フォト

朝ドラ

twetter

uniqlo calendar

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

映画・テレビ

セッション

ジャズのことはまったくのど素人で、この映画で使われたキャラバンを
聞いたことはあったけれど、タイトルは知らなかったくらいで
ジャズはまったくわからない、そんな私が見たのが「セッション」です


音楽って格闘技なのね、ってのがこの映画の印象です
まず、人として扱ってもらえません
ズタボロに心も体もなります
自分の大事なステージをも利用して、叩き潰しに行きます
先生が教え子をです
音楽以外何も考えられなくなるまで追い詰められます

このニーマン役のマイルズ・テラーのドラム
メタルのドラマーでもこんなに激しく叩くか?ってほどすさまじいです
血しぶきも飛びます、ホントの血だそうです

そして、J・K・シモンズのフレッチャーの迫力は、見ていてぞくぞくします
何をやらかすのかわからないし、実際次から次へと仕掛けていきます

最初の方で、何のため音楽をする?といった質問をフレッチャーがして
音楽が好きだから、といった返事をニーマンがしますが
それがラストの瞬間に二人の間で実感されます

この映画、格闘技だし騙し騙される心理戦でもあるし
見ていてあっという間に時間が過ぎるスピード感もあります

そして迎えたラストの9分19秒、まさしく圧巻です
ニーマンがフレッチャーを抑え込む瞬間に爽快感があります
やっぱり二人とも音楽が、ジャズが好きなんだ、ってわかりあえる
あったかい気分にもなれます

この映画の素晴らしいところは、その9分19秒の後
エンドロールにすぐ入ったところです
よく、ありがちな「その後の二人」など、一切ないところです

説明などまったく必要のない素晴らしいエンディングでした

実はあの直後にニーマンは死にましたってことだったとしても
「よし!よくやった!」とほめるだろうって思うほど
あのエンディングの仕方は素晴らしかったと思います
今までみた映画の中で、こんなにすっきりとした気分になったのは
これが一番かもしれません
それくらいすっきりします

フレッチャーが人に言ってはいけない言葉は「Good Job」だと言います
解釈はいろいろあるだろうけれど、つまりはそれで満足するなって
ことだろうって思いますが、このエンディングはまさしくGood Job!!!です


そして、何よりこれが一番大事ですが
この映画ほど映画館でみるにふさわしい作品はない!と言うことです
まさしく音が心臓を揺さぶります
ぜひ映画館でご覧いただきたいです



ニーマンのキャラバン、素晴らしいです

あの頃、君を追いかけた

WOWOWの映画工房でこの作品が紹介されていました
ラストのキスシーンがいいのだと解説があったので、それも期待しつつみました

もともと、台湾や香港が好きで、ちょうどこの映画の時代に
どっぷり中華迷をやっていたので、懐かしい思いで録画しました

一言で言えば、まじめな優等生と問題児がお互い惹かれあいながらも
すれ違うという王道恋愛映画です
どこにでもあるストーリーなのだけど、素朴で愛しい時間がそこにありました
ラストのキスシーンもすごくよかったです
正直、そうくるとは思わなかったので胸が熱くなりました


久しぶりに見た台湾映画、いいですねぇ
ジェイ・チョウの音楽が流れたり、あぁ、時代だなぁって思ったり
やっぱり日本の統治下のなごりなのか、起立、気を付け、礼って挨拶があったり
卒業式にはほたるのひかりを歌ったり、見ていて親近感があります

エンディングにNGシーンなどを流すスタイルを久しぶりにみました
そうなんです、台湾や香港映画はエンドロールにそういうの流すのですよね
懐かしい気持ちになりました


WOWOW映画工房、まじめに見ると面白い作品を紹介してます
映画工房、これ、いいかもです


ってことで、やっぱりWOWOW猛プッシュです( ^ω^ )

