フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 一足先に、花燃ゆ | トップページ | 足りるを知る »

松陰神社

行ってきました、松陰神社

http://www.shoin-jinja.jp/

先週、萩へ弾丸ツアーしたものの
松陰神社にはいかなかったのがどうしても気になって

で、また行ってきましたw

二度目の萩なので、すいすい到着
松陰神社、立派な神社です
さっそく花燃ゆの旗がお迎えしてくれました



Img_0500


中に進むと、松下村塾があります

Img_0502


Img_0504


Img_0508


ここで、講義があったのですね
多くの観光客でにぎわっていました
歴女と言われるような方々も多く、若い観光客が多かったと思います


Img_0511


ここに吉田松陰が幽閉されていました

Img_0513


そして本殿です


松下村塾、小さな建物です
ここで熱く世の中のことを語った男たちがいたことを
肌で感じながら、手を合わせてきました



そのあとは、またもや日本海の幸をいただきました

Img_0517

おまかせランチ


1


海鮮丼
それに刺身盛り合わせにたこわさ

おいしくいただきました

またぜひ萩に行きたいです


http://mdpr.jp/news/detail/1392122

東出さんも今日萩入りしていたそうな
どこかでニアミスしたのかもだな~なんて想像していたら
応募していた萩でのエキストラが落選の連絡が来ました
あらら。。w

そもそも、エキストラで行くために下見に萩に行くってのが当初の目的だったんだけど
完璧吉田松陰御一行様をめぐるツアーになって、すっかり萩を楽しんでいました
なので、落選したのは残念だけど、あんまりしょげてません
また萩を散策に行くよーって楽しみが増えてます

まずは、もっと読書をしてあの時代を知って
そしてまた萩を訪れ、ドラマの放映開始を待ちたいと思います

いいところです
おいでませ、山口へ

« 一足先に、花燃ゆ | トップページ | 足りるを知る »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。ふたたび萩へ、ばびゅん(((っ・ω・)っ♡されたのですね〜
もうこれは愛のなせる業としか。時間も距離もひとっ飛びー!!すな♪

で。。。えらい事に気がついてしまったのですねん。
姫路からだと、3時間もあれば余裕で辿り着けると思ってたのに
経路検索したら、6時間余りもかかるという、工エェェ(´ロ`ノ)ノェェエ工
東京や博多に行くのの倍近くかかるなんて、聞いてないよ??
山口からバスに乗り換えたりしなきゃだから、余計とはいえ〜

おいでませ〜萩さん、あんた手強いよ。ちょっと、考えさしてww
でも夏ミカンサイダーにソフトは食べてみたいなぁ ← そこ(´・Д・)」

yukoさん、先週に続いてステキな萩の旅レポ☆有難うございました。
その場所に立ってみてこそ、感じられる事がきっとあるはずだから
なるべく?愛で時間と距離を越えてみようと思いまする( *°ω°* )♡

ですだ
萩はJR等路線で行くと博多からもとんでもない時間になるだよ
エキストラに合格したら、運転のストレス考えずに電車で行こうと調べたら
おい、前日から入らねばだって気が付いただよ
ってことで、やっぱり高速で走るしかねーだなってことで
連休なのにさくさく走ったし、やっぱり車だなーって一件落着です

萩の城下町も素晴らしかったのだけど、今回の松陰神社も心躍るものがありました
この小さな家屋に幕末を走り抜けた人たちが集まったのだなと感慨深いものがあります
革命の序章は奇人扱いされる、つまりは吉田寅二郎松陰
中盤の激動時期、高杉晋作や坂本龍馬、それらは必ず早くに命を落とす
それらを収拾するのが終盤の伊藤博文
といったことが世に棲む日日に書いてあったのですが
なるほどってすっごく実感してます、あの地に立って尚更

高良健吾の高杉晋作だけを追うのだけではもったいない
花燃ゆ、いろんな側面を見ながら追いかけたいと思います
高良健吾の高杉晋作、楽しみで楽しみでたまらないです

また行くぜ、萩!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松陰神社:

« 一足先に、花燃ゆ | トップページ | 足りるを知る »