フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 菊地映画祭 2016 その1 | トップページ | いつ恋 完結 »

菊地映画祭 2016 その2

3月6日の最終日の映画祭です

もう、ずいぶん前のことのように記憶があいまいになってきました。。。汗


土曜日の夜に熊本入りして、友達と一緒に食事をして
そのまま遅くまでおしゃべりして、その勢いのまま最終日に突入です

土曜のミッドナイトに高良健吾が来るかも?来るんじゃね?って
参加しようか?どうしようか?と最後まで迷っていたのだけど
普段会えないお仲間なので、この機会にいつ恋の話などして
楽しもうってことで、わいわいして土曜は終わりました
結局高良健吾はミッドナイトに参加しなかったようでした




Img_4400

前回は一番乗りで誰もいない中、ここの写真を撮ったけど
今年は遅れての到着で、誰もいないという差が。。。。w

Img_4403_2


Img_4406

うつうしいひとのサインがありました(*^ω^*)ノ彡

Img_4407

前日の中井貴一特集のポスター
これ、全部手書きの絵です!
すごいです!



日曜は朝から菊地へ向かったのだけど、ちょっと出遅れて
最初の作品、マジックユートピアの最初のあたりに遅れてしまい
それがけっこう大事なシーンだったようで、残念でした。。
マジックユートピアに出演されていた米村亮太郎さんは
うつうしいひとにも出演されていて、とても同じ人とは知らず
映画が終わった後のティーチインで知りました
とてもナイスガイな方でした
柳英理沙さんも魅力的な方でしたね
菊池映画祭で取り上げなかったら多分知ることもなかった作品だったと思います

行定監督が、自身の作品以外をチョイスする楽しみを菊池映画祭で知った
っておっしゃっていたのを記憶しています
行定監督がこれは見てほしいと思ってのチョイスなのでしょうね
なかなか興味深い作品です

お昼休みを挟んで、っていうか時間が押していたらしく、食事する時間もなく
バタバタと次の作品が公開されました
だけど、私たちはとりあえずお食事しようかってことで、出店にでていた
いまきん食堂のお弁当をいただき、またもやオープニングに出遅れて
次の作品、友だちのパパが好きをみました

この作品、おもしろかったですねーー
へんたいwの彼女を描写するのが、画面を引いて演出しているっていうか
いろんな大事なシーンが引きなので、へんたいをリアルに傍観しているようで
そういうところがうまいなーって思いました
パパをめぐっての娘とその友達のバトルというか、あほらしさというか
大人の女性(パパの妻やパパの愛人)が振り回される様のあほらしさというか
結局あほらしいのですがw
そして、そこで終わる??の終わり方のあほらしさw
おもしろかったですねー

ティーチインにパパの娘とその友達お二人がいらっしゃっていましたが
とても愛らしいお二人で、パンフレットにサインを書いてもらいました
これからが期待できるお二人でした
岸井ゆきのさん
安藤輪子さん
応援します!

Img_4415


最後の作品、死と恋と波と

井上靖の短編の映画化です
トイレのピカタの永松大司監督作品です

岡山天音さんと門脇麦さん主演です
門脇麦さんといえば久原本家のCMを思い出します
お母さんのご飯を食べながら強がる娘役で
食べたら帰らんねって一言で涙ぐむ、その印象が強いです

そして、最後の作品として、うつうしひとです
金曜は音声が大きかったと行定監督がおっしゃっていたので
そのあたりは改善されていたようです
私は二回目ですが、高良健吾の方言は何度聞いてもいいものですね
こんな感じで熊本に帰ってきた時は友達とおしゃべりしているのかな?
なんて想像すると楽しいものです


そして、最後の最後に忘れらんねえよの柴田さんの歌で締めです
このあたりになると、お友達を空港へ送る時間が迫ってきていて
歌を聞けるかどうか?とぎりぎりで、どうか行定監督たちのお話しの前に
ぜひぜひ歌を、うつくしいひとの歌を聞かせてーーーって願いが通じ
うつくしいひとを聞き終えて、会場を後にすることができました

夜会での柴田さんのライブももちろん聞きたかったのだけど
さすがに金曜から睡眠が足りてなく、そのまま月曜に突入となると
日常生活に支障が出るので、ライブはあきらめました
もしかしたら高良健吾が夜会に参加するかもってすごく後ろ髪ひかれたのですが
結局参加することはなかったようです

でも、柴田さんの夜会はとても面白かったようで、菊池映画祭のFacebookなどで
盛り上がっている様子がみえて、やっぱり参加したかったなと思いました

次回の菊池映画祭でもライブをお願いしたいです

今回の映画祭で残念だったのは、中井貴一さん特集が見られなかったことです
八千代座は無理して仕事を早退したのだけれど、土曜は休めませんでした
とてもお話しが楽しくて参加してよかったという声を聞いたので残念でした

なので、映画祭はぜひ日曜と振替休日などの連休にかぶせてくれると
参加しやすいので、そういう日程調整も次回はお願いしたいと思います
仕事によって日曜が休みじゃない人など、いろいろいらっしゃるので
難しいところだとは思いますが。。。


うつくしいひとも、次回作期待しています
ぜひまた熊本弁を駆使した作品をみたいです



今年の菊池映画祭もとても楽しい三日間でした
前回の菊池映画祭で知り合った方々とご縁が繋がり
あちこちで再会し、この菊池映画祭でまた集合できて
そして、みんなで楽しい時間を共有できました
それはすべて前回の菊池映画祭で、高良健吾ファンだという
ただそれだけの繋がりで、また楽しい時間を過ごせたご縁に感謝です
とっても楽しかったです、ありがとうです

また次回
菊地以外でも、どこかでまたお会いしましょう!


そして、次回に菊池映画祭
どんなゲストがお見えになるのか、今から楽しみです
行定監督、もう決まってますか?
できるだけ早めに日程など発表してくださいね

参加するのにも段取りありますからw


そして最後
菊地映画祭の主催者の方々
スタッフ、ボランティアの方々
大変お疲れ様でした
今年もまた参加できてよかったです
みなさんのご尽力のおかげで、楽しめました
ありがとうございます!


ってことで!
あーー、楽しかった!!
次回も参加しよーっと(◎´∀`)ノ

« 菊地映画祭 2016 その1 | トップページ | いつ恋 完結 »

菊池映画祭」カテゴリの記事

高良健吾」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
菊池映画祭、私も前回参加したので色々懐かしく思い出しました 高良くん祭でしたよね(*^^*)
早めに行って並んで何人ぐらい前にいらっしゃったかな、、あの時記録用のインタビュー撮ってたの あれ私も受けたんですよね そういうの苦手で恥ずかしくてあがって変な事喋ってしまったんですけど^^;
それで、実はyukoさんのTwitterもフォローさせていただいてて(無言ですいません)備忘録のyukoさんもいらしてるー どの方かなー と、密かに思っていました
皆さん質問もされててすごいなぁーと
私は絶対無理なので(笑)
高良くん、真摯で一生懸命で本当に素敵でした

いつ恋終わっちゃいましたが、ほんとうにいいドラマで、何回もみたい作品に出演してくれてファン冥利につきます
最終回、毎日みてしまいます(*^^*)
ファミレスのところで 音ちゃんにナイフとフォーク渡した後の高良くんの表情が大好きなんです
話止まらなくなりそうです、、

長々とすいません(汗)

あっ 、うつくしいひとの方言はもうかわいすぎでした 。。。

(すいません止まらない、、)

わお

前回の時、初日も二日目も先頭に並んでいましたw
なので、私も記録用のインタビューに入っているはずです
ティーチインに挙手してくださいとか言われたんですけど
無理無理!って言ったけど、勢いで挙手して当ててもらって
高良健吾とお話しできたえど、記憶にほとんどありません、真っ白です。。。

で、あの高良健吾祭の最中、友だちが映画上映中にロビーに出たら
高良健吾がフラフラ歩いていたそうでwww<私は映画を見ていたw
そっか、上映中はわりと穴場だったんだと後ほど知りました

いつ恋終わりましたね
どっぷりといつ恋ロスです
来週いつ恋がないのがたまりません

明日への手紙の後、来週の予告がないなんて辛すぎます

いつ恋、大好きです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1334467/64557022

この記事へのトラックバック一覧です: 菊地映画祭 2016 その2:

« 菊地映画祭 2016 その1 | トップページ | いつ恋 完結 »