フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

素晴らしくその姿

高良健吾の高杉晋作がとうとう花燃ゆから退場しました

発表からずっと高杉晋作のことを思いながら、彼が演じる高杉を
一年間待ち続け、期待をもって待ち続けていた日々がついに終わりました

まずは高良健吾へ、心からの称賛と感謝を送りたいと思います
一年間ずっと高杉晋作のことを思い続けていたという彼
その思いの強さは最後の最後まで途切れることなく、見事に演じ切りました
素晴らしいの一言です
最初から最後まで見届けることができて、ファンでいてよかったと心から思います

花燃ゆはまだまだ続くので、最後まで見ますが
やっぱり高良健吾の出ない花燃ゆは、気持ちが乗らないのだろうと思います
だけど、井上真央ちゃんをはじめ、花燃ゆメンバーががんばっているので
宣言通り、最終話まで見届けます

私は自称花燃ゆ応援団なので、世間でいろいろと言われていることには
あえて目を向けなかったところもありますが、一つだけ言いたいことがあります


高杉晋作の偉業をナレーションなどで「こういうことがあった」で終わらせたことが
とても残念に思います、残念というより無念です

物語は文、今は美和が中心なのだとはわかってるけれど、あまりに軽く描かれています
四国連合艦隊の講和成立のシーンで、ようやく彦島租借で古事記を朗々と暗唱するところが
なぜナレーションで終わるのでしょう
それまでずっとまだだ、まだここは我慢だと、高良健吾の高杉晋作の出番を待ち続け
ようやく来たと心躍らせていたら、ナレーションでって、心が折れるほどがっくりしました
幕末ホームドラマだとはわかってはいたけれど、ここは流して欲しくなかったです

やっと日の目をみた功山寺決起、それは素晴らしかったのですが、すぐその後に
高杉の喀血が始まり、ついに舞台から降りました
あまりにあっけなかったといいうのが正直な思いです

高良健吾は、何者でもない、まだ何も事を起こしていない高杉を演じられるのがうれしいと
とても大事にどのシーンも演じてきたと思います

もう少し、丁寧に高杉晋作を画面に押し出して欲しかったです


とはいえ、高良健吾の高杉晋作は素晴らしかったです
功山寺決起はすごくかっこよかったです
演出もよかったですね~
雪が舞う中、一人門の前で人が来るのを待っている時の表情も
馬の上から振り向く瞬間の凛々しさも鳥肌ものです
ついに今まで待ち続けていたエネルギーが爆発した瞬間でしたね
高杉の終焉に向けて、彼は命削って(痩せ細って)その場にいましたね

喀血のシーンなんて、もうかっこいいんだかかわいいんだか
本当は高杉の終わりが近づいてきて、しゅんとなるはずなのに
わーわー盛り上がって喜んでしまいましたw
それくらいようやく高杉が来た!とうれしかったのです

ラスト、桜の花のシーンもきれいでした
もう、久坂の子供の話、高杉関係ないやんってつっこむ気力もないほど
その美しい姿に惚れ惚れとしていました
「この命、使い切った」と高杉が言うシーンを見て
高良健吾も高杉として使い切ったのでしょうね
そして、ああ、なんて夜桜が似合う人なんだろうと
そういえば金麦の最初のCMも夜桜だったなと
まぁ、そんなこと思いつつ、高杉の終わりを見終えました

そしてわかっていた高杉晋作ロスの始まりでして。。。
まぁ、見ごとに落ちてます
世之介ロスの時と変わらないくらい、がっつり落ちてます
おひさまの時の毎日健吾生活と、花燃ゆの毎週健吾生活は
それらが終わっての喪失感がたまらなく重いのです。。。

ってところなんだけど、another skyだとか蜜のあはれだとかGUだとか
次々と大喜び情報が繰り広がれて、どうにか高杉ロスを乗り越えられそうです
来年の大きな仕事ってのが何なのか早く知りたいですね
それがわかったら、さらに元気になれそうです

ブログ書く気力も正直あんまりわかないのだけれど
やっぱりこれだけは言いたいです

高杉晋作役、お疲れ様でした
すばらしい高良健吾の高杉晋作に出会えました
今の年齢だからこそ演じられる高杉晋作、あっぱれです!

高良健吾でもう一度高杉晋作の番組を作って欲しいです
NHKさん、高杉晋作をもう一度高良健吾でお願いします

ホントに素晴らしい高杉晋作でした


お疲れ様でした
とっても楽しかったです
高良健吾、ホントに素晴らしかったよ!!

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »