フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 菊池映画祭に参加しました その1 | トップページ | まほろ駅前狂騒曲をみてきた »

菊地映画祭に参加しました その2

引き続き、映画祭です
その1からご覧ください

http://sugartime-yuko.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-9027.html


初日の映画祭が終了後
そのまま菊池の夜会の会場へ移動しました

私は車で移動したんだけれど、すぐそこなのに迷子になりww
同乗してくれたお友達たちを不安にさせたりと、ホント役にたたずw
県外のナンバーだから、きっと映画祭に来て迷っているって思われたかと。。w

で、夜会の場所ではいろんな出店が出ていて
私たちは行定監督監修?「こうらうまいカレー」を食べました
夜店の裏にあるテーブルがあるところで食べたのだけど
なんかライトが消えてまるで闇鍋ならず闇カレーでw
それはそれで楽しかったですがw

Img_0863

牛乳つきのワンコインでした
ワンコインと言えば、映画祭チケットの半券が500円の金券として使えるらしく
もともと一日通して1500円で500円の金券って、運営大丈夫?って心配w

闇カレーを食べてうろうろしてたら夜会スタートで、塩ノ谷早耶香さんの歌です
舞台の上なので靴を脱いで登場でしたが、さらに小さくなってかわいさ爆発です
なのに、歌声はのびやかで美しく、心に響くいい歌です
猿蟹がますます楽しみになります

そして、待っていました忘れらんねえよの柴田さん登場です
割れんばかりの拍手と一緒に、ここでもWOWOWプッシュ
柴田さんが「ワウ!って言ったらワウ!て答えて!」との掛け声で
会場全員で(意味わからずワウ!って言っていた人多数w)WOWOW唱歌ww

忘れらんねえよのあとに(だったと思う)
猿蟹の劇中歌、僕らの居場所を歌ってくれました
えぇ、本日二度目の僕らの居場所です
高良健吾は、柴田さんが登場して以来うろうろ落ち着かず
ようやくスタッフの人からpadを持ってきてもらって、それを凝視
多分歌詞が書いてあるんだろうなーって思いました

で、案の定柴田さんからまた引っ張ってこられ
でも、今回は来るだろうと、確実に来るだろうと予測していて
またもや楽しく歌ってくれました
もう、私大感激、一日に二度も高良健吾の生歌聞けるなんて
地元熊本の恩恵受けまくり!まさに忘れらんねぇひと時を堪能しました
ほんの数時間前に、もう二度とこんなことはないって言ったばかりなのに。。。w
ありがとうね、高良健吾、二回も歌ってくれて、ありがとうね
すっごくうれしかったよ、うれしくてたまらなかったよ、ありがとうね!
会場のみんなも大喜びで、最後はみんなでジャンプして終わりました
あぁ、それにしても、わかってんだーのかわいいこと
早く猿蟹でみたくてたまりません
WOWOWに加入してないと聞かれないので、猿蟹を見たいと思う方は
この機会にぜひ加入してください、私もWOWOW猛プッシュですのでw

高良健吾の歌が終わると、とたんにリラックスして
柴田さんのライブをすっごく楽しそうに聞いていました
アンコール!の声を出していたのは彼ですね

Cから始まるABCもおもしろかったです
で、北極星の時、高良健吾もですが、行定監督が大喜びで
めっちゃのりのりで歌ってましたw
こういうのが大好きなんですねw
そして、そのノリのままミッドナイト映画祭に突入だったようで

私はミッドナイトに高良健吾は来ないと思いホテルに帰りました
つか、疲れ果てていたので。。。
ホテルに帰って鏡を見たら、目が真っ赤で
それもほんのり赤じゃなく、ホラー映画に出そうなくらいの赤でしてwww
前の日も寝てないし、その数日前から興奮して寝不足で
とうとう目に来たか。。。でした

ミッドナイトは結局高良健吾は参加しなかったそうだけど
翌日参加した人たちから聞くと、笑うしかないほど大人な内容だったそうです
じゃ、遅かったんですか?と聞いたら、遅かったっていうか朝が早かった?らしくw
ほぼオールだったそうです、ミッドナイトw
開場にはみ出るほどの人数が参加して、大盛況だったようです

2日目は軽蔑からスタートです
またもやほぼ一番乗りで会場入りしました

軽蔑がR指定だからか、前日に比べると人が少ないように思いました
っていうか、前日の疲れで起きられない?w
監督も疲れた。。。っておっしゃってましたし、確かにお疲れのようでw
でも、ミッドナイトは楽しかったようで、高良健吾に次回ミッドナイト参加ね!
って誘うっていうか、決定事項とのようでした
そっか、だったら私も参加だなーってことでw

軽蔑のティーチインでは私のお友達が質問していました
自分が関わっていない作品で、これ嫉妬してしまうって作品はありますか?
だったかな?違いましたっけ?
それに対する答えは、濱マイクでしたっけ?よく覚えてなくて。。。汗
影響を受けた人は柄本佑くんで、佑くんと映画をよくみただとか
それと、軽蔑の廣木監督の名前ももちろん出ていて
今もひと月に一度は会うそうです

中上健次の軽蔑はいろんな監督からオファーが出ていて
でも難しくて
それを映画化したのは廣木監督で、映画化するにも大変な作品だったようです
行定監督がそうおっしゃっていたので(多分)この映画に対する情熱は
そうとうなものだと思います

そして、高良健吾が「この作品は今撮りたかった」と言っていました
あの頃(23歳?)は幼かったと自分で言っていました
今だからこそ、幼かったと言えるのだと私は思いますが
高良健吾曰く、もっと人でなしを演じたかった。。。とか
行定監督も、あの二人は回りを巻き込んでいくダメ人間なだけ
だけど、もっと人でなしの作品を高良健吾と撮りたいって言ってました
高良健吾も、ぜひぜひ!って言ってました

それと、ティーチインで熊本弁の映画はあり得ますか?みたいな質問があって
これもぜひ作品にしたいって監督もおっしゃっていました


影響を受けた人の話だったかな?
大竹しのぶさんはすごいって絶賛してました
監督が、大竹さんはリハの時などは真っ赤な顔をして
恥ずかしいっておっしゃるそうですが
本番になるとそんなそぶりは微塵にも出さないそうです
監督いわく、恥じらいをなくしてはいけないとのことでした
監督ともども大絶賛の大竹さんです
悼む人、ますます楽しみになりました


Img_0890


Img_0892



監督と言えば、この世界に入ったきっかけは
子供の頃に黒澤明監督の撮影現場を見ることができ
それに感銘を受け、映画を作る人になりたいと思ったそうです
それを実行するなんて、素晴らしいですね


軽蔑が終わった後、お友達を空港まで送って、その後戻るつもりでしたが
台風が怖くて、そのまま私は高速で帰路につきました
お友達も、ホントはもう少しいるつもりだったけど、台風でエアが飛ばないと困るので
早めにに出ることになり、台風さえなかったらって思いました

途中高速で横風にハンドルとられそうになり、ちょっと怖かったのですが
無事帰宅することができました
映画祭が最後まで行われていたのはネットで確認しました
台風、何事もなくよかったです、ホントに心配しました



会場を出る前に、監督にサインをいただけましたー!うれしい!

Img_0894




https://www.facebook.com/video.php?v=837921579575741&set=vb.100000737209673&type=2&theater


↑の監督の言葉にすごく共感しました
おにいちゃんのハナビの時、こんなにいい映画なのになぜ?と思いました
みてくれたらこの作品の良さは伝わるのに、みてくれさえしたらと。。
いい映画だからよかったら見てねって声をあげたけれど
上映期間も短く終わってしまい、残念に思っていたのです
その映画が菊池映画祭で上映され、もう一度スクリーンでみることができ
とてもうれしく思います
そして、高良健吾ファンの皆さんと一緒に、おにいちゃんのハナビを
みることができた幸運に、心から感謝します

今回、行定監督の人となりを垣間見ることができ
映画などの撮影でのご苦労など、いろいろとお話しいただき
普段だったら聞くことのできないお話しなど、とても興味深く聞くことができました


その監督率いる、菊池映画祭実行委員の方々の並々ならぬがんばりがあったからこそ
私たち映画ファンは、あの日全国から集まって映画祭を楽しむことができました

実行委員の皆さん、そしてあの日がんばっていたボランティアのみなさん
夜会で「高校生が作りましたー」って売り子をがんばっていた男の子
駐車場で誘導していた男性
映画祭の会場で、行定監督の未公開作品を売っていた女の子<買ったよ!
いろんな場所で、笑顔とともに私たちを迎えてくださった菊池のみなさま

大変お世話になりました
皆さんはプロの集団でもなく、またイベント会社などのノウハウを持った人たちでもなく
菊地映画祭を盛り上げたいという気持ちで参加された、一般の方々なのですよね
いろいろとご苦労があったことと思います
そして、きっと反省点もたくさんおありだったのだと思います
ですが、私はこの映画祭に参加できたことをとてもうれしく思い
そして菊池というみなさんの郷土愛に共感しました

また、次回、ぜひ参加したいと思います
高良健吾がまた参加したら、大喜びします
来年は千年の愉楽が上映されるといいなー
武士の献立もおすすめですよ
潔く柔くも大絶賛です

来年は菊池温泉宿に泊まって
疲れたら旅館で休憩しつつ全行程参加したいです

それと、台風が来ないことを切に願います>お願いー


Img_0896


忘れらんねぇよ、菊池の思い出



長文駄文、失礼しました

« 菊池映画祭に参加しました その1 | トップページ | まほろ駅前狂騒曲をみてきた »

菊池映画祭」カテゴリの記事

高良健吾」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。菊池映画祭のレポ本当にありがとうございます。ますます、行きたかったの想いがつのるばかりです。近いうちにまたこんな機会があったら、九州旅行込みで行きたいと思っています。

なんかケンケンいい意味で吹っ切れたように思えます。今日ピカデリーで1回目の回でまほろを見たのだけどそこでもそんなことを感じました。またまほろパンフがすばらしい。パンフがいい映画にハズレはない法則今回もストライクだったような。

猿かに楽しみになってきました。そして、アコちゃんが耳元で歌ってくれたことを思い出しました。いい曲だと思います。

幾つかケンケン関連の雑誌出てますがPJCTーUPオススメです。晋作さんインしたんですね。周囲をふりまわwてもいいから、自由に振る舞うようにしているそうです。

なんとなく最近の言動。晋作さんからいいえいきょうを受けているように思えます。

東京情報ですが来週の土曜日 日曜日松陰神社でお祭りがあります。晋作さんに関する講演会もありそうなので、興味のあるかたはいかがですか?