チョコレートドーナツをみた


チョコレートドーナツをKBCシネマへ見に行ってきました
初日の第一回目、小さい会場が満員で
多くの映画ファンが駆けつけていました

映画、チョコレートドーナツ
ゲイのカップルとダウン症の男の子が
家族となって幸せな時間を過ごし
人が当たり前に与えられる、あったかいベッドや
おいしい食事、その人に必要な教育や、権利
そして、笑顔あふれる家族とのひと時
誰もがそこにあって当たり前だと思う、特別でもないそれが
どれだけ大切なものなのかを、彼ら三人が伝えてくれます

70年代当時の差別と現実が目の当りに迫り
言葉では表現できない迫力があります
幸せを破壊する権利がなぜあるのか?
正義とは何なのか?
なぜ、そこまでして彼らを引き裂く必要があるのか?
マイノリティであることが、それほどまでに反社会なのか?
それでも、彼らはただ家族でいたいと願い、行動にでます
そしてそれを理解する人たちも少数ではあっても現れます
彼らを家族として受け入れる人もいた事実が救われます

私、この映画のラスト、こうくるとは思わず、言葉を失いました
この映画が実話だと知っていたから、尚更です

どんな環境にいても、前に向かう人たちの心を揺さぶる
そんな映画だと思います

ぜひ、多くの人に見てほしいです

映画が終わって、以前から気になっていたコスメを買いに行き
そこの美容部員の方にこの映画を紹介したら
ぜひ見に行くと言ってくれました
たとえそれがリップサービスだったとしてもいいのです
一人でも興味を持ってくれたら、それでいいなと思います

この、アラン・カミングが歌う I Shall Be Released
ぜひ映画館で聴いて欲しいです




この曲の途中で、一瞬不自然に飛ぶところがありますが
それはこの映画のラストで重大なシーンが入っているから
この動画をアップした人がカットしたのだと思います

アラン・カミング、すごいです
素晴らしい歌唱力です

この映画を見て、Homeってステキな言葉だと改めて思いました
それと同時に、私も知らないところで差別や偏見を持っているのだろうと
己の自己反省もしました
誰もが完璧ではありえないけれど
そもそも、幸せって人それぞれで
誰かが誰かを否定することではないのだと思うけれど
それが難しい世の中に、私たちは生きています
それでも、そんな世の中でも
やさしさを失うことはしたくないと思います



ルディとポール、そしてハッピーエンドが大好きなマルコの笑顔を
映画館で見てほしいです

花子とアンがおもしろい

朝ドラの花子とアンを見ています
おひさま以来の朝ドラ録画鑑賞会です

世之介の祥子ちゃんの吉高由里子さんが主演で
そして、大好きな赤毛のアンの翻訳者の村岡花子さんの物語で
とても期待していたドラマが始まりました

時々祥子ちゃんが見え隠れする花子を演じる吉高さんも大好きで
物語のあちこちに、アン・シャーリーをめぐるアヴォンリーの人々が出てきて
石板をたたきつけるシーンではギルバートに朝市で
そうさのぉって言葉少なくも愛情豊かなおじいちゃんがマシューで
マリラは多分ブラックバーン校長で
腹心のと友のダイアナは蓮子さんで
今週の葡萄酒事件なんて、まさにダイアナを酔わせてしまった
いちご水事件を彷彿させます

花子と呼んでくれってところは、コーデリアと呼んでくれを想像できるし
いろいろと、アンのお話しがあちこちにちりばめられているようで
アンが大好きな私にはたまらない朝ドラになっています

仲間由紀恵さんの登場も見事でしたね
彼女、とっても存在感があります
これからどう絡んでいくか、興味津々です
アンとダイアナが結んだ絆を彼女たちも刻んでいくのでしょうね
ますます楽しみです

高良健吾所属事務所、テンカラットから中島歩さんが出演されますね
熱烈応援したいと思います~
高良健吾もちょっとでもいいから出てほしいな
祥子ちゃん、がんばっているよ、応援しなきゃw

