フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

潔く柔く Blu-rayが届いた

本日、私のところにも待ちに待った潔く柔くが到着いたしました
待っていたハルタと再会です!

これ、すっごくいいです!
まだ特典も少ししか見ていないのだけど
フォトブックが最高にいいです!

清正がカンナにハルタの写真を見せるシーンがあるけれど
それに使った写真で写真集が欲しいって思っていたのが
少しだけだけど、かないました
もう、すっごくいいです~!
高良健吾ファンにはたまらないと思います

そして、当然ながら物語にとって大事なシーンが
あれこれ入っています
ハルタだけではなく、カンナや禄もたくさん出てきます
むしろそちらがメインではあるのだけど
高良健吾大好きでハルタ大好きな私にとっては
これはハルタの写真集だと言っても過言ではありせん<少ないけどw
明日、仕事休んで特典から本編をずっと見ていたいほどです

フォトブックは初回限定だそうなので、もし興味がある方は
お早目に手にされたほうがいいと思います
これはお宝だわ~
それに、これもまた初回限定だそうで、特製両面ジャケットケースになっていて
なんと裏側はいくえみ綾さんのイラストが描かれています
ステキです~!

高良健吾欠乏症を悪化させていましたが
これで回復のめどがつきましたw

もうすこし待っていたら、武士の献立やハードナッツ!も届くので
楽しみが続きます

今週の休みはハルタ見放題です
ハルタ、会いたかったよ~~!


チョコレートドーナツをみた


チョコレートドーナツをKBCシネマへ見に行ってきました
初日の第一回目、小さい会場が満員で
多くの映画ファンが駆けつけていました

映画、チョコレートドーナツ
ゲイのカップルとダウン症の男の子が
家族となって幸せな時間を過ごし
人が当たり前に与えられる、あったかいベッドや
おいしい食事、その人に必要な教育や、権利
そして、笑顔あふれる家族とのひと時
誰もがそこにあって当たり前だと思う、特別でもないそれが
どれだけ大切なものなのかを、彼ら三人が伝えてくれます

70年代当時の差別と現実が目の当りに迫り
言葉では表現できない迫力があります
幸せを破壊する権利がなぜあるのか?
正義とは何なのか?
なぜ、そこまでして彼らを引き裂く必要があるのか?
マイノリティであることが、それほどまでに反社会なのか?
それでも、彼らはただ家族でいたいと願い、行動にでます
そしてそれを理解する人たちも少数ではあっても現れます
彼らを家族として受け入れる人もいた事実が救われます

私、この映画のラスト、こうくるとは思わず、言葉を失いました
この映画が実話だと知っていたから、尚更です

どんな環境にいても、前に向かう人たちの心を揺さぶる
そんな映画だと思います

ぜひ、多くの人に見てほしいです

映画が終わって、以前から気になっていたコスメを買いに行き
そこの美容部員の方にこの映画を紹介したら
ぜひ見に行くと言ってくれました
たとえそれがリップサービスだったとしてもいいのです
一人でも興味を持ってくれたら、それでいいなと思います

この、アラン・カミングが歌う I Shall Be Released
ぜひ映画館で聴いて欲しいです




この曲の途中で、一瞬不自然に飛ぶところがありますが
それはこの映画のラストで重大なシーンが入っているから
この動画をアップした人がカットしたのだと思います

アラン・カミング、すごいです
素晴らしい歌唱力です

この映画を見て、Homeってステキな言葉だと改めて思いました
それと同時に、私も知らないところで差別や偏見を持っているのだろうと
己の自己反省もしました
誰もが完璧ではありえないけれど
そもそも、幸せって人それぞれで
誰かが誰かを否定することではないのだと思うけれど
それが難しい世の中に、私たちは生きています
それでも、そんな世の中でも
やさしさを失うことはしたくないと思います



ルディとポール、そしてハッピーエンドが大好きなマルコの笑顔を
映画館で見てほしいです

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »