時期にきているような気がします。

そうそう、ブル-リボンの表彰式。応募してみました。多分当たらないだろうけど。

来年の今頃もケンケンの司会する姿が見たくて、せっせとはがき書いているんだろうな。

>meさん

ぜひぜひブルーリボン賞応募してください
そして来年もぜひとも!
私も最後の長まわしは大好きです
あのシーン、最高です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世之介のブルーリボン賞:

« 武士の献立を何度も見に行く | トップページ | 平成猿蟹合戦図 »