ちなみに、花子が結婚する相手役の方
鈴木亮平さんって方、どういう方なんだろうって検索していたら
変態仮面の方だったのねーーーー
あの映画、見ていないけれど、なぜか知っている。。。。
マンガを見たような記憶がある。。。
NHK、ふり幅広いなw
そういう作品があっても、花子の夫にって選ばれた鈴木さん
今後が楽しみです!
ギルバートは朝市でいてほしかったけれど、変態仮面がギルバートなのですね

ふむ
それはそれで楽しみです


花子とアン
とっても楽しみです!

カラマーゾフの兄弟をみた

http://www.fujitv.co.jp/brothers_karamazov/index.html

外付けHDDに録画しっぱなしだったカラマーゾフの兄弟をみました

と言っても、HDDが不安定なので録画失敗なんてしょっちゅうで
これも第二話だとか、昨日のも失敗していて。。。
でも、今日は久しぶりに一日フリーだったので、少し観ようかと
録画を再生してみました

吉田鋼太郎の迫力がすっごいのね
時計じかけのオレンジを思い出しました
ドフトエフスキーの原作は中学の頃に読んで。。。途中で挫折した記憶はありw
とにかく、なんだかめんどくさい兄弟の復習劇みたいな印象だったのだけど
まぁ、暗い暗い
そんな感じなので、第一話で観るのをやめようって思ったのだけど
これ、意外なところが面白くて
途中で入る日産のCMがカラマーゾフの兄弟ならぬ、バカリーズムの兄弟ってのがあって

ばからしくておもしろいのですw

ドラマはシリアスで重くのしかかるのですが
途中に入るこのCMシリーズ、ホントにバカらしくておもしろいです

ってことで、本編の楽しみプラスCMで、このあとも追いかけて再生します
今日で五話までみたので。。。<けっこう楽しんでますw

http://www.nissan.co.jp/EVENT/DODORA-2/

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日





映画、ライフ・オブ・パイの主題歌は ColdplayのParadaiseです
テレビでこのCMを見て気がつきました
映画やテレビでよくColdplayは使われるようになりましたね~
イギリス=Viva La Vida みたいで、よく「だっだっだっだっだ~」ってBGMに使われてます
それ以外にも良い曲あるんだけどなぁ~です

この映画、トラと漂流する映画のようですが
多分トラの部分は3Dでしょうね
でも、おもしろそうです

3Dでも上映されるようです
迫り来る波だとか海の中だとか、それにトラとのからみだとか
それらが3Dだと迫力あるでしょうね

見たいな~

ブラッド・ウェポン

ジェイ・チョウとニコラス・ツェーの映画、ブラッド・ウェポン

ニコ、かっこいいですねぇ
ジェイもいいですね

ぜひ見に行きたいと思ったら、福岡上映しないんだって
えーー。。。

リターントゥベースをみた

今日はRain主演のリターントゥベースをみてきました

Rain好きの友達に前売りを買ってもらっていて、特典のクリアファイルと
昨日と今日は入場者プレゼントがあって、カードカレンダーももらいました
ラッキーw

Photo_3


映画の内容は、空軍のエースでありながらも問題児Rainが大空を駆けめぐり
恋もあり、国を守る為に戦闘機で闘い、そして悲劇もあり。。。
トップガンの韓国版ってことでしょうか
そこまで~?っていうほど似てますw
バイクで爆走だとか、いい人が悲劇にあうとか、要所要所がトップガンそのもの
いいのかな?ここまでそっくりで~と心配になるほどw

で、Rainのかっこよさといったら抜群です
なんてきれいな肉体美なんでしょう
うっとりです、惚れ惚れです
笑顔はかわいいし、横顔のシャープでクールさといったらたまりません

