フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ハードナッツ特典 | トップページ | 松陰神社 »

一足先に、花燃ゆ

弾丸ツアーで萩へ行ってきました
えぇ、もういきなり、しかもノープランw


今、司馬遼太郎の世に棲む日日を読み始めていて
まだ2巻の途中だけど、ぐんぐん引き寄せられていて
すでに気持ちは来年の大河へまっしぐらなわけで
だけど、オンエアが始まる前に準備をしておきたいと。。。
よりドラマを楽しめるように、時代背景などを理解していたいと

で、萩に行こうとw


いくらノープランでも目的地だけはしっかりと
高杉晋作生誕の地
それだけを目指して出発です<まじで

もう少しで目的地付近というところで発見

Img_0467


これは帰りに撮影したんだけど
いきなりこれが表れて、うわ!ってなりましたw
この時点でテンションアップw

で、そこには吉田松陰記念館があり
もちろん中に入りました
ノープランなわりに幸先いいですw


そしてみつけたこの銅像

3img_0441

うぉぉ
高杉晋作
吉田松陰
久坂玄瑞

頭に浮かんだのはこれ
この三人が浮かびました
http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/190115.html

この時点でテンションマックスに振り切りました
普段低空飛行な私なのに、わーわーわーですw


中に入ると、まったりした空気でしたが
松陰先生がありがたい授業をしている人形もいたりして
そして、高杉晋作の自筆の書もあったり
なかなか趣があっていいところでした
http://www.zoezoe.net/2010/02/post-412.php

売店で買った夏みかんソフト、なんか懐かしい味でおいしかったです
夏みかんはあらゆるところでみかけました
料理にも使っていて、おいしかったです

さて、この吉田松陰記念館をすぎると
緑深い山間から萩の中心街に入っていき
目的地の高杉晋作生誕の地に到着です
萩の城下町がとてもすてきです

Img_0453

高杉晋作広場に行きました
だーれもいなくがらーんとしてました
観光客がけっこういたけど、タイミングかな?

高杉晋作の生まれた家にも行きました
受付に龍馬伝の時の伊勢谷さんの高杉晋作の写真が貼ってありました
来年にはここに高良健吾の写真も追加されるのかな?ってうれしくなりました

あ、吉田松陰記念館に花燃ゆのポスターがあり、相関図みたいなのも作ってあって
ちゃんと高良健吾が高杉晋作って書いてありました
萩の全力をあげて花燃ゆを応援しているのが伝わります



Photo

こんな街並みが続くのだけど、そこにはいまも人が住んでいて
ただの観光地ではなく、人が息づいているステキな街でした

Img_0457


Img_0458


石壁に高杉晋作と吉田松陰の句を発見

あちこち見てまわるには時間が足りず、松陰神社や
松下村塾はここから少し離れていたので、訪れなかったのが残念です
ノープランなわりに、おいしい海鮮丼も食べたし満足な旅でした


Photo_2


もらってきたパンフレットです
気分、盛り上がるわぁぁぁw


Img_0480


夏みかんジュースと晋作ワンカップw
私、日本酒得意じゃないんだけどな。。



萩、ステキな街です
夏みかんソフト、二回も食べました
夏みかんサイダーも飲みました
だって暑かったんだよ。。。w

次行くとしたら秋がいいなぁ

また行きたいです

« ハードナッツ特典 | トップページ | 松陰神社 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わおー! 行っちゃったね♪yukoさん。

すてきな萩レポありがとうございます。
わたしもちょっこし行った気分になれた

八月の、相当狭き門だけど、当たることを祈ってるよ。
今後ももしかしたらあるかもだからね。要注意でいてね~(ぷくさんも)

すごい!すごーーい!
びっくりしました!yukoさん、ついに萩入りされたのですね(v^ー゜)ヤッタネ!!

私は今、わが風雲の詩を絶賛読み進め中で、萩に思いを馳せていました。
歴史の街は、実際に人々が生活されてるステキな街並みなんですね~
来年オンエアされたらさぞかし賑わうんでしょうね~(≧∇≦)

ステキなレポ、ありがとうございました~
私も行った気になりました(ノ´▽`)ノワーイ!

8月にも萩にいかれますように。吉報をお待ちしております。
楽しみですー♪

>ドラ美さん

はい、いっちゃいました、ノープラン
花燃ゆが決定してすぐ、萩の観光雑誌は買っていて
すっかり気持ちは山口萩だったのです
八月の狭き門、集合場所になるのかな?と市役所も確認してきましたw
そういえば、長崎からもお知らせあってましたが、平日だしあきらめました
福岡だと、平尾山荘や小倉が気になるところです
西鉄旅行の高杉晋作ツアーが11月にあるのだけど
平尾、、、前の職場のすぐ近くにツアーに行くのはどうなんだ?とか
太宰府は何度も行ったしなーって思いつつ、講師のお話しは聞きたいなーとか
今、あちこちに気持ちが走ってます

ここで歴史が動いたんだなって思うと背筋がぴんと張る気持ちです
それと同時に、彼もここに来るんだなってわくわくしましたw

>アコさん

私、思った以上に読書がすすまなく
家にいると眠くて。。。。w
オンエア前には必ず風雲の方も読みます

で、写真また追加しました
街並みの中に彼らの足跡があるようで、ステキなところです
大きな駐車場があったのですが、来年はここが満車になるんだろうなって思います
昨日はがらーんとしてましたが、それでもツアー客もいらっしゃっていて
ガイドさんのお話しをちょっとだけ横で聞いてましたw
年配の方が多いのかな?と思ったけれど、けっこう若い世代も多く
ツアー以外でもカップルで高杉晋作の生家を訪れていた人もいました
もしかして、彼のファン?とか思いました<私がそうだしw

いいところです
いつかおいでませ、萩へw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一足先に、花燃ゆ:

« ハードナッツ特典 | トップページ | 松陰神社 »