しかし、NHKさん晋作さん情報出してくれませんね。確かに、物語の最初は塾の一員ですから、一人だけ出張るのもとは思いますが、お知らせしてくれないからこそ逆に見所多いに違いないと勝ってに思ってます。

はい、来年もまたチャンスがあったらぜひおいでください
菊地、いいところですよ
温泉はそのうち私が行ってどんな具合かチャレンジしてきます

高良健吾はたしかにいい意味で変化してきましたね
吹っ切れているのはわかります
猿蟹の歌を歌ってくれたのも、すごいサービスでした
歌といえばアコさんを思い出します
アコさんがどこにいるって意識してスクリーンで世之介を見たのはこれが初めてで
なんだ、アコさんそこにいるじゃん、笑ってるよってね
いつも身近にこれからもいてくれるんだなって思います

こんにちは。ご無沙汰いたしております。
ぷくもその②へ続く〜と申しながら、すっかり続く続く詐欺w
いやだってね、思いだそうとすればするほど頭が真っ白〜( ゚ ρ ゚ )
になるんですもん。あれから、あっという間に1ヶ月が過ぎ。。。
yukoさん、今更だけど凄いです。ここを読み返す度に蘇りますもん。
本当に、こんなにも素敵にあの奇跡の時間を綴られるなんて
またまたまた惚れてまうやろー♡(≧∀≦*)ノですわ!!

で、からっぽの頭を振ってみてたらですね。。。
蘇りましたー\(^o^)/鮮明な記憶がぷくにもあったどー\(^o^)/
はい、首。
首が長くて綺麗で光ってた。うん、間違いないよ。
ちょっとピンクがかった綺麗なお肌に、繊細な顎からの首。
客席からずっと見上げてたんだもん(๑✧◡✧๑)喉仏も芸術だった♥︎
特におにいちゃんの後はシュプT1枚だったから、見つめ放題だったな♪
今、目を閉じても、はっきり蘇るケンケンの首の美しさ。
菊池で一生もんの思い出を貰った!!菊池ありがとう\(^o^)/♥︎


「おにいちゃんのハナビ」をいつかスクリーンで観たい!!
という、一つの夢が叶いました。
おにいちゃんは、何回観ても毎回泣いちゃう作品なだけに
人前では気恥ずかしくって、何時もなら一人で観るんですけども
今回は、周りがお仲間の皆さんで『絶対に、みんな泣くやろ』とw
独特の安心感の元、早々に涙腺は決壊し鼻はずるずる。
何の遠慮もなく、リラックスしてだだ泣きさせて貰いました。
おにいちゃんの心が再生してく表情のグラデーションと祈りの花火
とてもとても素晴らしかったです。本当に幸せな時間でありました。


菊池映画祭、また絶対に参加します!!ありがとうございました。

頭真っ白になって当然っす
あの瞬間を全部覚えていられるなんて無理無理w
私は毎回ぶっ飛ぶんだけど、それでもこれは長かった分だけ
頭の中に欠片が散らばっていたのを、拾い出して文字にしたっすよ
なので、多分時系列で前後していたりぐちゃぐちゃだと思います

ま、忘れないうちに記憶が消えないうちに書いていたいってのが
そもそもの動機なので、ここを書くのが
思い出せた分だけかけてよかったっすよ

で、私は高良健吾のお姿あまり覚えていないっす
まずは、ティーチインで当ててもらって見つめ合ったそうだけど
そこがずばっと抜けてるw
間違いなく、脳が異常事態だと判断して記憶消去という暴挙に出ているんだよね
それくらいメンタル弱いってことでw
だから、首が光っていたとかまるで記憶にないわいw

おにいちゃんのハナビ、もう一度スクリーンで観たかった夢がかないました
私、ティーチインはおにいちゃんのハナビで当ててもらいたかったんだよね
そしたら、どれだけこの作品が好きかと、もう一度見ることができた感謝を伝えたかったよ
それくらい大好きな作品を同じファンの仲間たちとみることができてうれしかったなぁ
今までぼっちファン活動だったし、唯一メッコさんと何度かご一緒はしたけれど
会場の多くが健吾ファンだという空間はほとんどないので、特殊な環境での映画は
とっても充実した時間だったと思います

横で嗚咽している人がいるなーとは思ってましたw
私もうぐぐぐしてましたがw
来年もまた参加しましょうね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1334467/57699169

この記事へのトラックバック一覧です: 菊地映画祭に参加しました その2:

« 菊池映画祭に参加しました その1 | トップページ | まほろ駅前狂騒曲をみてきた »