スクリーンでみる戦闘機の迫力はすごいです、臨場感があります
実際Rainが乗っているわけではないのですが、引き込まれます
ただ、これってCGだよねぇって感じるところがけっこうあったり
ま、当たり前なんですけどね
ソウル市内を戦闘機がチェイスするなんて、そんなロケできるわけないし
そういうところを差し引いても、戦闘機のシーンは迫力があります
やっぱりスクリーンでみるのはいいですね

そして、なんともタイムリーというか、何というか
長距離弾道ミサイルも出てきて、それを破壊するといった内容で
えぇ、映画だからのお話ですが


で、映画の入りですが
女性ばっかりだろうなと思っていたら、なんと男性客もけっこういらっしゃっていて
もちろん彼女について来ましたって感じの方もいらっしゃったのですが
男性お一人って方が数人いらっしゃってました
映画ファンとして鑑賞に来られたのかしら?それともRainのファン?とか
もしかしたら戦闘機マニアの方かも?
と、いろいろ妄想してましたw

初めてスクリーンでRainをみたのですが、いいですね
映画ははやり映画館でみたいとあらためて思いました
DVDが出たら出たで買いますがw

帰りにパンフレットを買おうと思ったら、そもそも生産されていないとのことで
えー


映画の後のランチです

Photo_4

まぐろ三色丼です
おいしかったです~!
前から行きたかったお店だったので、満足です
次回はランチ以外で行きたいな


事務所用に卓上USB加湿器も買ったし、これで目の乾燥も和らぐといいな
買った加湿器、専用アロマも売っていて、ついでに買おうかなとそれぞれの
香りをかいでいたのですが、10種類ほどをかいでいると、どれがいいのかわからなくなり
最初にいいって思ったのはどれだっけ?と混乱してしまいww
結局アロマは買いませんでしが
ま、本来の目的の加湿ができればそれでいいわけですし


人が多くてちょっと疲れたのですが、久しぶりに休日を楽しめました
映画館、いいですね



Stay Gold




NHKのドラマ、はつ恋
私、罪と罰で馬場光役をした「橋本愛」さんに興味があって、一話だけ見ました
私が見た時は、その橋本愛さんはほとんどでていなかったのだけど
興味をそそる話だと思いました
とは言え、結局まともにみたのは一話だけで、その後はほぼ忘れていて
先程たまたまテレビをつけたら、この最終話で、まさにエンディング5分前ってところでした
その時、このStay Goldが誰かのカバーで流れていました

このStay Goodが使われた、The Outsidersは私多分見ていないんです
だけど、見たようなそんな気分がするほど、Stevie Wonderの歌声は耳に残っているのですね

マット・ディロン、激かわでした。。
ゴーストのパトリック・スウェイジや、ベストキッドのラルフ・マッチオ
それと、トム・クルーズも出ていたのですね


ポニー・ボーイ役のトーマス・ハウエル、たまらなくどストライクです
先程、見たことがないって言いましたが、やっぱり見たような気がします
多分テレビかな
ポニー・ボーイを検索していたらそんな気がしてきました

私、ストライクゾーンが広いらいしいです。。。。<と、友人から言われましたww



サンザシの樹の下で



WOWOWでこの映画を観ました

チャン・イーモウ監督作品です

映画の内容は、純愛すぎるほどの純愛物語で
文化革命の時期にはかなく育った二人の愛の物語でした
見ていて目を背けたくなるほどの純愛です
こういうピュアな愛って今の時代にあるのかしらと考えてしまうほどです
時代背景がそうさせたのでしょう

で、この主人公二人がとても良いのです
特にこのスン役の、ショーン・ドンがたまらなくステキです
笑顔があまりにステキで、当時こういう笑顔で時代を乗り切った人たちが
どれほどいたのかと考えるほどのきれいな笑顔でした

主人公の、チョウ・ドンユイは初めて見たはずなのに
誰かに似ているような、どこか懐かしい気持ちになる女性です


ショーン・ドン、今後が楽しみです